2013年06月16日

【iPhone/iPad:ゲーム】 Unmechanical

こんにちは。

ちょいと頭を使って仕掛けを解きながらゴールを目指す、私の好きなタイプのアドベンチャーゲーム「Unmechanical」のご紹介です。
がっつり書き込まれたグラフィックとそれに似つかわしくない可愛いキャラで世界観に浸れますし、難易度もさほど高くありません。

 

Teotl Studios

Unmechanical(250円)
販売元:Teotl Studios(183MB)
カテゴリ:Games

 

 

 

プレイ可能なステージが限定された無料版もあります。
操作性に若干のクセがあったり、雰囲気が独特なので最初は無料版で確認したほうが良いかも。

 

 

 

目的

プレイヤキャラはタケコプターのようなプロペラを備え空中を自由に飛びまわれるロボットです。 ある日、理不尽にも広大な地下施設に連れ去られてしまいます。
この地下施設から脱出することが目的となります。

 

 

 

 

 

操作性

タップ操作と仮想ジョイパッド操作から選択出来ます。
アクション性はそれほど高くないので、両者どちらを選択しても良いと思います。

可能なアクションは全方向移動と一定重量までのオブジェクトを持ち上げることのみです。
物理シュミレートが効いているようで、キャラもオブジェクトも少し慣性が付きます。最初のうちはなかなか慣れないかもしれません。

 

真ん中に浮いてるガイコツのようなハゲがプレイヤキャラです。
私は仮想ジョイパッドでプレイしました。

 

 

持ち上げアクションの用途は、岩を運んで・・・

扉を開くスイッチを固定したり。

パイプの蓋を開けたり。

 

 

 

 

ポイント

この記事では攻略情報に言及しませんが、ゲームを進めていくうえでのポイントをいくつか挙げたいと思います。

 

この世界のエネルギー源?

随所に現れる光る球は、ステージ内の仕掛けの動力源となっているようです。
特にゲームの前半は、ある場所にこの光る球を4つ集めることが大きなミッションとなります。
ゲーム中で多くは語られませんが、この光る球の原料は・・・たぶん・・・。

 

 

 

どんなフィルタやねん

ステージの随所に、プレイヤキャラしか通過できないゲートがあります。
このゲームはオブジェクトを運んで適切に利用することで進めていきますが、このゲートでオブジェクトの運搬が阻害される場合、たぶんその方法は攻略として間違っているということになります。

 

 

とにかく行けるところ、出来ることを優先しましょい

基本的に一本道な親切設計ではありますが、なにしろステージが広大なので迷うこともしばしば。 次に行くべき場所への案内も無く途方にくれることもありますが、とにかく飛び回って新たに開いた扉などを確認しましょう。
なおヒントも参照できますが、かなりシンプルなイラストのみなので、必ず役立つとは限りません。

また、ある仕掛けを攻略するためには、途中で別の仕掛けを攻略する必要があり・・・といった具合になかなか練り込んだ構成になっています。
でもご安心。 仕掛けと仕掛けの関連性はとても分かりやすいですし、先述のとおり基本的に一本道なので、派生クエストも含め、攻略順を間違えることは無いと思います(たぶん)。

 

 

 

クリア自慢

実はこのゲーム、マルチエンディングです。
最後にプレイヤキャラを連れ去った首謀者を倒しますが(アクション要素はありません。成り行きで倒せますw)、BADエンディングではプレイヤキャラがその首謀者に取って代わり、この暗い地下施設の永遠の住人となります(と、解釈しました)。

GOODエンディングは無事に地上に脱出するハッピーエンドです。
GOODエンドに至るルートはなかなか気づきにくいかもしれません。 頑張って目指してください。 以下はGOODエンド直前の画像です。 地上の光が降り注いでます。

 

 

 

 

 

 

.

posted by Huwy at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone/iPadゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
2013/11/12現在、スパムコメント対策のため「コピー」という単語をブロックしています。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/366575517
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック