2014年03月16日

【オンラインストレージ】Googleストレージ大幅値下げ

こんにちは。

Googleストレージが物凄い値下げされましたね。
100GBが月額約$2、日本円で200円ポッキリです。

 


為替レートを考慮しても、年額換算で約2,500円ですよ。
同じ100GBを年額約10,000円で契約中のDropBoxからの乗り換えを真剣に検討中です。

以前にもDropBox(DB)、Googleストレージ(GS)、SkyDrive(現OneDrive:OD)の料金比較表を作ったりしました。
今回のGS料金改訂を機に改めて比較してみましょう。今回はついでにiCloud(IC)、Box.net(BX)も検討対象にしてみます。
(SugarSyncも対象にしようと思いましたが、容量単位が他サービスと異なり下表がややこしいことになるので止めました。無料プランも廃止されちゃったし、概ね他サービスより高額です。)

※Seesaaブログのコンテンツ欄の幅が狭いので、GoogleDriveのスプレッドシートのリンクを貼ってます。 クリックして拡大版を見てね。


前回はOneDriveの圧勝でしたが、いや〜、Googleストレージぶっちぎりの安さじゃないですか。
当時の懸念材料だったパフォーマンスの面でも改善されたようですし、サードパーティとの親和性もかなり高くなってきました。

ところで、いま現在私がDropBoxと連携させているサードパーティのサービスやアプリは以下です。

  • Drafts(iPhoneアプリ)
  • iFile(iPhone脱獄アプリ)
  • DataDeposit2(iPhone脱獄アプリ)
  • NoteShelf(iPhoneアプリ)
  • GoodReader(iPhoneアプリ)
  • Documents(iPhoneアプリ)
  • IFTTT(Webサービスマッシュアップサービス)

このうち、「Googleストレージ(GoogleDrive)と連携出来ない」ものは、Drafts、iFile、NoteShelfです。
っていうか上記すべて、ほとんどDropBox連携のメリットを活かしきれてません。
以前「DropBoxのアドバンテージはサードパーティが豊富で応用範囲が広いんじゃい!」と豪語してた記憶がありますが、せっかくのアドバンテージも宝の持ち腐れです。
というわけで、Googleストレージに移行しても何も問題はなさそうです。

もはやDropBoxに固執する理由は無いのですが、唯一の懸念点としては「Googleの利用規約」でしょうか。
アップロードしたファイルのライセンスはGoogleに帰属するぜ?と明言してますからね。
しかしまあその点では過去に数回、セキュリティ上の大問題を起こした前科者DropBoxとて手放しに賞賛できるものでもありませんし、どっちもどっちです。
で、いまDropBoxと同期させてた一部のファイル3.5GB分をGoogleDriveと同期(アップロード)させてみてます。 うん、パフォーマンスもDropBoxと比較して遜色なし。

よし乗り換えよう。
さようならDropBox。 今まで本当にありがとう!

 

 

 

 

.

posted by Huwy at 04:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインストレージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
2013/11/12現在、スパムコメント対策のため「コピー」という単語をブロックしています。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/391583977
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック