2021年06月28日

【Windows一般】Windows11入らんかも・・・

こんにちは。

先日Windows11が発表され同時に「PC正常性チェックツール」も公開されました。
実行端末がWindows11に対応しているか判定してくれるツールです。
(スクショ撮ろうとしたら「準備中」になってた・・・後述します)
Win11Check2.png
画像のリンク先の真ん中くらいまでスクロールするとあります。


さっそく実行

その後ネットではこのネタで沸きましたね。私もさっそくダウンロードして実行してみました。
結果はNG。え〜〜〜〜・・・・。

Win11Check3.png

やれTPM2.0だセキュアブートだと今まで意識してこなかったハードウェア要件があり、それらはUEFIで確認済み。
その他、コチラに示されてる要件はすべてクリアしてるはずなのになあ。

このツールのダメなところは具体的になにが要件を満たしていないのか教えてくれないところです。
きっとネット中からそのツッコミはあったはずで、だからこそ2021/06/28 12:00現在は「準備中」なのかもしれません。
再公開の際にはNG項目を示してくれるようになってるといいですね。


代替ツール

さてWindows11非対応を突きつけられて悶々としているのもつまらないので、きっと有志の方がNG項目も示してくれるクローンを作ってるはず!と睨んで探してみました。
案の定ありました。

紹介記事:
ダウンロード:

実行結果は以下のとおりです。CPUかよ・・・。
まあCPUがポンコツなのは認めますけど、要件はギリ満たしてるじゃん。なにがダメなの?

Win11Check.png

このツールは明確にNGな時は「×」が付くようです。
上記のとおり今回ケチがついたCPUは「?」です。
もしかしたら、案外スルっとWindows11をインストール出来てしまうかもしれません。
判定基準が公式ツールと違う可能性も高いので、結局は「なんとも言えない」結果となりました。

いずれにしろMicrosoftの公式ツールが再公開されてからもう1回確認してみましょう。


追記:
Microdoft公式さんが以下を公表しました。
Using the principles above, we are confident that devices running on Intel 8th generation processors and AMD Zen 2 as well as Qualcomm 7 and 8 Series will meet our principles around security and reliability and minimum system requirements for Windows 11. As we release to Windows Insiders and partner with our OEMs, we will test to identify devices running on Intel 7th generation and AMD Zen 1 that may meet our principles. We’re committed to sharing updates with you on the results of our testing over time, as well as sharing additional technical blogs.

Google先生に翻訳してもらいます。
上記の原則を使用して、Intel第8世代プロセッサとAMD Zen 2、およびQualcomm 7と8シリーズで実行されているデバイスは、Windows11のセキュリティと信頼性および最小システム要件に関する原則を満たしていると確信しています。また、OEMと提携して、Intel第7世代およびAMD Zen 1で実行され、当社の原則を満たす可能性のあるデバイスを特定するためのテストを行いますテストの結果に関する最新情報をお客様と共有すること、および追加の技術ブログを共有することをお約束します。
先に画像を貼ったように私のPCは Core i5-7200U、Intel第7世代CPUです。ギリ救われそうですね。

posted by Huwy at 12:30 | Comment(0) | Windows一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月25日

【ガジェット】ラズパイのリプレイス(Zero→4B)

こんにちは。

Raspberry PiをZero Wから4B 8GBにリプレイスしました。
ラズパイZeroは主にAmazon Echo(Alexa)と接続してスマートホーム制御の要として使っていました。
制御の要と言ってもやってることは単純なことばかりなので非力なZeroでも十分でした。
コストの低さもZeroを選択した理由の1つです。総額で5000円くらいだったと思います。

いま、なぜそれを最新モデルの4Bに置き換えたかというと、
  1. SDカードの破損が怖い。
  2. TVチューナが故障し修理も諦めて録画用の3TB HDDを持て余していた。
という課題を解消したかったからです。
それぞれ以下のように解消したいと思いました。
  1. USB接続したSSDからブートしたい。
  2. NASとして使いたい。
これらを実現するには非力なZeroではダメで、せっかくなので最新モデルのラズパイに置き換えてしまおうと思い立ったわけです。
特に2番ですが、WindowsPCに直付けしたくありませんでした。
そこそこ駆動音が耳障りなHDDでしたし、USB3.0接続なので2.4GHz帯を使用する諸々のワイヤレスデバイスに干渉してしまう可能性がありました。
最近購入したベッドの下は広い長物収納スペースがあるので、ここに配置すればそれら問題もクリアできるはずです。

ケースに凝ったりして総額2万円近くなってしまいました。さらに消費電力も上がることでしょう。
リプレイスとNASサーバ化は無事に完了していて、その手順を備忘録としてメモしてあります。
必要な方のヒントになればいいと考えて公開する予定ですが、Seesaaブログでは冗長になってしまいます。
最近いろいろなノート系のオンラインサービスが流行っていますので、今はそちらに綺麗にまとめているところです。
書き上がったらこの記事にリンクを貼って公開したいと思います。

2021/06/28追記:
ひとまず書き上がったので公開しておきます。








.


posted by Huwy at 23:26 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする