2010年12月18日

【食べ物】ひげちょう魯肉飯を取り寄せてみた

こんにちは。

なんでも東京からは既に撤退してしまったとか。 食ってみて、昔からのファンの方が撤退を残念がるのも頷けました。こりゃ美味ぇや。えっと、魯肉飯という豚煮込みのぶっかけ飯のお話です。

そもそも本場台湾ではかなりメジャーな料理であり、「ひげちょう」も現地では大変有名なお店とのこと。東京の渋谷や六本木ヒルズでもお店を展開していたらしいのだけど、今は石川県にしか無いそうです。ふとしたきっかけから、かねてからの大ファンの方がブログで東京撤退を惜しまれているのを読みまして、そのあまりの落胆ぶりに俺も食べてみたくなりました。 幸いレトルトパックを通販で売っているので、さっそくおり寄せ。 食ってみたあとで思いました。 2パックなんてケチらずにもっと発注しておけば良かった。

 Photo 12月 18, 18 35 31.jpg

やや油が多いですが、気になるなら一部は捨ててからご飯に掛けてね、と説明書きがありました。先述のファンの方曰く、レトルトにしているためやはり香りが若干飛んでしまっているとのことですが、中華圏独特の香辛料の香りが堪らなく食欲をそそります(苦手な人には完全NGな香りです)。 豚肉の甘みと旨みも相まって、ご飯に良〜〜く合います。めちゃくちゃ美味しい。

もう今更なのですが、俺も店頭で香りも完璧な状態で食ってみたかったなあ。 通販サイトは以下です。お値段も送料もそこそこしますが、十分に納得できる美味しさだったので、おそらく定期的に発注しちゃうな俺。
http://www.higecho-ishikawa.jp/shop.html

余談ですが、JR秋葉原の昭和通り口改札を出たすぐのところに、魯肉飯を出す小さなお店がありますね。「ひげちょう」とは無関係なお店でしょうけど。メイドカフェの隣なのでなんだか近寄りがたかったのですが、今度食べてみよっと。

2010/12/21追記:
上述のアキバのお店に行ってきました。魯肉飯をオーダーしたのですが、うーん・・・。不味くはないのですよ。でもね、ひげちょう魯肉飯の強烈な美味さと比較するとね・・・。味付けもあっさりで、両者に同じ料理名が付いてることに折り合いがつかず。ついでにこのお店のイチオシであるところの、「鶏琲」(チーパイ)という鶏の唐揚げもいただきました。こちらも、うーーーん・・・。ま、よっぽど気が向かない限り二度と行くことはないお店となりました。

posted by Huwy at 21:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして(*´ω`*)
私も髭長魯肉飯が大好きで
検索していて、こちらに辿り着きました。
渋谷にあった頃は、近所で毎日の様に行っていたし
その後、歌舞伎町やヒルズの中にも出来て
このままメジャーになるか〜と思われたのですが・・・(´・ω・`)、
近年の台湾人気の今なら!きっと多くの人に親しまれたのでしょうねー
ちょっと時代が早過ぎた気がしますが
お取り寄せでも、変わらぬ美味しさと知り
オーダーしてみる決心が付きました。
レポありがとうございます(ノ´∀`*)

P.S
そうそう、こちらの美味しさを知ってしまうと
他のお店のものが・・・え!?っとなってしまうんですよね
Posted by 華梨 at 2013年06月28日 16:51
華梨さんこんにちは。

この記事は2年半ほど前に書いたのですが、アクセスログには定期的に挙がります。
皆さん髭長魯肉飯が大好きみたいですね^^
久しく食ってないのでオーダーしてみよっと。
コメントありがとうございました。
Posted by ひゅうい at 2013年06月28日 20:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
2013/11/12現在、スパムコメント対策のため「コピー」という単語をブロックしています。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/173989884
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック