2008年02月18日

【Firefoxアドオン】ブックマークと履歴をオンライン化 - GMarks & gBrain

このエントリで紹介しているGMarks+gBrainの併用で重大な問題が発生することがわかりました。 gBrainは履歴をGoogleブックマークに登録する際、同一ページが既存である場合に、「既存のラベルを削除してから年月日のタグを付ける」というとんでもないことをしているらしいです。 つまり、gBrain以外のラベルはゆくゆくはすべて消されることに・・・。 自慢げに両アドオンのコラボを紹介してしまいましたが、申し訳ありませんでした。 



前回、ひとまず納得できる形でGoogleリーダーの利用方法が固まりました。 今回はブックマークと履歴もシームレスにオンライン化するアドオンを紹介します。 

1GMarks

GoogleブックマークをFirefoxのサイドバーに読み込むアドオンです。
Firefox起動時にGoogleアカウントに自動ログインし、さらにGoogleブックマークの最新状態をロードするので、オンラインであることを意識することはほとんどなく、ローカル感覚でサクサク使えます。 またブックマークの管理もローカルから行え、おそらくGoogleブックマークのページに1度も訪れることなく使用できてしまうはずです。

GMarksを使用するうえで注意しなければいけないのが、GMarksとGoogleブックマークの分類方法の違いです。 Googleブックマークはタギングによってエントリを分類しますが、GMarksのインターフェイスはフォルダ管理(階層化)を採用しています。 最初はこの違いに慣れず、戸惑うことも多いかと思います。 FirefoxのブックマークをGoogleブックマークに移行する際には、Firefoxのブックマークをもう一度しっかり整理してから行うと、戸惑いも軽減されるはずですので強くお薦めします。 なお、現在のFirefoxブックマークをGoogleブックマークにエキスポートするには、Googleツールバーを使うと簡単です。
さて、実はタグしか持っていないエントリをGMarksはどのように階層化するかという話をしておきます。 GMarksはタグの文字列を解析して、セパレータごとに子フォルダと解釈します。 つまり、タグとして
"Tech>SQL Server"
という文字列を指定しておくと、GMarksは">"をセパレータとして解釈し
 Tech
  └ SQL Server
という階層構造でサイドバーに表現します(セパレータ文字は変更できます)。
GMarksで新規にブックマークを登録するとき、既存の階層に登録する場合には、エントリダイアログでその候補が表示されるので楽ですが、まったく新しい階層を作りたい時には注意が必要です。
またタギングの利点は一つのエントリを複数のカテゴリに登録でき、どちらをキーにしても検索できる点です。 階層管理に置き換えると同じブックマークが別々のフォルダにそれぞれ登録されている状態です。 これを「検索キーが複数持ててよい」とするか「多重管理はNG」と取るかは皆さん各自のご判断になります。 (タグを階層構造で表現しているので、あくまで実体は1つだけということに注意してください。)

同一ページの重複登録はブックマーク管理に付き物の問題ですが(Firefoxブックマークには同一エントリを解消してくれるアドオンがあります)、GMarksはフィルタ機能を持ちいることでこの問題を解消することが出来ます。

タグ、タイトル、URL、メモを含む全文検索もできるので、もはやフォルダツリーを展開することすらなくなるかも。 この検索も検索クエリをGoogleブックマークに投げて結果を取得する仕様(らしい)ので、ローカルマシンに負担をかけることなく強力な検索が可能です。

20080218-024409-2.jpg


2gBrain

Firefoxの表示履歴をブックマークとしてGoogleブックマークに登録するアドオンです。履歴更新の度にGoogleブックマークへ随時登録してくれているようです。
gBrainは登録する際に、各エントリに年、月、日の3つのタグを付けます。 これにより時系列での履歴管理がオンラインで可能になります。
表示履歴を片っ端から登録しますので、エントリはどんどん増え続けます。 ワンクリックで機能を起動/停止させることができたり、指定サイトをフィルタリングして登録しないようにする機能もあるので、上手にコントロールすると良いでしょう。
(※思ったんだけど、特にコアなネットサーファーの履歴を全部登録していたら、ものすごいエントリ数になるのは想像に難くありません。 GDriveみたいにそのうち規制かかっちゃうかも・・・。)

サーチ(調べる)
案の定、作者さんにGoogleからクレームがきたそうです。
現在、gbrainの公開は中止されています。


3GMarksとgBrainの最凶コラボ

さて、gBrainは履歴をブックマークとしてGoogleに預けるものです。 GoogleブックマークはGMarksで管理することにしたので、gBrainが収集した履歴もGMarksのサイドバーに表示されます。 先述のようにgBrainは毎日新しいタグを作るので、GMarksのフォルダもどんどん増えていってしまいます。 これは非常に不恰好です。 これをなんとか解消するために、僭越ながらgBrainの改造をしてみました。(数バイト書き換えただけですが(^^;)
  1. eBrainのインストールフォルダを開きます。プロファイルフォルダの「extensions\gbrain@andreas.gohr」です。
  2. さらに「chome」フォルダを開き、「gbrain.jar」を解凍します。
  3. 解凍した中の「content\gbrain.js」をテキストエディタなどで開きます。
  4. 299行目,309行目でタグの文字列を生成していますので、これをGMarksの階層管理に都合のいいように書き換えてしまいます。 具体的には、年・月・日それぞれのタグを、GMarksのセパレータ文字を使って階層表現するだけです。
    ■例■

    Line299:
    旧)
    'y'+y+',m'+m+',d'+d;
    新)
    '!gBrain>Year>'+y+',!gBrain>Month>'+m+',!gBrain>Day>'+d;

    Line309:
    旧)
    '!gbrain,'+dt+lbls
    新)
    dt+lbls
  5. 再びgbrain.jarとしてまとめて終了です。

こうした作業が苦手な方はこちらからダウンロードしてください。 また同梱のReadMe.txtを良くお読みください。 ⇒gbrain-0.5.4-fx-forGMarks.zip

サーチ(調べる)
本家gbrain作者さんが公開を中止されたことを受け、このブログでも改造版gbrainの公開を中止いたします。

20080218-032349.JPG

なお、上記のように1つのフォルダにまとめると、GMarksの指定タグ非表示機能により、フォルダツリーにgBrainの履歴を一切表示しないように設定することも簡単に出来ます。 上記の例ですと「!gBrain」タグを非表示設定すればOKです(フォルダが非表示になるだけで、各エントリは検索結果に表示されます)。

さあこれで、ブックマークと履歴のオンライン化完了です。 特に履歴はGoogleが許してくれる限り、半永久的に保存されます。 「前に見たけど履歴も残ってないし、どこのページだったっけな〜。」という事態から解放されたのです。 そしてオンラインであるがゆえに、ネット環境さえあればどこでも利用することができます。 
先日「オンラインストレージ」のエントリで言及したオンラインデータとローカル環境のシームレスな統合。 俺の求めてるシームレスって、GMarksとgBrainが提供してくれるているような、つまりはこういうことなんだよな〜と実感した次第です。 まー、ブックマークという小さなデータだからこそ、これだけサクサクなんだろうけどね。

20080218-032350.jpg

上記の「gBrainのGMark用改造」を知人に紹介したところ、以下のようなフォルダ構成になるほうがもっとすっきりするんじゃないか?という意見をもらいました。
20080220-0001.jpg

たしかにすっきりしていますが、この場合どんなタグを付けるかというと
"!gBrain>2008>02>18"
こうなります。 つまり1日ごとに完全にユニークなタグがつけられるということです。
これに対し、はじめに紹介したタグ付けですと、「日タグ」と「月タグ」が使いまわされることになるので、タグ総数の節約になります。 では具体的にどれくらいタグ数が違ってくるかというと、1年後では
はじめの: 年 + (月 × 12) + (日 × 31) = 44
知人提案:                     = 365
さらに1年後では
はじめの:  45 (「年タグ」が一つ増えるだけ)
知人提案: 730
こんなに違ってきます。 そもそも知人の提案はタグの利点をまったく無視してるんですね。
はじめの案でも、GMarkで "Year>2008 Month>02 Day>16" のように検索すれば2008年02月16日の履歴だけを抽出することができます。 以上、補足でした。


posted by Huwy at 07:08 | Comment(4) | TrackBack(0) | Firefoxアドオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2chの関連スレで紹介されていたものを追加情報として挙げておきます。

Google Bookmarks IncSearch
http://www.enjoyxstudy.com/firefox/extension/googlebookmarks_incsearch/
名前のとおり、Googleブックマークをインクリメンタル検索できるアドオンです。
IncSearchは、ブックマークの一覧を一度ローカル保存すること、検索対象をタイトル、メモ、タグに限定し、本文検索を行わないことで速さを実現しているらしいです。 検索条件の論理演算もできます。
ちょっと魅力だけど、本文検索ができないのはちょっと痛いかも・・・。
Posted by ひゅうい at 2008年02月18日 19:12
すみませんが,gbrainをfirefox3に対応して頂けないでしょうか?愛用していたので困ってます.
Posted by 愛用者 at 2008年07月03日 02:21
愛用者さん、こんにちは。
gbrainの作者サイトをご覧になられたでしょうか?
Googleから作者さんに、「サーバに負荷かかりすぎるから止めてくんない?」と連絡があったそうです。
これを受けて作者さんはgbrainの公開を中止されたようです。
したがってFx3対応のgbrainは世に出ることは無いと思います。
ちなみに数行の書き換えが限界の俺にはFx3に対応させるスキルはありませんし、本家作者さんの意向を損なうつもりもありません。
Posted by ひゅうい at 2008年07月03日 20:01
なるほど,わかりました.
返事していただきありがとうございました.
Posted by 愛用者 at 2008年07月03日 21:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
2013/11/12現在、スパムコメント対策のため「コピー」という単語をブロックしています。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。