2011年09月18日

【ブログ】Windows Live Writer - 素直に長いものに巻かれときゃ良かった

こんにちは。
3連休ですし、以前の宣言どおりブログエディタの比較しちゃうぜ! と思ったのですが、比較するためにはまずはどんなエディタがあるのか調べなきゃいけないわけで。
調べてみて気づきました。 比較レビュー記事なんて既に腐るほどあることを。 いまさら新たに記事にすることもあるまい。
俺なりの評価を書くことで少なからず意味は見い出せそうですが、 面倒ですし、多くのレビュー記事の評価は、Windowsの場合ほぼ
Windows Live Writerに集中しています。
といわけで、比較調査は中止www ってか、めっちゃ使い易いwww Chrome拡張版Scribe Fireさよならwww メインストリームに乗っちゃいますよ俺も。

さて、それでもなおこの記事を書くのはSeesaaブロガーにちょっとしたご注意を促したいから。 Windows Live WriterにSeesaaのブログを設定する際、以下の情報が必要です。

ブログサービス Movable Type API
リモート投稿URI http://blog.seesaa.jp/rpc

と、ここまではどんなブログエディタに対しても必須となる項目なのですが、Windows Live Writeではこれだけではダメでした。 過去記事を取得してくる時にエラーとなってしまいます。
エラーの詳細を見てみますと、文字エンコード云々と警告されていたので、Windows Live Writerの設定をいじってみました。

ご覧のとおり、アカウントの詳細設定で文字セットをUTF-8に変更したところ解消しました。

Windows Live Writer は標準機能もプラグインも豊富で、しかもそれぞれが高機能です。
うん、Seesaaブログのオンラインエディタは言わずもがな、Chrome拡張版Scribe Fireより全然使い易い。 特に画像まわりの機能が良いですね。 冒頭のプーさんのようなエフェクトもプラグインで実現できるし、Seesaa以外にアップロードした画像の挿入も簡単です。

プラグインのダウンロードは以下のWEBページから可能です。 基本、英語ですが日本語で説明されたプログインも数は少ないですが公開されています。ちなみに俺はアフィリエイトには興味ないので、そこらへんの機能については未検証です。

Windows Live Writer Plug-ins

 

2011/09/19追記:
草生やしながら比較調査中止とか書きましたが、Macで大人気のブログエディタ「Ecto」のWindows版を試してみました。
ご本家Mac版はバージョン3ですが、Win版はどうやら2.3が最新バージョン。
ご本家は相当高機能らしく、WLWではプラグインを追加して実現しなくちゃならん諸々の機能が標準で備わっているみたいです。
残念ながらWin版では実にシンプルで、やはりWindowsユーザはWLWが無難な選択でしょう。
なお、Ecto公式サイトではWin版のダウンロードリンクが何故かお亡くなりになっています。 上述のようにWinユーザはあまり恩恵に与れませんが、試してみたい方は以下のリンクからどうぞ。
ちなみにシェアウェアでお値段$17.95・・・なのですが支払いページすらお亡くなりになっているので、トライアル期間の20日間しか使えませんなww
え?スクリーンショットの1つも貼れって? そこまでする気も起きないほどシンプルなのよ。

Ecto for Windows 2.3.10

posted by Huwy at 06:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
2013/11/12現在、スパムコメント対策のため「コピー」という単語をブロックしています。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック