2017年09月10日

【iPhone/iPadゲーム】Rusty Lakeシリーズの解釈

こんにちは。

久しぶりにiOSゲームのネタです。
といっても攻略内容ではなく、
ゲーム「RustyLakeシリーズ」(あるいは「CubeEscapeシリーズ」)の全体像をまとめてみました。

この記事を書いた理由の1つとして、同シリーズのファンの方々にツッコミを入れてもらって補完していきたいという思いがあります。
ぜひご協力いただければ幸いです。

 

最後の錬金術師と呼ばれる老いた兄弟

  • 兄:Wiliam Vanderboom
  • 弟:Aldous Vanderboom

不老不死の薬の合成に成功。
Williamが先に飲むが死亡。「種」を残す。(「Roots」冒頭)
Aldousが飲んでMr.Crowと成る。
Mr.Owlはこの時点で既に別途存在している。
(不老不死の薬の合成に成功した先輩錬金術師か?)

 

 

Aldousの子孫達


 2017-09-06_173006
  • James
    先祖と同じく不老不死の薬を合成するも、試飲で死亡。
    なお、その前にペットの犬に飲ませており、「The Cave」ではこの犬の糞が 「最後の不老不死の薬」の原料となる。

  • Marry
    停電による(?)ショック死

  • Samuel、Ida
    Albertにより呪殺される。

  • Ema
    Frank失踪を悲観し自殺。FrankはAlbaertにより井戸に落とさえれるが実は
    生存していた。

  • Albert
    Roseにより井戸から救出されたFrankに殺害される。

  • Williamの「影」が、上記9人の身体の一部およびWilliam自身の心臓を収集して「生贄」とし、Laura Vanderboomに転生する。
    (「The Cave」で明示される)

 

 

Laura Vanderboomの死

恋人Bobとの別れ話の果てに殺害される。(「SEASONS」、「Case 23」など)
殺害されて以降も、同シリーズ内のあちこちに遺体となって現れたり、遺体なのに
動き回ったり、「影」になったり・・・。
なお、Bobはやがて当局に拘束されるが、彼もまた「影」となり逃亡。

 

 

Dale Vandermeerの捜査

  • 1939年(「Birthday」)
    9歳の誕生日にMr.Owlより手紙を受け取っている。
    Mr.Rabbitに祖父・父・母を殺害されるもCubeの力で無かったことに。

  • 1971年(「SEASONS」「Case 23」「THEATRE」)
    Laura Vanderboom殺害事件を刑事として捜査。
    劇場で容疑者Bobと、Mr.Crow・Mr.Owlの人間体に遭遇。

  • 1972年
    容疑者Bobを拘束するも「影」となり逃亡される。(「Case 23」)
    捜査過程で、Mr.Owlの超能力でRusty湖畔の教会に転送される。(「The Mill」)
    その後Mr.Crowに導かれた小屋で「影」から逃れてエレベータでRusty湖の湖底へ。記憶をCubeに吸い取られる。(「Case 23」)

    記憶のCubeはMr.Crowにより回収され、Rusty湖の湖底の部屋で、Lauraの記憶と合成し、Golden Cubeを得る。
    その後エレベータで上昇。(「The Cave」)

  • エレベータで上昇中の回想
    1939年の回想(「Birthday」)
    1971年の回想(「THEATER」)

 

 

不死者達

動物を擬人化した身体を持っているが、完全な人間体にもなれる
(「THEATER」「The Cave」)

  • Mr.Owl
    不死者達のリーダー的存在。
    なにやら不死者としての理想を掲げているもよう。
    Daleを幼少期より導く(「Birthday」)

  • Mr.Crow
    Aldous Vanderboomが不老不死の秘薬を飲んだ姿。
    Mr.Owlの理想の同調者だったが、後に裏切る(「The Cave」)

  • Mr.Harvey
    Mr.Owlの理想の同調者

  • Rusty Lake Hotelの招待客
    Mr.Owlに同調しなかったため、Mr.Harveyにより次々にディナーの食材に。
    その魂はホテルの一室に捕らわれていたものの、のちに「影」となり逃亡し、 Rusty湖に「腐敗した魂」として漂う。

  • Mr.Rabbit
    Daleの9歳の誕生日に一家を襲うが、時間を巻き戻され返り討ちに。(「Birthday」)

 

 

疑問


  • Cubeに記憶を吸収された者の姿?

  • 「Roots」
    • Marryの婚約指輪をはじめに嵌めていた手首は誰のもの?
    • 墓地で組み立てた人骨は誰か。
      Lauraではない。
      Aldousは既にMr.Crowとして不死に。
      William自身の遺体は、別途登場する。
    • Jamesの墓標の死亡日が矛盾しているのは意味があるのか。
      1870年死亡のはずだか、墓標には1842年と書かれている。
    • FarankとRoseのラストダンスは、2人の恋を表現しているのか?
      FrankはEmmaの息子となっているが無性受胎で生まれた。
      RoseはAlbertの娘となっているが、フラスコで作られた人造人間。
      ゲーム内で示されていないが、この2人が結ばれて子供を授かったとしたら・・・
    • 「根」に巻き取られたLeonard、Frank、Roseは生き残ったのか。
      最後にRoseが赤ん坊を抱えている。つまり「根」に巻き取れること=死とは考えにくいのではないか。
      ※ちなみにこの赤ん坊はLauraだよね?

  • 「Case 23」
    Dale Vandermeerが、Vanderboom家と酷似した姓なのはなぜか。
    Daleは、Mr.OwlやMr.Harveyに幼少期より存在を知られている。なぜか。

  • 「The Cave」
    プレイヤは誰か。
    Mr.Owl曰く「Aldousには気をつけろ」。両者間になにがあったのか。

  • 中折れ帽のおっさん
    「Case 23」で、口を縫い付けられていたおっさん。
    「The Mill」の写真に写っており、おそらくはプレイヤキャラであるおっさん。
    「The Cave」で洞窟の入り口にいたり、鏡?に写ったりして、おそらくはプレイヤキャラであるおっさん。
    彼もまたMr.Crowである描写があるが、Aldousとは別人だよね?
    Mr.Crowは2人いるってこと?

  • Mr.Harbey
    何者?
    「HARVEY'S BOX」で箱に捕らわれていたのはなぜ?
    そして箱からの脱出を阻む「影」は誰?

  • Mr.Rabbit
    なぜDale一家を殺害しようとしたか。
    小箱に残した言い訳の手紙の意味は?

 

 

さいごに

う〜ん、上手くまとまらなかった。
回収されていない(と思われる)伏線がいっぱいあるし、そもそも超常現象を扱った内容なので理解の及ばないところも多々あります。
冒頭にも書いたとおり、2017/09/10現在では11本の作品がプレイできますが、これで終わってほしくないなあ。

 

 

 

.

posted by Huwy at 05:47 | Comment(0) | iPhone/iPadゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

【その他】マーフィ、盗聴、そして楽天

こんにちは。

お久しぶりです。
タイトルに共通するのは「エディ」なわけですが、私が使っているプリカは楽天Edyです。
実はいま、二子玉川の楽天本社ビルに外注スタッフとして常駐しています。
ビル内には自販機・コンビニ・カフェがあるのですが、現金が使えずEdy決済のみという縛りがあるため、ビル内生活にはEdyが必須です。
まあ、ポイントとかあんまり興味ないしこういう縛りでも無かったらプリカ自体を持たなかったかもしれません。 使ってみれば便利なもので、日常のお買い物は可能な限りEdyで済ませるようになりました。

さて、日常生活に浸透してくるとチャージが面倒になってきました。
それこそ楽天本社ビル内はもちろん、どこのコンビニでもチャージは出来るのですが、幸いEdyはオートチャージが可能だというじゃありませんか。
これは残高が一定金額以下で会計した時に、事前設定しある金額を自動でチャージしてから会計するという、まさに面倒くさがり屋の私にピッタリの機能。
しかしこれは「Edy機能付き楽天カード」つまり楽天のクレジットカードにのみ付与される機能で、私が使っていた普通のEdyカードは対応していません。
そこで、思い切って私も楽天カードマ〜ン!に変身してみました。
クレカは既に銀行系VISAを持っていましたが、せっかくなので楽天カードはMasterCard提携タイプにしました。

さてさて、いつも下調べが不足しがちが私ですが、今回もちょいと失敗。
Edyをオートチャージできる店舗が限定されてる!・・・うそ〜ん・・・。
大手コンビニではファミマとローソンが対応していますが、自宅付近にはセブンイレブンとスリーエフしかありません。
もう5分歩けばファミマもありますし、スリーエフのお向かいにはローソン100もあるのですが・・・。 歩くのヤダ、100円コンビニもなんかヤダ。

さてさてさて、Eyd界隈をネット検索してみると、iPhoneや自宅のPCでもチャージ可能だそうじゃないですか。
これにはそれぞれカードリーダーを別途購入しないといけないのですが、安価なものは2000円もしないものなのでこちらも思い切って購入しました。
楽天Edyリーダーマ〜ン!
今回はちゃんと下調べしたおかげで、「マニュアル通りにセットアップしても使えない」という情報のもと、事前に適切なドライバも入手して無事にセットアップ完了。
楽天EdyリーダーはフロントエンドアプリケーションがMicrodoftIEで動きますが、私は普段GoogleChrome使いなので、「IE Tab」なる拡張機能を仕込んでシームレスにフロントエンドアプリを起動出来る環境も整えました。

こうして自宅チャージ環境が出来上がると、別に楽天カードじゃなくて普通のEdyカードのままで良かった気もします。
まあ外出先のファミマかローソンでオートチャージが使えるというメリットもありますし良しとしましょう。 どうせ年会費無料のクレカです。

 

おまけ

自宅チャージ環境セットアップの備忘録。 Windows10 64bit Pro。

  1. SONYのサイトから2種類のドライバを入手。
    なお楽天Edyリーダーのマニュアル(まあSONYのマニュアルなんだけど)に記載されたダウンロードURLでは、2つのドライバをまとめたインストーラ(NFCネットインストーラー)を提供していたようだが、2017/08/11現在では提供終了している。
    現在は個々のドライバを個別にダウンロードするようになっている。
  2. 上記2種類のドライバをPCにインスール。
    管理者権限のあるユーザで作業すること。

  3. 楽天Edyリーダー(USBドングル)をPCに接続する。

  4. WindowsのContanaさんに「NFC」と入力すると、
    「NFCポート自己診断」が候補に出てくるので、起動して指示に従う。

  5. EdyカードやEdy機能付き楽天カードを楽天Edyリーダにかざす。
    っていうか乗せる。

  6. Microsoft Internet Explorerで下記URL(Edy Viewer)にアクセスする。
    https://edyviewer.rakuten-edy.co.jp/edyviewer/index.html
    • Microsoft Silverlightを使ったWEBアプリのようで、 Silverlight
      をサポートしていないブラウザでは動かない。
      Microdoft EdgeもSilverlight非サポート。 同社製品なのにね。
    • GoogleChromeも非対応。
      「IE Tab」という拡張機能を使うと、指定URLを開いた場合のみ、
      IE然と動作してくれる。

  7. 自宅チャージを実行するにはEdy Viewerでクレジットカードを登録する。
    登録処理に一定の時間が掛かるようで、翌日正午からチャージ可能になる。

 

 

 

 

.

posted by Huwy at 02:32 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする