2012年07月07日

【iPhone/iPad:スタイラスペン】iPen(その後B)

こんにちは。

半月ほど前に宣言したきり放ったらかしてた、GoodNotes最新版でiPenを使ってみたレビューを書きます。

 

キャリブレーション

設定メニューから「デジタルペンを補正」を選択し、キャリブレーションを行います。


基本の四隅をポイントしたあとは、NoteShelfと違い気の済むまでキャリブレーションを続行できます。 ・・・なのにNoteShelfより精度低いんだよなあ(´・ω・`)

 

 

使用感

ん〜〜・・・悪い予感が当たってしまいました。 バージョンアップ前からあまり好転していませんね。
iPenで描く線が、相変わらずガッタガタに震えます。 決して私が非合法なクスリに手を染めてるわけではありません。


キャリブレーション精度も低いため、その微調整に気を取られてしまいます。
私の手書き入力アプリの用途はミーティングメモですが、ミーティングでは頭も使いながらメモしなければなりません。 そこで「字を書くための微調整」などに気を取られていたら、おそらくまともな議事録は書けないと思います。

KickStarterでiPenプロジェクトが開始された初期の頃から、GoodNotes対応が宣言されていました。 なのにこんなに相性が悪いなんてね・・・なんか切ないですね。
私はやはりNoteShelfを使うことにします。

 

余談

KickStarterにiPenとほぼ同じ仕掛けのスマートペンが登場していました。
こちらはペン本体のほかに、アプリやらクラウドストレージやら専用iPadケースやらも組み合わせられるようです。
同じような製品をいくつも持っていても仕方ないので、私は出資しませんでしたけどね。

既にKickStarterでの資金調達が目標額に達して締め切られていますので、ご興味の有る方は公式サイトをチェックしてみてください。
公式サイトでもプレオーダーを受け付けていますが、KickStarterの出資者が優先されるので、出荷は2012年10月以降になるそうです。

Collusion - iPad pen productivity solved

.

posted by Huwy at 02:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | iPhone/iPadスタイラスペン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひゅうい様

何度か質問のコメントさせて頂きました、monoです。
悩んだ末、少し前にipenを購入しました。

結果、使える物だと自分は思いました。
Noteshelfでは特に使いやすいですね。
購入以来、手書きメモはipad+ipenになりました。

難点と言えば、ポインタのズレですが、
一度ペンを画面外に出して戻せば直りますし、慣れで対処出来ますね。

ibispaintも試しましたが、Noteshelfに比べると
精度が甘いものの、慣れれば快適でした。
必要以上にズームに頼る必要がなくなり、
手の平が置けるのが最高ですね。

Goodnotesはホントガタつくのが残念です。
ipen対応のpdf書込みが出来るアプリは他に無い?ようなので
アップデートして欲しいですね。

ipenも2が出るような事がHPに書いてありましたが、
私は近日発売らしいJOT touchにも期待してます(笑)
長文コメント失礼致しました。
Posted by mono at 2012年07月08日 15:27
monoさんこんにちは。

iPenご購入おめでとうございます。
JOT touchは私も楽しみです^^
JOT Proを持っているのですが、手書きの直感性で言えば最も優れていると思っています。
iPne2については存じませんでした。
貴重な情報ありがとうございました。
Posted by ひゅうい at 2012年07月08日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
2013/11/12現在、スパムコメント対策のため「コピー」という単語をブロックしています。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/279369741
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック