2016年08月18日

【ガジェット】SONYユニバーサルリモコン「HUIS」大型アップデート(予定)

こんにちは。

過去の記事で取り上げたSONYのユニバーサルリモコン「HUIS」が、2016/08/30に大型アップデートされるとのメールが届きました。

<アップデート内容>

  1. パソコンでリモコン画面を柔軟に編集できる「UI CREATOR」のリリース
  2. Bluetooth通信機能を備えたクレードルの発売
  3. 本体を上記2点に対応させるためのファームウェアアップデート

 

細かく見ていきましょう。

 

 

1. UI CREATOR

当初は2016年春を予定していたので、ちょいとズレ込みましたね。
さらに、当初予定されていて私自身楽しみにしていた、いくつかの機能は省かれるもよう。
以下の機能を期待していたのですが、実装されないようです。

  • マクロ機能
  • トグル機能

ただ、サンプル画面を見るとかなり柔軟にリモコン画面をデザインできるっぽいので、
本体だけでデザインした場合の融通の利かなさは、大きく改善されそうです。

なお、対応OSはWindows7SP1以降となっています。
Macユーザ激オコですね。
まあ、Apple好きの皆さんは、そもそもSONY製品になんか手を出さないかな?

 

 

2. クレードル

こちらはBluetooth機能が目玉ですかね。
当初の謳い文句からは、IoTハブっぽい位置づけにしたいのかな?と思っていたのですが、ちょっと違うみたい。
本体 – クレードル – Bluetooth対応機器、という繋がりで、本体からBluetooth対応機器を操作できまぁす♪ということらしいです。
HID( Human Interface Device profile) に対応した Bluetooth機器が必要とのことで、公式サイトでは例として「セットトップボックス」「ゲーム機」などを挙げています。

もう1つ、クレードルのボタンを押すことで本体が反応し、部屋のなかで行方不明になったときに便利♪という機能もあるようです。

クレードルはSONYのオンラインストアや実店舗Amazonヨドバシ.comYahoo!ショッピングなどで一般販売され、2016/08/18現在、購入予約受付中です。
HUISをクラウドファウンディング「First Flight」で購入したユーザには、優待クーボンが発行され、2000円割引で購入できます・・・ちぇっ、もっと優待してくれよ・・・。
(優待クーポンが使えるのはYahoo!ショッピングだけみたい)
Bluetooth機能も本体を探す機能も、ぶっちゃけ私には不要なんだよなあ。
クーポンで割り引かれても決して安くないし、充電のし易さくらいしか私にはメリットが無いですが、まあ購入しちゃうと思います。

 

 

さいごに

これで、HUIS関連の製品がひと通り出揃うことになります。
当記事で上げた、ソフトウェアやクレードルも含め、トータルの使い勝手などについては、また後日レポートしますね。
前回記事でも書きましたが、ユニバーサルリモコンとしては高価な製品ですから、ご購入を検討されている方は、こうしたレポートがあがってからご判断されたほうがよろしいかと思います。

 

 

 

.

posted by Huwy at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

【ガジェット】iQOS買いました

こんにちは。

未更新60日超過で、ブログ上に広告が出てきちゃったので、無理矢理更新。
iQOS買いました。
テンバイヤーのかっこうの餌食になり、いまや正規ルートで購入するのが難しい状況ですが、運良く近所のコンビニに数台だけ入荷していたので、思わず衝動買い。

思えば私は、従来タバコの代替とすべく、「ZERO-STYLE」や電子タバコに、そこそこのお値段を投資してきましたが、いずれも長続きせず。
要因としては、やはりニコチンのキックが足りないorまったく無いことかなと思います。iQOSはしっかりキックがありますので、割りと長続きしそうです。

それでも、いずれ投げ出してしまうかもしれない懸念点として、以下が挙げられます。

  • 1箱(20本)が460円と高額
  • 1本吸うごとに、約5分ほどの再充電が必要で、チェーンスモークが出来ない。
  • 1本約6分の喫煙タイムを強制されてしまう。
    従来タバコは、途中で火を消して、後で残りを楽しむことも可能。
    iQOSでも途中で加熱を止めることは可能だが、再加熱するとあまり美味しくない。
  • 同様に、加熱してから吸わずに放置する行為は、1本を無駄にするだけでなく、電気代も無駄になるし、再充電の時間も無駄にすることになり、やはり強迫観念に捕われる(たんなる貧乏性?)。
  • フレーバは、2016/06/26現在では4種類しかない。
    銘柄としてはマルボロしかなく、飽きたらおしまい。

まあチェーンスモークは、決して褒められたことじゃないので、逆に制限が掛かって歓迎すべきことなのかもしれません。
結果的に1箱の消費期間も延びるので、お値段の高さもあまり気にならないのかも。
(iQOSユーザの中には、もう1式購入してチェーンスモークしてる人もいるようですが)

煙や灰が出ないことが売りの1つとして挙げられていますが、吸い殻は出るし、煙も完全にゼロではありません。
部屋の匂いや、壁紙のヤニ染めも、どこまで軽減できるのかちょっと疑問。

あと、私のような新しもの電化ガジェット好きのミーハーが、陥りやすい罠があります。
付属のACアダプタは、2Aという強力タイプです。
市販のUSBポート付きACアダプタは、主にスマホ等のデジタルガジェットを想定していて、2Aに満たない製品が多いです。
iQOSは2A未満のパワーでは、充電時間が延びるのではなく、そもそも充電が開始されないようです(個体差があるのかもしれないけど)。
複数のUSBポートが付いたACアダプタで、電化ガジェットの充電ステーションを、コンパクトにまとめてる方には、あまり嬉しくないことですが、素直に純正ACアダプタ使いましょ。

私の職場の喫煙ルームには、iQOSユーザが思いの外多いです(2割くらい)。
ユーザが増えれば、フレーバの多種展開も促進されるかもしれませんし、本体ももう少し使い勝手のよいモデルが出てくるかもしれません。
私自身も、先に述べたように、ZERO-STYLEや電子タバコよりは、長続きしそうです。

 

2016/07/02追記:
iQOSは、フィリップモリスの製品です。
同様の商品を、実はJTも販売しているのですが、こちらは認知度が低いようですね。

https://www.ploom.jp/tech/about/index.html

かくいう私も、iQOSの使い方などをWEB検索していて、初めてその存在を知りました。
そしてこちらも品薄状態は変わらず、正規で購入すれば今なら2000円程度の製品が、
ヤフオクなどでは数倍の値段で出品されています。
私はあくまで、正規ルートで購入したいので、公式サイトから予約しました。
なんと、「年内のお届けは難しいかも」だって。
っていうかiQOS買ったのにこっちも買うのかよ!

さらに、この記事で言及したついでに、電子タバコもまた再開しちゃった。
リキッドを自作すれば、コスパ最強だしね。
っていうか、調合を試行錯誤するの、やっぱ楽しいや♪

 

 

.

posted by Huwy at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする