2011年08月26日

【iPhone/iPad:ゲーム】ORBITAL

こんにちは。

またもやAppStoreの、しかもかなり古いゲームのお話。
2年ほどiPhoneを使用していますが、様々なアプリを購入し、飽きたり後発アプリに置き換えたりして永く使い続けているアプリというのはそう多くはありません。
そんななか、iPhone使用開始当初に購入して現在までホーム画面の一画を占拠し続けているアプリがあります。
「ORBITAL」というゲームです。
写真4.PNG

写真 1.jpg

操作としては画面下部の発射台からボールを放つだけの簡単なものです。
放たれたボールは壁や他のオブジェクトに反射しながら減速しやがて止まります。
すると停止地点を中心に、これまた壁や他のオブジェクトに接触するまで拡大されます。
拡大されたボールには数値が表示されていて、新しいボールを当てると1つずつカウントダウンされます。
このカウントがゼロになるとき、そのボールは花火のように弾けて消滅し、これがスコアに反映されます。
放ったボールが発射台近くの境界線を超えるとゲームオーバ。
発射方向を見極め、反射角や拡大率をある程度コントロールできるようになると、このゲームは楽しくなってきます。

写真 3.jpg


さて、このゲームには3つのモードがあります。

GravityMode
拡大されたボールが重力を持ちます。
後発ボールはこの重力の影響を受けて直進しません。
このゲームで注意しなければならないのは、思わぬ方向に反射して境界線を超えてしまうこと。
GravityModeはその可能性が低いため、最も簡単な(ゲームオーバーしにくい)モードということになります。

StraightMode
重力が無いモードです。つまり発射されたボールは直進しますので、反射角を見極めないと境界線を超えてしまう可能性が高くなります。

SuperNovaMode
カウントゼロで弾けたボールの衝撃波で他のボールのカウントダウンが出来るモードです。
他の2つのモードでは発射台は首振り扇風機のように自動的に発射方向を変えているのですが、SuperNovaModeでは自分で完全にコントロール出来ます。
また他の2つのモードでは拡大されたボールの初期カウントは「3」なのですが、SuperNovaModeでは「5」になります。
また連鎖時のスコアアップが他のモードと異なり、「1投でカウントゼロに出来たボールの数の2乗」で高得点が出やすくなります。
このSuperNovaModeだけは有料版でしかプレイできませんが、ぶっちゃけこのゲームはこのモードしか面白くありません。
他の2つのモードは、有料版を購入させるための呼び水でしかないといっても過言ではありません。


SuperNovaModeは衝撃波でもカウントダウンさせることが出来るので連鎖もしやすく、それがこのゲーム最大の醍醐味でもあります。
拡大されたボールの隙間を縫ってその向こうのボールに反射させたり、逆にその隙間で反射を繰り返すように調整したり、様々なテクニックを駆使して大連鎖を達成できるとめちゃくちゃ気持ちいい。
俺のいまのところの最大連鎖数は13です。スコアも13の2乗で一気に169ポイントになります。

写真.jpg

冒頭でも書きましたがこのゲームは約2年間まったく飽きずに俺のホーム画面に鎮座しています。
iPhoneゲームの魅力的な良作(いわゆる神ゲー)を他にもたくさんプレイしてきました。
それらにはもちろん思い入れがあるのですが、2年間も削除せずにプレイしているのはこのゲームだけです。


追記:
最大連鎖数更新!
でもランキング見るとスコア4桁とか叩きだしてる人もいるようで・・・。
そんな人達はいったい何連鎖させちゃってるんだろ。
写真.jpg


posted by Huwy at 12:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone/iPadゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

【iPhone/iPad:ゲーム】NyxQuest

こんにちは。
すっかりiPhone脱獄ネタを書かなくなった当ブログです。
今回もApp Storeのゲームの話題。

IMG_1235.png IMG_1236.png.jpg
「Nyx Quest」はギリシャ神話をモチーフとした横スクロールアクションです。
操作体系は難しいものではないのですが、翼を持つプレイヤキャラなのに、自由に飛び回れないという制限付き。
この些か理不尽な制限に折り合いを付けないと、ストレスが溜まるかもしれません。

App Storeレビューでは、その画像の美しさに高評価が集まっています。
確かに壮大で荘厳な(ちょっと荒廃した)神話の世界は雰囲気たっぷりですが、個人的にはInfinityBradeやSword&SworceryEPほどのインパクトはないと思います。
IMG_1241.png.jpg IMG_1237.png.jpg

IMG_1242.png.jpg IMG_1243.png.jpg

IMG_1244.png.jpg IMG_1246.png.jpg

さて、肝心の内容ですが行方不明となった友人Ikaros君を探すNyxちゃんの冒険譚。
連続回数に制限のある「羽ばたき」(多段ジャンプ)と「滑空」、そしてゲーム進行の過程で神様から授かる様々な特殊能力を駆使して各ステージのゴールを目指します。

特殊能力は以下の5つ。
  • 静止オブジェクトを動かせる能力
  • 運動オブジェクトを停止させる能力
  • 火球を動かせる能力
  • 風向きを変える能力
  • いかづちでオブジェクトや敵を破壊する能力

砂地や奈落に落下、敵や炎・砂塵・剣山などに接触するとライフが減っていき、ゼロになるとステージのやり直しとなります。
かなり細かくチェックポイントがあり、通過していればそこからやり直しになります。
ライフ回復アイテムも豊富ですし、コンティニュー制限もないのでお気軽です。
難点は操作ボタンの反応が少々悪い気がする(俺のクセのせいかも)くらい。

ところで、Nyxとはオリジナルキャラではなく、ギリシャ神話にその名を連ねる「夜の女神」だそうです。
Ikarosと結びつけてるのはオリジナルっぽいけど(ですよね?)。

さあ最後に恒例のクリア自慢と生意気ヒント。
各ステージに隠されているアイテムをすべて回収すると、シークレットステージをプレイできるようになります。
なかなか操作の忙しいテクニカルなステージですが、クリア特典はArchivementの取得ぐらいです。
ステージ9では、背景に鎮座する巨大な目ん玉がキョロキョロしている間は、物陰に隠れていないとライフ残数に関わりなく即死します。


IMG_1233.png.jpg

IMG_1247.png.jpg





タグ:iPhone ゲーム
posted by Huwy at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone/iPadゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

【iPhone/iPad:ゲーム】Sword & Sworcery EP

2012/06/24追記:
多言語化されたようです。 もちろん日本語も対応。
難解な表現が醸し出す独特の世界観を損なわない、絶妙な和訳となっているようです。
最新版をダウンロードすると、強制的に日本語化され英語版に戻せないそうなので、ご注意ください。


こんにちは。

すっごい久しぶりにiPhoneゲームレビュー。 「Sword & Sworcery EP」というゲームが海外でやたらと評価が高いそうで。 購読しているiPhone情報ブログの数々でも絶賛していたため、俺も購入してみました。

   110406sword_n_sworcery_icon.jpg superbrothers-sword-sworcery-ep_1.jpg sword-Sworcery.jpg

ジャンルは・・・ん〜・・・謎解きアドベンチャー? 特定の場面で特定の操作をすることで展開していきます。

若干のアクション性もありますが、決して難しくありません。 むしろ最大の壁は言語ですね。 全編英語であるうえに、少々難解な表現を使っているため、多くの日本人プレイヤは手を焼いているみたい。

さて、高評価の中身を見てみると、
  • グラフィックの雰囲気が素晴らしい
  • 音楽/効果音が秀逸
  • ゲームシステムとストーリーの見事な融合
といった点に集約されるようです。

初代ファミコン以下の粗いドット絵なのですが、それでも確かに画面全体で醸しだす「美しさ」がすごいです。 「描けない」んじゃなくて「描かない」。 「キレイな絵」というのは、みっちり描き込まれた綿密な絵だけじゃないことを思い知らされます。 そして音楽。 グラフィックの雰囲気にしっくり合っていて、ゲームの世界観にどっぷり引き込まれる美しいBGMです。 そんな感じで、このゲームは世界観をこそ楽しむもので人を選ぶゲームである。 というのが日本のAppStoreレビューでも散見される、大方の評価のようです。 俺としてはそれだけじゃなく、いわゆる「ゲーム」としての面白さもかなりの高レベルだと思いましたけどね。

俺がグッと来た点を挙げますと、
  • 2つの世界を行き来しつつ互いに綿密な関連性がある
  • ”時間”の概念も展開に影響する
  • ストーリーテラー的な「ゲームの外」にいるはずのNPCが絡んでくる
  • 逆に「ゲームの中」のNPCが、iPhoneのシステム設定に言及する。 しかもそれはゲーム展開にかなり大きな影響がある。
  • 牧歌的な雰囲気、ファンタジー、サスペンス、現代的なモチーフ、一見破綻しそうなこれらの組み合わせがバランスよく1つにまとまって唯一無二の魅力的な世界観を作り出している。

人によっては、MystやICOのようだという見解もあります。 独特で唯一無二の世界観という意味では俺もこの意見に大賛成。 「結局はどこかで見たことあるものに似てる」ような昨今の大作ゲーム(←皮肉)とは完全に一線を画しています。 俺そんなゲーム大好き。

ところで、ゲームタイトルについてる「EP」。 ずばりレコードの「EP」盤を表すものです。少々ネタバレですが、ゲームの中にレコードが出てきます。 そしてググってみると、「Sword & Sworcery LP」というものがあり、これはサントラ集のようです。 ゲームの中の”レコード”はこのゲームを象徴する重要なファクターなのですが、プレイしてみるとゲームを「EP」、サントラを「LP」とするそのセンスが、またグッときたりします。 ついでに「Sword & Sworcery EP micro」もあります。 これはゲームのiPhone専用の廉価版ですね。 内容は「Sword & Sworcery EP」と同じっぽいです。 そうとは知らずユニバーサル版買っちゃった俺のバカバカ。 まとめます。

  • Sword & Sworcery EP micro : ゲーム(iPhone専用)。お安い。
  • Sword & Sworcery EP : ゲーム(ユニパーサル版)。
  • Sword & Sworcery LP : このゲームのサウンドトラック集。
さてさて、俺のゲームレビュー恒例の生意気ヒントなど。
  • 鼻歌なんぞ歌っちゃう憎めない森の生き物を無駄に殺生してはいけません。
  • ”時間”によって二度と発生しないイベントがありますが、ゲーム展開がちょっとだけ面倒になるだけであり救済措置はしっかりあります。
  • 戦闘があります。アクションします。でも決して難しくない(むしろ分りやすい)パターンを読みきっちゃえば楽勝です。
posted by Huwy at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone/iPadゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

【iPhone/iPad:ゲーム】ゲームなのか? Eden - World Builder

2011/09/11追記:
最近この記事のPVがやたらと多いので何事かと思っていましたが、かなり大胆なバージョンアップしたんですね。
残念ながらこの記事は2010年暮れ当時の古いバージョンしか言及してません。
ごめんね。

 


 

こんにちは。
EdenというiPhoneゲームが面白い。いや、ゲームというカテゴライズが正しいのかどうか分からないんですけどね。
ゲームオーバーはありません。シナリオもなければ、キャラクタと呼べるものも、隠し要素もありません。
うん、やっぱりゲームとは呼べないな(・_・;

画面に映るのは、ただただ無限に広がるフィールドのみ。
目的すら設定されていないので、ここで何をするかはまったくプレイヤーの自由。
可能なアクションは以下です。

  • 岩/土/樹/葉/木材/ガラス/レンガ/TNT爆弾等々の様々なテクスチャを持ったブロックを配置する。
  • ツルハシでブロックを削る。
  • 可燃性テクスチャのブロックに点火し焼失させる。
  • TNT爆弾に点火し広範囲のブロックを一気に吹き飛ばす。
  • 1ブロック分のジャンプ。カーソルキーで慣性も付けられます。

なお、ブロックはいきなり"空中に配置する"事はできませんが、"空中に残す"事はできます。
これらのアクションを組み合わせ、家を建て街並みを作るも良し、TNT爆弾で破壊の限りを尽くすも良し。

俺は地下空間を作ってみました。
実は所々に自動生成された地下空間があるのですが、それとは別に完全にソリッドな部分をひたすら削って作りました。
TNT爆弾である程度は粗削りしたとは言え、綺麗に整形するのはかなりの手間。
とにかくこのゲーム、計画性と根気が必要です

IMG_0632.PNG.jpg IMG_0631.PNG.jpg

IMG_0630.PNG.jpg IMG_0633.PNG.jpg

"World"という単位で独立したフィールドを追加でき、個別にセーブが可能です。
またご自慢の"Wrold"にタイトルを付けて、サーバ経由で共有も出来ます。
他のプレイヤーの"World"を堪能するのも面白いですよ。

ここでTips。

  • ドラッグ操作で視野を自由に動かせるので、真下を向くことも可能です。真下をむいたままジャンプ中にブロックを追加することで、簡単に高い位置まで積み上げることが可能です。気付くまでは目的の高さまで地道に"階段"を作ってた俺のバカorz
  • フィールドは水平方向に制限は無いようです。端まで行くと隣接フィールドがロードされ、事実上無限です。ただし、垂直方向には上下とも限界があります。
タグ:iPhone ゲーム
posted by Huwy at 18:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone/iPadゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

【iPhone/iPad:ゲーム】超絶美麗グラフィック Infinity Blade

こんにちは。iPhone/iPad向けアクションファンタジーRGPゲーム「Infinity Blade」がものすごい売れ行きだそうで、なんでも5日間で1億円以上とか。
俺もご多分に漏れず購入して、そしてハマってます。だって面白いもん。

すっげー大まかに説明すると
  • iPhoneに限らず携帯ゲーム機史上最高と誉れ高い美麗グラフィック!
  • 数世代に渡って勝てるまでラスボスに何回も挑戦するアクションゲーム!
  • ラスボスに行き着くまでの敵キャラ達とのバトルも緊張感ピリピリ!
  • 太刀筋を見極めろ!躱せ!弾け!
  • 魔法も使えるでよ♪


まだ3周目でレベル11なんすけどね^^;(攻略情報をご期待の方、申し訳ない。その程度の腕ですわい)
もうおっさんなんで、緊張感と集中力が持続しません。なので1プレイで多くても3戦まで。
移動中ムービーでも、お金やポーションが転がってるから気が抜けないしね。
でもプレイヤの攻撃がコンボできる(そして経験値アップに貢献する)ことに気づいてからは、ちょっとバトルも楽しくなってきました。
ちなみにドッヂ(躱せ!)専門ww ピヨらせ可能なパリィ(弾け!)のほうが効率良いんだろうけど、反射神経とリズム感の低さが仇となっておりますorz

ところで装備アイテムの運用が良く分からん。
上位装備ほどもちろん強いんだけど、マスタリを獲得してステータスを上げるには、たとえ上位装備アイテムを入手/購入しても、下位のMAX経験値が低い装備アイテムを細かく渡り歩いたほうがが吉。 そのへんのトレードオフがまた醍醐味ってことかしらん?
キャラ自体の基礎ステータスと、装備による補正値、どちらを重視するか・・・うーむ。

それからさぁ、ラスボス弱くね? 
いや、勝ってないから3周もしてるし、もしかしてフリーザよろしく最終形態があるとしたらまだ拝めてないけど、2周目でかなり善戦したんよね。 今の3周目で勝てちゃいそうな気がしてならん。
でもまだ未入手装備はたっぷり残ってるしなあ。 魔法耐性も発揮してない(敵に魔法使われたことない)しなあ。
きっとアイツ、ラスボスぢゃないんだな。
1周目、2周目のお爺ちゃんやお父さんが絡んでくると予想。 負けた後のアイツのセリフも気になるし。
(あ、クリアした方、ネタばらししないでね。俺はするけどw)

2chにもさっそくスレッドが立っているようです。
既にレベルMAXでクリアした猛者もいらっしゃるようですよ。
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1292133459

好みは激しく分かれそうですが、俺にはお値段以上の満足感☆
そのうちプレイ動画アップしますね。
JBツールDisplayRecorderをいくら調整しても、カクカク動画になってしまう・・・のでプレイ動画アップは諦めましたorz


posted by Huwy at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone/iPadゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする