2008年07月23日

【日記】だいちょー

久しぶりの投稿で、Firefoxとは無関係なことを書いてみますw
先日、会社の健康診断で再検査を言い渡されました。胃〜腸にかけて何らかの異常があるかもしれないとのこと。
診断結果と紹介状を持って、都内の寺田病院に行ってきました。ネットの口コミを調べたところ、内視鏡検査に定評があるようだったのでこちらの病院を選びました。
内視鏡は初めてだったのでかなり不安がありました。今回のこのエントリが同じように不安に思っている方の参考になれば幸いです。

前日
夕食は普通に摂れます。ただし、ごま・豆類・野菜・くだもの・海藻はNGです。恐らく繊維が消化されにくいからでしょう。
あと、これは前日だけに限ったことではないのですが、ならべく便秘を解消するよう努力してくださいとのことでした。
夕食後に事前に貰った下剤を服用します。後で聞いたところによると、この下剤の狙いは翌朝お通じを促すためのものだそうです。効かない人もいるそうですが。
下剤を服用したら、以降食事は禁止です。ただし、水分(ジュース、乳製品は除く)はなるべくたくさん摂ることを指示されました。

9:00
受付を済ませ、検査室前室に通されます。当日は一緒に検査する人がおじいちゃんばっかりで、なんだか凹みました。
さて、いきなり検査は始まりません。まず、腸内の洗浄を行います。と言ってもまた下剤を飲むだけなのですが。
2リットル近い、ポカリスエット味の下剤を1時間ほどかけてゆっくり飲み干します。飲み始めて30分後くらいから、お腹がグルグルなり始め(苦しくはないです)、何回(俺は10回ほど)も便意を催します。出すたびに排泄物は水分だけになっていきます。
そして薄いお茶くらいまで透明度が出て、固形物がすっかり出なくなった頃合でトイレ内の呼出ボタンを押して、チェックしてもらいます。
ちなみにトイレの数は限られているので、おじいちゃん達と使いまわしですw まあ下剤のおかげで臭いは気になりませんがw

13:00
腸内洗浄はだいたいこの時間くらいまでかかります。
チェックOKが出たら、検査用の服に着替えます。いわゆる患者服に、後ろに穴の空いた使い捨てのパンツも履きます。

14:30
順番を待っていたらこんな時間でした。いよいよ検査の開始です。
ベッドに横たわり、まずは下剤で出した分の水分補給として、点滴を打ちます。さらに点滴の管に麻酔のようなものを注入されました。この薬で頭がボ〜っとします。おかげで肛門や腸内を刺激されても、あまり気になりませんでした。
次に肛門にワセリンを塗られます。もうボ〜っとしてるので、なすがままですw 感覚も記憶もありますけどね・・・。
カメラも挿入されたようです・・・絶対抵抗するかと思っていたのですが、ああ入ってきた、ああ進んでる、ああモニタに映ってるね・・・ふ〜ん・・・って感じで、まったく苦痛はありません。
強いて挙げれば、空気を送り込みながらの挿入らしいので、お腹が張る感じがしてちょっとだけ苦しいです。まあ、食いすぎた時のようなもので、耐え難いものではありません。

15:00
検査そのもの30分くらいです。ボ〜ッとしているので本人は5分くらいにしか感じてませんでしたが。
その後、静かな部屋にベッドごと移動して、ボ〜ッが消えるまでお休みタイムです。眠いのですが、お腹の張った感じが気になり熟睡はできませんでした。たぶん出してもオナラだけなのですが、午前中にさんざん排泄しただけに、括約筋を緩めると出してしまいそうで我慢してしまいました。

16:00
看護婦さんに起こされます。まあ寝てないのですが、ボ〜ッはさすがになくっていました。着替えて、とりあえずお腹の中のガスをトイレで出し切ります。やはりガスだけでした。

16:30
さっそく診断結果を告げられます。俺の場合はまったく異常なしでした。その後会計して帰宅です。

以上、初の内視鏡検査(=アナルバージン喪失w)の顛末でした。
ちなみに検査によってポリープが見つかった場合、その場で手術も可能です。内視鏡の先についたアタッチメントで、ちょいと摘んで摘出するそうです。感染症などの経過を観るため、最低1泊は入院が必要です。
なお、ポリープが見つかった場合でも、手術は後日ということも可能だそうです。ただしこの場合、また腸内洗浄からやり直しですが・・・。

内視鏡検査に抵抗のある方、寺田病院はホントに苦痛がまったくありません。足立区にありますので、お近くの方、ぜひお勧めします。
posted by Huwy at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
2013/11/12現在、スパムコメント対策のため「コピー」という単語をブロックしています。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック