2010年05月23日

【iPhone/iPad:JailBreak】Displey Recorder v1.0

こんにちは。
いつも(勝手に)お世話になっているとよしんさんのブログで紹介されていた、Displey Recorderを購入してみました。

アプリ名:Displey Recorder v1.0
お値段:$4.99

ま、詳しい説明はとよしんさんにお譲りするとしてw、このアプリでは音声は記録できません。
Cydia上のデモ動画にはBGM付いてるのにね〜、なんかずるいね〜。

で、ためしにSF4を録画してみました。ゲームスキルについてはツッコミ無しでお願いいたします(汗)



とよしんさんも書かれていましたが、アプリ上から直接YouTubeにアップロードすると、画質が劣化するようです。とよしんさんに倣い、母艦に取り込んでからアップロードしてみました。

仮にもiPhoneアプリをいろいろと紹介させていただいてるブログなので、動きのある説明が出来るというのはけっこう心強いかも。
ちなみにこの画質と尺で約80MBです。iPhone3GS 16GBではたっぷり録画すると、すぐにストレージが枯渇しちゃいますな。録画しちゃ母艦に退避、ってことをしないとダメっぽい。(次期iPhoneは迷わず最大容量を買おう・・・買いたい・・・)
posted by Huwy at 08:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone/iPad JailBreak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

【iPhone/iPad:JailBreak】ActivatorとQuickDo(その3)

AppSwitcherに代わるタスク切替アプリはProSwitcherに決めました。タスクリストの見通しは悪いですが、やっぱりビジュアルのインパクトが強いですしね。
最初は意図しないうちにアプリがバックグラウンドに回され「使えねー!」とか思ってました。アプリを起動中にProSwitcherをアクティブにすることで自動的にバックグラウンドに回される、という理屈が分かれば、むしろiPhoneにおけるマルチタスク運用の理に適ってます。あはは、やっぱ良く考えてあって、にわかユーザの俺の考えなんて及ばねーや(;‾▽¯)
気をつけなきゃいけないのは、エロサイト開いたままのSafariのサムネイルを、知人の前や満員電車の中で見られないようにすること。要注意だ!>俺

このタイトルで何度も挙げてますが、Activatorのスワイプとアプリのスクロール競合問題について。
Activatorもメジャーなアプリでユーザは相当数いらっしゃると思いますが、皆さんどうやって解決してるんですかね? スワイプジェスチャーは敢えて使ってないのかな?
QuickDoをアプリごと無効にしてActivatorだけで検証してみましたが、やはり(例えばSafariは)下にスクロールしちゃうし、ホーム画面ではドックのアプリアイコンをタップしてしまいます。
俺の指が太すぎるだけ?(^^;
マジでActivatorユーザの皆さんに問いたいですわ。どーしてるの??

そうそう、前回のポストでQuickDoを活かしてある理由として"ロック画面のショートカットアイコンを使うため"と書きましたが、良く考えたらショートカットアイコンはAppSwitcher上じゃないとメンテ出来ないや。まああんまりメンテは必要ないですけど、いざやろうとしたら、そのためだけにまたAppSwitcherを有効にしないとね。バッカだな〜俺。

最後に俺自身の備忘録として設定一覧。
【QuickDo】
ジェスチャーは全部Do Nothingに。
Keyboard pops hide、App Short-cut以外の設定を全て無効に。Barは使うのでそれなりの太さで設定。透明度はMAX。
ロック画面の左右ロングスワイプは設定変更出来ないので仕方なく放置。

【Activator】
Anywhereに設定
From Screen Bottom:Home Button
From Screen Bottom-Left:Take Screenshot
From Screen Bottom-Right:ProSwitcher
Status Bar Hold:Sleep Button
Volume Buttons D/U:Previous Track
Volume Buttons U/D:Next Track

At Lock Screenに個別設定
From Screen Bottom:iPod Controls
From Screen Bottom-Left:Previous Track
From Screen Bottom-Right:Next Track

Anywhereでボリュームボタンという物理キーを使っちゃうのは妥協。ヘッドセットで前曲に戻れたらベストなんだけどなー。
Activatorはもっと多彩な設定が出来るけど、物理キーは極力使わないという元QuickDo使いの変なプライドがこんな設定にさせちゃいました。
ま、衰えはじめたおっさんの脳味噌にはこの設定を覚えるのが限界だっちゅー話もありますが(・_・;
posted by Huwy at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone/iPad JailBreak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

【iPhone/iPad:JailBreak】ActivatorとQuickDo(その2)

あれやこれやいじってみましたが、やはり"出来ることの多さ"でActivatorにスイッチすることにしました。
スワイプの感度の悪さはQuickDoとの競合に依るものらしく、QuickDoのスワイプジェスチャーを全てOFFったら解決しました。むしろ認識するスワイプ量の短いActivatorのほうが、よりセンシティブと言えるくらいです。

さて、ほぼ出番の無くなったQuickDoですが相変わらず残してあります。
前回挙げた"スワイプジェスチャーをActivatorより先に起動中アプリが拾ってしまう"問題がどうにも解決出来なかったためです。
こんなことのためだけに、有料アプリを使うっていうのもかなり愚かしいですが、逆にQuickDoを使っていたからこそ解決できた問題だとも言え。
というわけでQuickDoは、Barを使うことと、ロック画面のショートカットアイコンを使うためだけに残存です。

さて、AppSwitcherに代わるタスク切替アプリは未だ検討中。Kirikaeはスマートじゃないし、Multifl0wはタスクを殺せないし、Circuitousか、ProSwitcherか・・・あと他に何がありましったっけ? お勧めがあれば教えてください。
posted by Huwy at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone/iPad JailBreak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【iPhone/iPad:JailBreak】ActivatorとQuickDo

前回挙げたように、Backgrounderのアップデートに伴い、意図せずActivatorをインストールすることになってしまいました。
QuickDoを常用し概ね満足していたため、その他の操作カスタマイズ系アプリはスルーしてたのですが、Activatorけっこう良いかも、と浮気心が疼いています。

"iPhone操作のカスタマイズ"という大きな括りは同じですが、物理キーを徹底排除してスワイプジェスチャーが豊富なQuickDo、操作対象がアプリ起動にまで及び多彩なActivator、ぶっちゃけ俺にとっては一長一短です。両者が統合されればベストですが、それは期待出来ないでしょう。

思えばQuickDoで多用してたアクションは、
・Enable Backgrounder
・AppSwitcher
・Back to Home
・Lock Device
の4つぐらいしかありませんでした。
ProSwicherなどのタスク切り替えアプリを導入すれば、ActivatorをQuickDoと置き換えられるなーと。
ただねえ、Activatorのスワイプジェスチャーってなんか反応悪くない? センシティブなQuickDoに慣れ切ってしまってると、あの反応の悪さはストレスです。
また、下から上へのスワイプというジェスチャーは、QuickDoの場合はQuickDoBarのお掛けで起動中アプリと競合しません。Activatorの場合は起動中アプリがジェスチャーを拾ってしまって、単に下方向にスクロールするだけ。これも慣れなのかもしれませんがストレスですね。

いまこれを書きながらも正直迷ってます。操作性(QuickDo)をとるか、効果の多様性(Activator)をとるか・・・。
しばらくActivatorベースで運用してみて結論を出そうと思います。
posted by Huwy at 15:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone/iPad JailBreak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

【iPhone/iPad:JailBreak】iPhoneビギナーのタイトルネタ切れ

2010/04/21追記:
なんかいろいろ勘違いしてたうえに、いじってたら結果オーライになってしまったんで、【注意】の段落はバッサリとシカトしてくださいorz
それから今日もBackgrounderのアップデートが来てます。俺は幸いにも遭遇しなかった様々な問題が解決されたようです。

久し振りにCydia開いたら、SBSとLibHideとCategoriesとBackgrounderがアップデートされてました。

【SBS】
Hide設定の切り替えで、いちいちReSpringすることがなくなりました。
設定変更後にSBSを終了させると、ホーム画面に直ちに反映されます。また、iMobileCinema無しで、HideしたYouTube.appへのスキームが通るようになりました。サヨナラ、iMC。
これらの機能変更は新しいバージョンのLibHideライブラリに依るようです。

【Categories】
リリースノートが見当たらないので、なにが変わったのかよく分かりません。推測ですが、LibHideがバージョンアップしたんで、それに対応しただけのようです。つまり、機能的な変更は無し。

【Backgrounder】
Activatorが同梱され、さまざまな物理キーの操作でBGを発動出来るようになりました。

【注意】
BGがActivatorと連携する前提となってしまったため、QuickDoを使ってる場合は注意が必要です。QuickDoのアクション"Enabled Backgrounder"は使えなくなったと思ったほうが良さそうです。
現在、BG付帯ActivatorではホームボタンダブルクリックでBGを発動する設定にしています。QuickDoでもBG発動のトリガとなるジェスチャにホームボタンダブルクリックを割り当てることによって、従来どおりの操作でBG発動出来ます。
ただし、以下の不審な挙動を確認しています。

@BG実行中のアプリを改めて前面表示させた後、QuickDoの"Back to Home"アクションを実行すると、そのアプリのBG実行が取り消され、普通のアプリ終了処理となってしまいます(AppSwitcherのリストから消えてしまう!)。従来はBGを維持したままホーム画面に戻れたはずです。

ASafariやiPodなど標準のマルチタスク可能アプリでは、QuickDoの"Enabled Backgrounder"、"Back to Home"が使えなくなっています。SafariやiPodはわざわざ明示的にBG実行させる必要がく、そもそもBG実行するものだから? 試しにActivatorで指定したBG発動アクションを実行してもやはり無反応でした。

また上記@で挙げたように、新しいBackgrounderによってQuickDoの"Back to Home"はBGを取り消す意味にさせられてしまいましたが、SafariやiPodのBGは維持しようとするためか、同様に無反応です。

今回挙げたBackgrounderの挙動は、マルチタスクが解放されるOS4.0を見越した変更なのかもしれません。SDKの中身も知らないし根拠はありません。雰囲気でテキトーに言ってるだけですけどね。
とりあえず、QuickDo使いの皆さんには新しいBackgrounderを全力でお勧めしません!
posted by Huwy at 03:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone/iPad JailBreak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする