2013年03月16日

【WEBサービス】 Google Reader、サービスやめるってよ

こんにちは。

いきなり「桐島、部活やめるってよ」をパロったタイトルでおふざけが過ぎましたが、RSSフィードが情報収集の要である私にとっては、実はかなりの一大事。
2013年07月01日をもって、Google Readerが終了してしまいます。

フィードデータを他サービスに移行することはそう難しいことではありません。
問題なのは、これまでのフローが維持できるか?という点に尽きます。
このブログでも度々書いてきましたが、私の情報収集フローとは、

  1. RSSリーダにとにかくかき集める
  2. 1次振り分けとして興味を惹かれた記事をPocketに転送
  3. 2次振り分けとして恒久保存したい記事をPocketからEvernoteにクリップ

1からいきなり3というケースもあります。
この流れを、PCのブラウザでもiPhoneでも同期しながらまったく同じことが出来ないと嫌です。嫌なんです。

天下のGoogleファミリーとして、Google Readerの周辺には実にさまざまなサードパーティ製サービスが集まり、Googleアカウントを中心に同期も簡単に行えていました。
Google Readerに代わるRSSリーダサービスで、同様の使い勝手は期待できるのでしょうか? じっくり検討する必要があります。
と言ってもポイントは限られています。 つまり、

  • PocketやEvernoteに簡単に転送できること
  • iOSアプリがリリースされておりWEB版と同様に
    PocketやEvernoteへ転送できること

そんなポイントに注目しつつ、代替サービスをいくつか検証してみました。
なお、デスクトップアプリケーションでも優れたRSSリーダーは数多くありますが、私はiPhoneとの同期を重視するためWEBサービスに限定して検証します。

 

 

 

Feedly

今回のGoogle Reader終了騒動でまっ先に名の上がっているサービスです。
なぜまっ先に名があがるかと言えば、Feedly自身がまっ先に名乗りをあげたからです。
なんでもGoogle Reader終了を予見し、メジャーポジションを獲得すべく着々と下準備をしていたのだとか。
Google Reader APIのインタフェースに良く似たAPIも準備し、サードパーティにアピールしているようです。

Google Reader(というかGoogleアカウント)とのリンク機能標準搭載っ! OPMLファイルを介してエクスポート/インポートする必要すらありません。 Google Reader終了の際にはフィードリストをそのまま引き継ぐものと思われます。
Pocket/Evernoteへの転送機能も標準搭載っっ! そもそもFeedly自体に「あとで読む」機能があるので、もうPocket要らないかも・・・。
iOSアプリも(もちろんAndroidアプリも)しっかりサポート。 若干クセのある操作性ですが基本機能はバッチリ抑えています。

さすが自ら名乗りを上げるだけあって、なかなかの充実ぶり。

 

 

 

NetVibes

iGoogleやYahoo! My Pageのようなダッシュボードを作成できるWebサービスです。
もちろん今回の目的であるRSSリーダーのみのダッシュボードを作成することも可能です。
Google Readerのフィードリストのインポートも出来るし、単体のRSSリーダーとして、また本来のダッシュボードサービスとしてはとても良く出来たサービスだと思います。


ただし、PocketやEvernoteへの転送はメールを介して行うことになり、かなり手間です。
またiOSアプリは存在せず、iPhoneからはモバイル版Webサイトにアクセスすることになります(サイト自体はとても使いやすいですが)。

ま、今回はちょっとパスですね・・・。

 

 

 

Livedoor Reader

ホリエモンさんは塀の中でも元気ですね・・・と余計な話は置いといて。
国内ソーシャリングに強いRSSリーダーを求めるなら、Livedoor Readerという選択肢もありですね。
タイトルのみリスト表示させてダダダ〜と振り分けるスタイルが好きなのですが、私にはリスト表示に変更する方法が分かりませんでした。
キーボードショートカットを使えば、気にすること無いんでしょうけどね。

なんでも自分とこだけで完結させたがる国内企業らしく(まあGoogleやAppleも然りですが)、PocketやEvernoteとの連携はサポートされておらず、メールを介することになりそうです。
iOSアプリはいくつかリリースされており、シンプル・速い・使い易いと評価も高いようです。

・・・すいません、Feedlyの完成度に心酔し切ってしまい、もはやlivedoor何某には無関心ですww
ただ、冒頭で述べたように、人気記事の把握などソーシャリング機能を重視する方には非常に有用だと思います。

 

 

決めたで!

検証はたった3サービスだけでしたが、Feedlyに移行することに決めました。
画面UIがシンプルなのと、私にとって必要十分な機能が標準で備わっている点が大きなポイントとなりました。 そして「あとで読む」もPocketの利用を止めFeedlyに一本化するつもりです。

まだまだたくさんのRSSリーダーサービスが存在することでしょう。
Google Reader終了まではまだ時間があることですし、ベストな選択をしたいのでお薦めサービスがあったら是非教えてください。

追記:
Google Reader終了のニュースはネット上を駆け巡っているわけですが、「RSSという仕組みそのものの終焉」という論調が多いことに正直驚いております。
いまだにRSSベッタリな私は時代遅れなんですね・・・(TдT)

代わって情報収集源のメインストリームとして台頭するのは、Twitter/Facebook/Google+を始めとするSNSや、Gunosy/Antennaなどのキュレーションサービスだということ。
でも、オンラインでも人見知りの激しい私は前者が苦手だし、後者はそのSNSのアクティビティ履歴をもとにレコンメンドされるしし・・・。

インターネットというフィールドも、もはや”現実社会”の一部にすっかり組み込まれた現代。 かつては「コミュ障の拠り所」という側面もあったネットですが、やはりどんなフィールドでもコミュニケーション能力はとっっっっっても重要だということですね。

考えすぎ?

追記の追記:
GIZMODEでもいろいろなサービスを紹介してたよ。

 

 

 

.

posted by Huwy at 01:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
2013/11/12現在、スパムコメント対策のため「コピー」という単語をブロックしています。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック