2018年09月22日

【iPhone/iPad:ゲーム】シーケンス系パズルゲーム the Sequence [2]

こんにちは。

2年ほど前に当ブログでご紹介したパズルゲームの記事が、最近やたらページビューを上げてきているので何事かと思っておりました。 
検索ワードを解析すると「sequence 2」という検索からいらっしゃる方が多く、続編が出たんだなということにようやく気づきました。(リリースから3ヶ月も経ってた・・・)


前作は大好きなゲームだっただけに、その続編が出たということでもうウッキウキです。
様々な効果を持つノードを適切に配置してオブジェクトをスタートからゴールに運ぶ、というコンセプトは従来のままですが、開発者さんが前作で興が乗ったのでしょうか、今作はさらにいろいろな制限が追加されて複雑化し、難易度が高くなっている気がします。

個人的には、前作のフラットでマットなデザインのほうが好きかな。
今作はリアル寄りのグラフィックに変わってしまいました。
でもまあ、一手ずつじっくり動作確認出来るなど、プレイし易さも向上しているのであまり気になりません。

2018-09-22 23.26.55  2018-09-22 23.26.36

AppStoreのレビューでステージ26が最初の難関だと書いてるレビュアーさんがいらっしゃいまして、なるほど私も丸1日スタック。
でもクリア出来たので配置をお見せしちゃいましょう。
※既にプレイしてる方はご存じでしょうけど、以下のように配置しただけではクリアできず、ノードごとに動作回/停止回を適切に設定する必要があります。

2018-09-22 23.49.20

こうしてノード自体を動的に使うステージが出てくるとこのゲームの醍醐味も増してきます。
う〜ん、試行錯誤がめちゃくちゃ楽しすぎる♪
前作ではヒントけっこう使っちゃったので、今回はゆっくりゆっくり時間を掛けてでも自力クリアを目指します!






.

posted by Huwy at 23:58 | Comment(0) | iPhone/iPadゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【WEBサービス】Inbox by Gmail終了

こんにちは。

「Inbox by Gmail」が2019年03月で終了されることが発表されました。
私も利用者なので、すわっ一大事!と大慌て。

a77f4937-0a43-4e8e-85d8-fdeb478e15fc

対応として考えられる案は以下の2つです。

  • 案A. 似たような動作をするメーラーに乗り換える
  • 案B. 使い勝手がまた変わるのを甘受してGmailに戻る

結果としては案Bになりました。



案A. 似たような動作をするメーラーに乗り換える

あくまで私にとってですが、似たような動作とはすなわち、従来の一般的なメーラーの機能に加えて以下の機能があることです。

  • 未読/既読ではなく、受信BOXから避けたか否かのみで管理
  • スヌーズ機能がある

これらの操作体系は、DropBoxに買収されたのちに消滅した「MailBox」が火付け役だったと記憶しています。
私の知る限りでは「MailBox」も「Inbox by Gmail」も無くならんとしている現状ではMicrosoftの「Outlookモバイルアプリ」のみとなります。
う〜ん・・・アカウントはあくまでGoogleだし、それを商売敵Microsoftのアプリ使うかあ?という違和感が・・・。
一介のユーザである私がそんなこと気にするなんてバカバカしいのではありますが、まあ気持ちよく使っていくうえでの個人的な精神衛生の問題です。
そう考えるとGoogle製アプリ以外そもそもNGじゃんてことなので、はい、案Aは却下。


案B. 使い勝手がまた変わるのを甘受してGmailに戻る

案Bに落ち着いたのは大いなる誤解か克服できたからという部分が大きいです。
「Inbox」を使い始めて以降、Gmailの変化はほとんど追跡していませんでした。
フタを開けてみれば、Inboxで培った多くの機能・技術は、ご本家Gmailにもフィードバックされていて、私の知っている古い古いGmailからはすっかり様変わりしいて、あまり違和感なく使えることが分かりました。



なんだ?この記事

うん、いろいろ杞憂だった。
Gmailで全然OKじゃん。
まあ「Inbox」が終了するまでまだ半年以上ありますし、それまでに魅力的なメールクライアントが出てきたら、手のひら返してそっちをべた褒めしてると思います。






.

posted by Huwy at 18:36 | Comment(0) | WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【iPhone/iPad一般】iOS12のFaceID

こんにちは。

冬の関東は乾燥するので、喉が弱めの私は基本的にマスクマンです。
iOS12ではFaceIDに2パターンの顔を登録できるということで、リリース前にはマスク付けた顔も登録すればわざわざ外す必要なし!と期待されていました。
しかし、あちこちのメディアで実験結果が発表されていますが、マスク付けたままだと登録できないとのこと。う〜ん残念。

そんなメディアの中でギズモードさんの記事の結びにこんなことがかいてありました。

あるいはFace ID対応のマスクが出てくれたり?

いいですねこれ。
なんの根拠もないけど現在の技術なら出来そうな気がします。
ちなみにかみあぷさんでは実際にマスクに鼻と口を描いて実験されてますがNGだったみたい…。
うん、そうじゃなくてさ、そもそもそんなマスクして外歩けないやん…なんかこうTrueDepthに訴えかけるような仕掛けでさ……いやホントなんの根拠もなく言ってますが。






.

posted by Huwy at 01:24 | Comment(0) | iPhone/iPad一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

【iPhone/iPad一般】「Workflow」から「ショートカット」へ

こんにちは。

iOS12では「ショートカット」という機能(アプリ)が追加されますが、これは3rdパーティ製アプリだった「Workflow」をAppleが買収したものです。

WtoS




iOS上の様々な操作や一部のメジャーな3rdパーティ製アプリを組み合わせて、複雑な処理を1タップで起動できるかなり素敵な機能で、私も愛用者です。
私は開発者アカウントを持っていないので公開されているβ版を触ってはいないのですが、ネット上に散見される情報を集めると名前を変えただけでI/Fを含め丸っと同じものらしいですね。

買収されて公式アプリになるからには3rdパーティ製では制限されていたiOSのディープな部分にも手を伸ばしていてほしいですが、調べた限りではそのような情報は見つかりませんでした。
所詮は外様アプリなので、これまではフローのトリガは明示的なタップ操作に限定されていました。 これがiOSの他の操作やステータス変化をトリガに出来たりしたらとってもとっても素敵なんですけどね。

逆にこれまでの「Workflow」資産が引き継げないというのも困ります。
そんなに沢山のフローを作ったわけではないのですが、1つ1つがわりと作り込んだ凝った内容なので作り直すとなるとちょっと面倒。
「Workflow」では作成したフローを世界中のユーザと共有できたので自分のフローの保存先としても便利でしたが、買収後にこのコミュニティは消失してしまったようです。
「ショートカット」に変わったらまた復活してほしいです。

とはいえ私はJailbreaker。
「ショートカット」が独立したアプリではなく、iOS12とガッツリ紐付いたものであればすぐにはアップデートしないので、触れる機会は少し先送りになるでしょう。
なんかiOS12のJBも難産になりそうな噂がチラホラありますしね。



後記

そういえば私はJBしてないiPadAir持ってた。
というわけでさっそくiOS12にアップデートして「Workflow」も「ショートカット」にアップデート。
う〜ん・・・ほんとたいして変わんないね。
むしろ目的のアクションに行き着くまでが面倒になってたり、一部従来どおりに機能しなかったり、劣化と言わざるを得ない。
iOSのディープなところにも届いてないし・・・。

「Workflow」資産は一応引き継げましたがそのままでは動かず、フローの中の一部ジョブを置き換えてやる必要がありました。

  • ホーム画面に追加したアイコンは作成し直す必要があった
  • 「写真を検索」ジョブは全く同じ内容ながら新しく置き換える必要があった
  • Dropboxへのファイル保存はルートフォルダしか選択出来ない

そしてやはりユーザコミュニティは復活せず、「Workflow」時代から存在した「ギャラリー」と称するお仕着せプリセットがあるのみ。
まあ厳選されたフローなのでしょうから有用なものが多いんでしょう、きっと。
フローを組むのが苦手な人にはいいのかも。

そうそう、本文で書き忘れましたけど「Workflow」にはアカウントがあって、サーバ上にフローをアップすることによってデバイス間で同期できる機能がありました。
こちらは当然iCloudに差し替わったんでしょうね。
デバイス1台しか試してないので憶測で適当に書いてますが。

なんかだか残念な結果でした。
今回はiPadAirで試してみましたが、iOS12JBが解禁となってiPhoneXをアップデート出来るようになっても、「ショートカット」には移行せず安定するまでそのまま「Workflow」を使おうかな。


後記の後記

よ〜く見比べてみると、アクションに僅かな違いがありました。

こちら「Workflow」の「Scripting]-「Device」
2018-09-23 08.37.15

かたや「ショートカット」の「スクリプティング」-「デバイス」
2018-09-23 08.38.13

後者で

  • 機内モードを設定
  • Bluetoothを設定
  • モバイルデータ通信を設定
  • おやすみモードを設定
  • 低電力モードを設定
  • Wi-Fiを設定

が追加されています。
設定.appを開くことなく、それぞれ直接オン/オフできるアクションです。
これを「iOSのディープな部分」と言えるかどうかは微妙ですが、出来ることが増えているのは素直に喜ばしいことですね。

ちなみにこのアクションを使ってBluetoothやWi-Fiをオフにすると、iOS11以降のコントロールセンターから操作した場合の「一時的なオフ」とは異なり、「完全なオフ」に出来るそうです。
「一時的なオフ」も実はユーザの利便性を良く考えたAppleらしい賢い機能だと思うのですが、従来には無かった概念がいきなり採用されたため困惑していた方も多いんじゃないでしょうか。 どうしても馴染めない方には一応の解決策が示されたことになるので朗報ですね。
余談ですが、私はJB環境で「RealCC」というTweakをインストールしコントロールセンターからの操作で「完全オフ」してます。


     
     
     
  
  
.

posted by Huwy at 21:31 | Comment(0) | iPhone/iPad一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

【日記】雑記2018年09月02日

こんにちは。

徒然に雑記します。



ピロピロリン

先日の内視鏡検査の結果、胃にピロリ菌がいました。
このせいで十二指腸潰瘍を繰り返した痕が見受けられるとのこと。
まあ時々胃のあたりが痛くなることはことはありましたが、こんなストレス社会ですから誰しも抱える些細な問題と思っていました。
他にこれと言って自覚症状も無かったので「潰瘍」という単語に少し慄いています。

家族に報告したところ、つい先日実兄も同じ診断を受けたとのことで、兄弟揃って悪食なんでしょうかね。
治療は内服薬によるピロリ菌の殺菌です。
1週間忘れることなく飲み続けて、その後に殺菌できたか再検査を行います。
服薬中は飲酒は厳禁。 まあそもそもあんまり飲まないですし1週間足らずなら辛くはなさそうです。 でもお酒と同時にタバコも禁止なのが辛い。 これはある程度覚悟を持って臨まなくては。

後記:
1週間、それはそれはクソ真面目に服用しました。ちゃんと禁煙もしました。
薬剤師さんにも事前にしっかり説明されていましたが、この薬はお腹が緩くなりやすいそうで、整腸剤も併せて処方されました。
でもね、緩くなりすぎ・・・。
この1週間は大量のオナラが出ましたし、お通じも緩いものばかり。
便意が唐突にMAXで襲ってくるので、自宅や職場にいる間はいいものの、移動中は気が気ではありませんでした。 あれが死滅したピロリ菌のご遺体を含んでいたのであれば、この苦労も報われるのですが・・・。

あるいは薬のせいでは無かったのかもしれません。
というのも、禁煙中のイライラを紛らわすためにガムをたくさん噛んだからです。
最近のガムはキシリトールを使っていないものを探すほうが大変で、こちらも大量に摂るとお腹を緩めてしまいます。
つまりは治療薬とキシリトールのダブルパンチだったのかも。
せっかく処方してもらった整腸剤はほぼ無力でしたね。
あのユルユルお通じで薬の効果さえ流されてなきゃいいんですが。

今は大分落ち着いて心なしかお腹の調子が以前と比べて良い気がします。
首尾よくピロリ菌の除菌に成功したのでしょうか。
これが気のせいかどうかは、後日服用効果を確認する検査結果次第です。
これについてはまた後日追記しますね。

あ、1週間明けてすぐにタバコも再開w 最初の一服目こそマズー!もう辞める!とか思いましたけど、重度ニコ中の私はすぐにまたニコチンに溺れる日々です。
もう当分の間はガム噛みたくないしw

 

iOS11JBのはなし

なんか盛り上がりに欠けると感じているのは私だけでしょうか。
私は今回9.3.3以来久しぶりに脱獄しましたが、過去にはもう少し「トキメキ」を感じていたんだけどなあ。 脱獄Tweakのあの「痒いところに手が届く」感じが今回は足りないというか、ぜひ欲しいと思ってる「コントロールセンターにActivatorアクションのトリガとなるボタンを追加する」Tweakがなかなか現れないからかもしれません。
iPhoneXのあの変則ステータスバーに対応しないといけないTweak開発者さん達のご苦労も忍ばれます。

来月中頃にはiOS12が発表されて、遅くとも翌々月にはリリースされるでしょう。
初期不良を回収して、マイナーバージョンが1つ2つ進んだ頃が次のJBチャンスでしょうか。
ElectraチームによってExploitは確保済みだそうですから、わりとこの読みは当たってるんじゃないかと。
iOS12JBではかつての「トキメキ」を感じられるように、Tweak開発者の皆さんに頑張っていただきたい次第(なんで上から?)。



Activatorの話だ出たついでに

Activatorは久しくβ版のままです。 そこには素人の私が思いもよらぬ事情があるんでしょうけど、iPhoneJBの醍醐味あるいがキラーTweakの一つとも言えるActivatorが安定しないままというのも寂しい限りです。

これは個人的な嗜好にもなっちゃうんでしょうけど、私はActivatorの主役であるスワイプ操作があまり好きではありません。
そもそもタッチOSであるiOSにはいろんなスワイプ操作に意味がありますし、それを無理矢理上書いてしまうことに抵抗があります。
そんな私ですので、Activatorのトリガはもっぱらホームボタンのクリック・タップ・ホールドに割り当てていました。

ここで改めてiPhoneXを考えてみますと、その貴重なホームボタンが廃止されてしまっているわけで、私としてはActivatorの使い所が非常に限定的になってしまいました。
まあそんな理由でiPhone8を買い直す経済的余裕もありませんので、結局は少ないスワイプ操作から多くのアクションを発動させるという方向にシフトしていくのは自然なことでした。
そんなわけで前のセクションで書いた「コントロールセンターにActivatorアクションのトリガとなるボタンを追加する」Tweakが、どうしても欲しいわけです。
※Activatorで独自メニューを作れますが、文字表記中心になっちゃうのがちょっと・・・


  

納豆天国

ピロリ菌を意識したわけではありませんが、以前から気になっていた納豆食べ放題の定食があるお店に行ってきました。
池尻大橋にある納豆専門店「せんだい屋」さんです。
790円・時間無制限で納豆のおかわりがいくらでも出来るという、納豆好きには堪らんお店です。 ただし食べ放題なのは納豆のみで、ご飯・お味噌汁・付け合せのおかわりは有料になります。 とは言ってもご飯一杯の量がけっこう多いのでご安心。
本来は普通に納豆を店頭販売しているお店のイートインコーナーですから、座席数はそんなに多くありません。 待ち行列を覚悟しておいたほうが良いです。
納豆は8種類から選べるので飽きることも無いし、付け合せもしっかり美味しい。
そしてお味噌汁が私にはどストライク。 めっちゃ美味しい。

本当にこれ790円でやってけるのかしらん・・・。

2018-08-18 13.16.25 2018-08-18 13.17.09









.

posted by Huwy at 03:33 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする