2021年03月31日

【iPhone/iPadゲーム】Water Connect Puzzle

こんにちは。

このカテゴリ何年ぶりだろ?って感じで久しく遠のいていたスマホゲームのネタです。







いわゆる水道管パズルで目新しい要素は無いんですが、SEやBGMがゆったり爽やかに落ち着いついてるのでプレイしてて気持ちいいんですよね。
難易度はかなり低めで1レベル数分で解けます。
そんな気持ち良さと取っつき易さで暇つぶしに本当にピッタリです。

パネルを回転させて水路を完成させ、水源からすべての苗木まで水を到達させればクリアです。
同色の水源と苗木を正しく繋げる必要がありますし、時には水路を結合して色を混ぜる必要もあります。
壁越しに反対の壁に水路を作るケースもあります。
また正解は1パターンのみとは限らないようですし、すべてのパネルを使わなくても解けます。
個人的には全パネルを使ってキレイにクリアするのが好きです。
<原色> 赤・青・黄
<混色> 紫・緑・オレンジ・白

難易度低めと書きましたが、そうは言ってもレベルが進めば少しずつ難しくなります。
それでもレベル100を超えたあたりで難易度は頭打ち。
まあこのゲームの場合難しく出来る要素が少ないですしね。

そんなわけで隙間時間にプレイしていたら、気がつけばレベル1000に達してしまいました。
レベル100以降は同じような難易度が続くゲームをここまでやり込む自分にもびっくりですが、これだけのステージパターンを作り込んでる開発者にもびっくりです。
広告が差し込まれるゲームではあるものの、膨大なステージパターンを考える労力と広告収入が見合っていないんじゃないか・・・?
思うに、各ステージパターンは自動生成しているんじゃないかと踏んでいます。

2021-03-10_22-34-27_000.png


その後も飽きずにダラダラと続けてます。
ステージパターン自動生成が正しければこのゲームはエンドレスです。
難易度の変化もなく終わりも無い、と覚悟が出来ると却って続けられるもんですね。
ネットを検索してみたところレベル9999まで到達した猛者もいるようです。
レベル10000も存在するのか?エンドレスならあるはず!と想像しながら、数年後に自分の目で確かめたいです。

2021-03-24_05-53-50_000.png



■2021/04/04追記:今日もダラダラと

2021-04-04_07-24-44_000.jpg 2021-04-04_07-25-03_000.jpg 2021-04-04_07-24-35_000.jpg 2021-04-04_07-25-12_000.jpg





.



posted by Huwy at 05:41 | Comment(0) | iPhone/iPadゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月25日

【ガジェット】トラックボールマウス買いました(そのA)

こんにちは。

さっそく沼にハマりそうです。
前回購入したM575Sから1週間も経たずにまた別のものを購入してしまいました・・・。
他のトラックボールマウスは知らないので、主にM575Sとの比較という観点でご紹介していきます。



■購入したトラックボールマウス


こちらは傾斜60度もあります。前回記事で私が勝手に命名した「握手ポジション」です。
ケンジントン製のほぼ同様の製品があります。
どちらがパクっ…後発か分かりませんが、少なくともケンジントン製の評価があまりよろしくないのでこちらにしました。




■使用感

前回記事にしたLogicool製M575Sより使用感の向上を期待したものの、それほど大きな違いが感じられませんでした。
人間工学に基づいたデザインということですが、決して私にパーソナライズされてるわけではないので細かいところで不満が残ります。

□握手ポジション
ん〜・・・これが期待したほどではなかったですね。
ホームポジションを取ったときの親指の広がり方がM575Sより大きいです。
またM575Sでは親指の痛みが不満点でしたが、こちらでは肩に違和感を感じてます。
これまた慣れの問題なのかもしれませんけどね。

□ボール
可もなく不可もなく、M575Sと同様の操作感です。
クチコミで「軽すぎるのでペリックス製のボールに換装したほうが良い」とのことで同時発注したのですが、M575Sと当製品しか知らない私にとっては不要だったかな。
なおM575Sとの相違点を無理矢理挙げるとなると、当製品のほうがカーソルを思い通りに動かせてる気がします。
私はブラウザを拡張機能でジェスチャー操作しているのですが、M575Sではいまだに誤入力が多いです。
当製品では一発でジェスチャーが決まります。
ボールコントロールは握手ポジションのほうが私には合ってるみたい。

□クリック感
これはかなりお気に入り。
M575Sはカチカチうるさいですが、こちら静音タイプ。
従来から私が好きな「コクコク」というクリック感です。

□ホイール
ご覧のとおりホイールの位置が独特です。
通常は右ボタンに添えた中指を移動させてホイール操作すると思いますが、こちらは左ボタンに添えた人差し指を移動させて使います。
私は個人的に他のマウスでも人差し指でホイール操作するクセが付いちゃってるので、こちらのほうが好都合です。
この点だけはまるで私向けにパーソナライズされたかのよう・・・w
ホイールの回転感も好みの分かれるところです。
数度ごとに軽く引っかかり感のある一般的な回転ですが、M575Sのほうが若干軽く回しやすい気がします。
まあ大差はなく不満も全然ありません。

ホイールに関して言えばこちらはチルト操作で左右スクロールも可能です。
チルト操作はM575Sでは出来ないのでこれはありがたいです。

□ボタンカスタム
サンワサプライの公式サイトから専用の設定ソフトウェアをインストールすることでボタンの機能割当をカスタムできます。
その点はM575Sも同じです。両者の相違点をあげてみます。
  • キーの割当でMA-WTB178BKでは拡張キー(ShiftとかCtrlとかAltとかWindowsキーとか)単体でも登録できる。
    M575Sのキー割り当ては拡張キー単体は不可能で必ず他のキーとの組み合わせしか登録できません。
  • M575Sは設定ソフトでカーソル感度(DPI)を細かく調整できますが、MA-WTB178BKではマウス本体の専用ボタンで大雑把に調整します。
    いずれもOS側の設定でどうにでもなるのでこの点はたいした問題じゃないっすね。
    設定ソフトをいちいち起動しなくてもマウス単体で調整できるという意味ではMA-WTB178BKのほうがいいかも?
  • MA-WTB178BKはチルト操作が可能ですが、これを設定ソフトでカスタマイズすることは出来ません。これはやや不満。


■で、どっち使うの?

まだM575Sだって1週間ちょっとしか使ってないので絞り切れていないですが、たぶんMA-WTB178BKを使っていくことになると思います。
両者そんなに大きく操作感が違うという印象はないのですが、以下の点が理由になります。
  • カーソルを思い通りに動かせてる(気がする)
  • クリック感が好き
  • ホイール位置が私仕様w
まあ今はまだ露呈していない不都合が出てくれば、またM575Sに戻る可能性は十分にあります。
さらにはまた別の製品を買ってしまう可能性も・・・。
とりあえず先に購入したM575Sの返品可能期限まで両者を比較しながら使ってみようと思います。



■2021/03/26追記:

トラックボールマウスは2モデルしか使っていませんが、ポジショニングが重要だなと感じています。
個人差もおおいにある部分だと思いますし、自分なりのベスポジを見つけるまでは指や手首や腕や肩が痛い・・・。
これを乗り越えた先にある快適さに価値を見いだせるかどうかもまた個人差あり。
私は有意義だと思うので使い続けます。

なお私なりのMA-WTB178BKのペスポジというか持ち方は「親指以外の指を無理にボタンに添えておく必要はない」です。
もちろんドラッグ&ドロップをはじめボールもボタンも併用する場面はたくさんありますが、指をずっと添えているとなんか筋が痛くなっちゃんうんですよね。
なのでクリックの瞬間以外は人差し指と中指の力をダラ〜ンと抜いてます。



■2021/03/30追記:

もうだいぶ慣れました。手や腕の節々の痛みも特に感じません。
どんな劣悪環境でも受け入れてしまう主体性皆無の私の順応性に拠る部分も大きいと思いますのであまり参考にはなりませんが、慣れればとっても快適。
高めのDPIでもカーソルを思いどおりに動かせています。
やっぱり”カチカチ”クリック感より”コクコク”クリック感が好きです。
MA-WTB178BKがすっかりお気に入りになりましたので、M575Sはもう使わないなと判断して返品しました。



.
posted by Huwy at 15:42 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月21日

【ガジェット】トラックボールマウス買いました

こんにちは。

以前から気になっていたものの「たいして変わんないっしょ」と敬遠していたトラックボールマウスを購入しました。
敬遠から購入に傾いた理由は最近立て続けにトラックボールユーザから勧められたからです。
私としては一般マウスで肩凝りや腱鞘炎の危険を感じたことはないんですけど、歳上ユーザからダメージの蓄積はある日突然暴発する!と力説されまして、私も中年と呼ばれる世代になったことですし、事が起こる前に対応しておこうかと。


■購入したトラックボールマウス



Logicool社の最新モデルMX ERGOも検討したんですけど、さすがに1万円も払う気にはなれませんでした。
M575Sはすでに数年前のモデルでお値段は4990円。

他社のもっと安い製品もあるのですが、Logicool独自のUnifyingというワイヤレス規格に対応した製品ですとPC側に挿すレシーバが1つで済みます。
私はすでにUnifying対応のワイヤレスキーボードを使っているのでLogicool製品で統一したかったという点があります。
ちなみにこの製品はUnifyingとBluetoothを併用できます。
最近のワイヤレス製品はBluetooth接続が当たり前になってきてるのでUnifyingに拘る必要はそんなにないんですけどね。


■使用感

正直合わないかな〜と思っています。

腕全体で動かす必要がないのは確かに楽チンですが、親指でボールをコロコロするのも結構しんどい。
一般マウスの長年の使用で染み付いた「カーソルを動かそうと意識したときの身体の反応」を抑えて親指コロコロに変換する必要があるからでしょうか、すんごい疲れます。そして親指の付け根あたりがジンワリ痛いです。

マウスカーソルも細かく動かせずイラつく場面もあります。
そしてクリック音がカチカチと意外とうるさいですね。コクコクって感じの音が好きなんですけど。
う〜ん、慣れの問題なのかなあ。

肩凝り・腱鞘炎の予防のために買ったはずですが、この製品のせいで本末転倒になりそうな気配。
鬼推ししてきた歳上ユーザをはじめ多くの方がトラックボールのほうが楽とおっしゃいますし、やっぱり慣れの問題なんすかねえ・・・。
ネット上では私と同様に合わないと感じてる方が同じくらい多くいらっしゃるのもまた事実ですが。


■沼に足を踏み入れる

上述したMX ERGOはもう少し角度がついていていますし、他社製品はさらに角度がついていてほとんど握手と同じポジションになっています。
試しにM575Sを傾けて疑似握手ポジションを作ってみると、おや?こっちのほうが全然楽だぞ?細かい操作もやりやすい!(気がする!)
M575SはAmazonで購入したのでまだ返品期限まで猶予がありますし、他社の握手ポジション製品に変えてみようかなと思っている次第です。







.
posted by Huwy at 05:32 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月08日

【スマートホーム】マイナーなサービスを精算したい

こんにちは。

そろそろ半年以上ブログ更新していないので、無理矢理ネタを捻り出してみました。
以前の記事「なんちゃってスマートホーム」で書いたとおり、我が家のスマートホームの要はAmazon Echo(Alexa)とRaspberry Pi上で常時稼働させているNode-REDです。
ただしそれだけではなく、IFTTTなどさまざまなサービスも組み合わせています。
それらの中にはいつ停止するかも知れぬマイナーサービスもあり、出来れば自前リソースのみに置き換えていきたいと思っています。



Amazon EchoとNode-REDをブリッジするAmazon Alexaスキルです。
Alexaスキルは個人が自由に作成して公開することができ、このスキルも恐らくは海外の有志の方が作成したもので、ブリッジサーバも善意で無償公開してくれています。
私が使い始める以前はちょいちょいバグもあったようですし、つい先日もAWSのライセンス更新忘れかなにかで半日ほど使えない状況が発生しました。
無償で便利に利用させてもらってる身としては文句も言えませんが、このスキルが使えないと我が家では照明を点けることすら出来ず大変困ります。
※実際は照明のリモコンを使えばいいだけなんですが、もう納戸の奥に仕舞い込んじゃって探すのメンドクサイ....

いまこのスキルが急に取り下げられて機能しなくなったとしても、まったく同機能の別の方が作成したAlexaスキルがもう1つあるので、ただちに手詰まりになることはなさそうです。
いずれにしても個人が善意で運営しているのでいつなんどき停止するか戦々恐々です。
自分で作成しちゃうのもありかと思いますが、そもそもそんな技術も無いしなあ・・・



RESTやMQTTといった非常に小さなメッセージを送受信するためのブローカーサービスです。
Amazon Echoを介さずNode-REDのトリガとなるメッセージを送信するために使っています。
具体的には、外出して玄関ドアのスマートロックが自動ロックした時に室内の照明を消す、といった用途です。
※やろうと思えばIFTTTのみで可能ですが、私の場合ちょっと特殊な使い方をしたくて家電操作はすべてNode-RED経由にしています。

こちらは上述の用途を実現するためにネット検索している過程で初めて知ったサービスで、正直なところ認知度については理解していません。
私が勝手にマイナーだと思っていて勝手に急なサービス停止に戦々恐々としてるだけ、ということです。
ネット情報ではGoogleのFireBaseで置き換え可能とのことですが、そもそもスマートロック(SESAME)がWebhookに対応していますし、Raspberry PiにHTTPサーバを立てればIFTTTやFireBaseを経由せずに完全に自前で置き換え可能なので挑戦したいと考えています。

2021/03/29追記:
またなんか勘違いしてた。
SesameのWebhookはRaspberry Pi上で動いてるNode-REDでハンドリングさせるつもりですが、Node-REDってそのまま外部公開も出来るんですね。別途HTTPサーバを立てる必要があるのかと思って、Apacheのインストールとかしちゃったけど要らなかったみたい。
ただセキュリティ的に弱そうで設定を固めないと危なっかしい。

それとは別に、我が家はCATVのネット接続サービスを使っているけど、ルータのWAN側アドレスがグローバルなのかどうか確認しないといけません。固定IPでない場合はダイナミックDNSの設定もしないといけないけど、CATVから貸与されてる我が家のルータはなぜか有償のDynDNSしかホストに出来ないように制限されてるっぽい。なんじゃそら・・・。

2021/05/26追記:
紆余曲折を経ましたが、我がプロバイダ様は自宅サーバの設置を認めていないということが判明。
つまりNode-REDを外部公開出来ないのでBeebotteを使い続けるしかありません。
プロバイダを乗り換えるの面倒だし、Beebotteがサービス停止の危機にあるわけじゃなし、他の迂回策を探るのもう面倒くさいし・・・
というわけで本件は諦めるという形で幕を閉じます。ああああああああ(T_T)





.

posted by Huwy at 01:54 | Comment(0) | スマートホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。