2009年10月24日

【iPhone/iPad:JailBreak】iPhoneビギナーの口笛第三楽章

2010/05/05 追記:
散在していたCategories関連の記事を以下の記事にまとめました。
iPhoneビギナーの口笛(Categories編:改訂版)


Categoriesの性能を強化するアプリ「CategoriesSB」がリリースされました。

アプリ名 :CategoriesSB
バージョン:1.0.1
レポジトリ:BigBoss
お値段  :$1.24(PayPal)

Categories関連の他の記事については、本記事最下部のタグから追ってください。

なにができるの?
オリジナルのCategoriesはフォルダの展開がいささか緩慢でした。
CategoriesSBを導入するとフォルダの展開が非常に速くなります。
またその他いろいろオマケも付いているようです。
2ちゃんねるで早速レビューや感想をポストしてくれた方々がいますので、まとめてみたいと思います。(俺自身も購入済みですが)

注意
CategoriesSB単体では使用できません。オリジナルCategoriesが必要であり、フォルダやアプリの追加は相変わらずオリジナルCategoriesから行います。

いろいろオマケ
@階層バック
オリジナルCategoriesではどんなに深い階層のフォルダでも終了させると一発でホーム画面に戻りました。
CategoriesSBではフォルダ画面を終了させると1つずつ上位のフォルダに戻るようになっています。
ただし深い階層のアプリを起動した場合は、このフォルダ階層スタックは解除されます。まあ当たり前ですね(^^;
一気にホームに戻りたいケースもあるでしょうけど、目的を持って階層を巡るのが前提でしょうから、さほど問題となる変更ではないですね。

ADock表示
フォルダ展開画面にiPhoneホーム画面のDockがそのまま表示されます。
むしろホーム画面のDock以外の部分でフォルダが展開されるイメージです。したがってFive Icon DockなどでDockのアイコン数を増やしている場合でも問題ありません。

Bスプラッシュスクリーン表示
Categories経由でアプリを起動すると、スプラッシュスクリーンが一瞬しか表示されませんでしたが、これも解消しています。

C最近使ったアプリ
オリジナルCategoriesで「Recent」という名前で空のフォルダを作成しておくと、使った(起動した)アプリの履歴がこのフォルダに蓄積されていきます(それぞれのアイコンが表示されます)。当然このアイコンをタップすれば起動も可能です。
履歴数は最大で16個。16個以上登録される時は、もっとも古いアプリから削除されるようです。もちろんこのフォルダは使用履歴を表示しているだけですから、アプリ本体が削除されるわけではありません。

不満点
オリジナルCategoriesでは、各フォルダごとに背景画像のON/OFF、フォントカラーの設定、アイコンへのテーマの適用など、詳細な設定が行えました。
CategoriesSBでは、上記設定を行うためのアイコンがDockに隠れてしまい設定画面を呼び出せません。
どうしても設定したい場合は、CategoriesSBを一度アンインストールして、オリジナルCategories上で設定しから再インストールするとい手順を踏まなくてはなりません。これは面倒くさい・・・

追記:
フォルダをSBSettingのDockから起動するとこの限りではありません。これはこれで面倒ですが、再インストールよりは遥かにマシです。
やはりフォルダをどう呼び出しているか、の差なんでしょうね。つまり、CategoriesSBはフォルダをSpringBoardの1要素として、SBSetteingは通常のアプリとして呼び出しているという差です。

追記の追記:
ごめんなさい。SBSのDockからフォルダを展開して、詳細設定をいろいろ試してみましたが、CategoriesSBではこれらを一切無視するようです。
なおMore Infoによると、この詳細設定については近々改善されるようです。

まとめ
フォルダ展開が速くなり、Dockも使え、オマケ機能もある。確かに嬉しい機能拡張ではありますが、詳細設定が不可能という致命的な問題も抱えていて、お金を出してまで導入する価値があるかどうか、甚だ疑問です。
改善予告もされていますので、導入はそれからでも良いのではないかと思いました。
2009/11/11追記:
Categories2.27およびCategoriesSB1.1のリリースにより、一部の詳細設定が可能になりました。こちらをご覧ください。

あ、mQuickDoをお使いの方に一つ老婆心をば。
CategoriesSBはその名の通り、SpringBoardベースで動作します。
mQuickDoのジェスチャーを使ってフォルダ画面を終了させる場合は、SpringBoard側のジェスチャーに割り当てましょう。
逆に言うと、SpringBoard側のジェスチャーに割り当てた全てのアクションは、フォルダ画面でも有効になるということです。


posted by Huwy at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone/iPad JailBreak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
2013/11/12現在、スパムコメント対策のため「コピー」という単語をブロックしています。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。