2022年05月19日

【スマートホーム】3年越しの夢

こんにちは。

以前の記事にも書きましたが、我が家で契約しているプロバイダは自宅サーバの設置を認めていませんでした。
当時サポートに問い合わせて言質も得ていました。

しかしこの度、制限付きながら晴れて設置OKという運びになりました。
プロバイダの説明ではなんでもコロナ禍でリモートワークが増えてどーのこーの・・・。
いまさらコロナを理由に解禁するのも解せませんが、そもそもそれと自宅サーバがどういう関係があるのいまいち分かりません。
でもまあ結果オーライ。
これによってスマートホーム構築でやりたくても出来なかったことが一気に進むことになりました。

スマートホーム構築を始めたのが約3年前、ようやく夢が叶います。ドリカム。


■Beebotte

BeebotteというMQTTブローカについて何回か記事にしてきました。
我が家のスマートホームの要であるNode-REDに外部からリクエストするための超苦肉の策として使っていました。
私にとってかなり重要な位置付けのサービスなのに、そこそこ不安定で出来れば使うのやめたかったんですよね。

今にして思えば、公開できないゆえに外部から何も受け付けられないはずのNode-REDが、ことMQTTだけは受信できていた理屈を理解できていません。
HTTPリクエストとレスポンスのように、最初に接続を確立した時点のルートを保持し続けてたんでしょうかね?
ネット上の情報を丸々パクって構築していたので理解が及んでいませんでした。

Beeboteは、例えばSesameスマートロックの解錠/施錠イベントをNode-REDに到達させ最終的には照明などの家電操作までを自動化するフローの、迂回路として使っていました。
IFTTTのSesameトリガ(解錠) → WebhookでBeebotteにPublish依頼 → Node-REDのMQTTノードで受信
その他にもさまざまなイベントをNode-REDに到達させるためにBeebotteに頼りっぱなしだったわけです。
サーバ公開が可能となったことで、Node-REDが外部から直接リクエストを受け付けらるようになります。
上記の例で言えば、SesameAPIがIFTTTもBeebotteも経由することなくNode-REDのエンドポイントに直接リクエストできます。
もうBeebotte要らない!


■IFTTT

既に上記にも書きましたが、Sesameのイベントを拾う手段はIFTTTしかありませんでした。
これもNode-REDが直接拾えるようになったので、わざわざ経由させる必要がなくなります。
もうIFTTTも要らない!
(うそ、IFTTTはいろいろ便利なのでこれからも使います。Proプランも契約してるしね)


Smart Home 20220507_抜粋.png




■それでも道は険し

こうして外部サービスの依存度が下がってハッピーなのですが、その代わり今度はセキュリティがばがばのNode-REDを保護してやらなくてはいけません。
ぶっちゃけセキュリティ設定についてはまだお勉強中で、がばがばのまま外部公開されてる極めてリスキーな状態。
まあ悪意ある第三者がNode-REDに侵入できたところで、私が家電操作に少し手間取るだけですけど。


■まとめと共有

今回の作業をNotionにまとめて近日公開予定です。
プロバイダや利用サービスの限られたかなりニッチの狭い内容になりますが、ビンゴで当てはまる方の参考になれば幸いです。






.


posted by Huwy at 01:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月14日

【iPhone/iPad JailBreak】さようならJB(後記)+ 三○谷さんよ・・・

こんにちは。

先日、iPhoneのJBやめるという記事を書きました。
やめる理由は、JBクラスタで情報を追い続けることに疲れてしまったからです。

実はもう1つ理由があります。

iPhoneには職場イントラの認証アプリをインストールしていました。
この状態でiPhoneが初期化されると、上司に端末情報削除を申請するなど非常に面倒な手続きが必要になります。
このため何かしらのトラブルで初期化せざるを得ない事態は避けねばならず、現状のJB環境をさらにいじることは怖くて出来ませんでした。
このような状況も精神衛生に負担をかけていたのです。


■超「渡りに舟」のiPhone6s

そんな折、iPhone6sをタダ同然で入手する機会がありました。
2022年にiPhone6sなんて化石モデル持ってても仕方ないじゃんと思われるかもしれません。
しかし先述の認証アプリをiPhone6sに追い出してしまえば、常用iPhoneは上述の呪縛から解放されるのです。
幸いiPhone6sはまだ最新iOSのサポート対象で、認証アプリをインスールできます。

常用iPhoneで認証アプリが使えるうちなら、他の端末へのお引越しは上司への申請など不要でイントラ上の操作で自分だけで出来ます。
さっそくお引越しを済ませ、晴れて常用iPhoneは認証アプリの呪縛からは解き放たれました。

あれ?認証アプリを気にしなくていいんなら常用iPhoneでJB続ければいいんじゃん?と、お気付きの方もいらっしゃるかと思います。
ここで最初の理由の再登場。JB情報をトレースすんのもう止めたい。
というわけで常用iPhoneはやっぱり初期化しました。
なんたる解放感。


■せっかくなので認証専用機に

iPhone6sの使途を検討してみました。
どうせそんなに使うつもりはないし、常用iPhoneの中で使うには使うけど頻度の低いアプリを全部押し付けるのはどうだろうと考えました。
そこで行き着いたのが認証専用機です。
上述の認証アプリの引っ越しもしたついでに、他の認証の仕組みもiPhone6sにまとめてしまえと。
私が使用している認証機構は以下のとおりです。
  1. AppleID認証
  2. 職場イントラ認証アプリ
  3. Google Authenticator
  4. Googleアカウント認証メール受信
  5. SMS認証
認証できるデバイスが常用デバイスから分離されているというのも、セキュリティ的によろしいんじゃない!?
というわけで我ながらナイスアイデアと、この案をノリノリで採用!

さて、上記2. 3. はiPhone6sでスタンドアローンで動作します。1. 4.もWi-Fiさえ繋がれば受信できます。
問題はSMS。このiPhone6sに電話番号を持たせなくてはなりません。

常用iPhoneはMVNOで運用していたので大手キャリアの動向は全然追跡していなかったのですが、ググってみたら楽天モバイルに0円プランがあるじゃないですか。
データ通信量が1GB/月未満なら料金が一切かかりません。
iPhone6sは原則Wi-Fi環境下でのみ使用する想定でしたので、データ通信はSMSだけです。
SMSだけで1GB/月なんて超えるはずもなく、さらに言えばSMSは認証のために受信するだけですからそもそも無料で運用できます。
うひょ・・・願ったり叶ったりの素敵プラン。三○谷さん!いやミッキー!愛してる!
※楽天本社ビルで実際に三○谷さんをお見掛けしたことがありますが、IDカードには本当にMickeyと書いてありました。
※楽天従業員の方々はIDカードをニックネームで作るのがルールのようです。


■嘘だろ…

ここまで読んだ方は既にお察しのことと思いますが、ええ、終了しましたね楽天モバイルの0円プラン。
回線契約を申し込んで開通したがのが2022/05/10、0円プラン終了の発表があったのが2022/05/13。
たった3日間の三○谷さんLOVE。おいおい、なにしてくれとんねん!
0円運用の実感も無いままあっさり終わっちまいました。

プランの強制切り替えが7月、実際に料金が発生するのは9月からということですが、もう即日解約しました。
だって常用iPhoneでSMS受信できますもん。お金払ってまで楽天モバイル回線持ってる意味がゼロですもん。
各種サービスのSMS認証先電話番号も3日前にすべて楽天モバイルの番号に変更したばかりですが、すぐさま常用iPhoneの番号に戻しました。
※短期間に頻繁に登録電話番号を変更したおかげで、メルカリから不正アクセスを疑われて一時利用停止を食らったのは内緒。


■0円厨

楽天モバイルの0円プランの替わりとなりえるサービスは無いものでしょうか?
ググってみると「0円」を謳うサービスが2つありました。
  • au「povo」
  • BIGLOBE「donedoneエントリープラン」
しかしいずれも一長一短。

povoは完全無料とはいかず、半年に1回数百円課金しないと強制解約されてしまうそう。

donedoneエントリープランはSMS送受信を公式には認めていません。
一部のメジャーサービス(Twitterとかインスタとか)のSMSは受信できるそうですが、私が利用している他のサービスについて言及はありませんでした。むしろ受信できているSMSもそのうち塞がれてしまう可能性ありという…。

いろいろ気を使わなきゃいけない状況のようで、だったら常用iPhoneでSMS受信すればいいだけじゃん。
1つのまとまった認証専用機という夢は儚く潰えました。


■まとめ

  • 前回も書いたけど、さようならJB。

  • ミッキーさんよ、ころころ話を変えないでくれ。
    認証デバイスがSMSは常用iPhone、その他はiPhone6sという中途半端な事態になったのもあんたのせいだ。
    0円大好き薄給サラリーマンに甘い汁吸わせてくれ。

  • 読者のみなさん、0円運用の良い情報をお持ちでしたら教えてください。




.
posted by Huwy at 01:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月26日

【日記】家具刷新計画 - 後記C -

こんにちは。

猪の如き勢いだけの家具刷新計画を進め、本日までに約99%が完了した感じ。
具体的には以下のとおりです。
  • 旧ベッド解体と廃棄
  • チェストの破棄
  • 新ベッド搬入と組み立て
  • 新テレビ台の組み立て
  • 旧テレビ台の処遇
  • 新モニタ設置
  • 旧モニタの処遇
旧テレビ台のフリマ出品までは既に記事にしました。
今回はこの一大プロジェクトの目的、主旨、大本命の新モニタの設置です。

まあ設置するだけの作業なので書くこともないんですが、とりあえずデカいね。
勢いだけで27インチ→43インチにしちゃったけど、ちょっとビビりました。
高さがあるので新テレビ台はやや低いものを選んだのですが、それでも画面上部は少し見上げる感じになります。
首痛めるなこれ・・・・。
付属のスタンドがそもそも高いというのもあるので、モニターアームでテレビ台の天板すれすれまで下げることを検討しています。
こんなデカくて重いモニタを支えられるのか知りませんけど・・・。

梱包していたダンボールも輪をかけてデカい。
27インチモニタのダンボールは売るときのことを考えて取り置いてあって、10年近く納戸に鎮座していました。
でも今回のダンボールはさすがに収まりません。売る場合は宅配業者のサービスを利用して集荷に来てもらいましょう。

幸いドット抜けも無いです。
画面下部がちょ〜〜っと色再現がおかしいですがまあこだわりの無い私には全然許容できる範囲。
明るさや色調整等々の細かい設定は今後ゆっくり詰めていきます。
あ、スマートリモコンに登録してAmazonEchoで制御できるようにもしなきゃね。


27インチモニタはどうしましょうね。
売るときのことを考えて・・・と先述しましたが、10年前の化石スペックなモニタなんて二束三文にしかならんだろうしなあ。
納戸の専有面積が変わるわけでなし、売れるまでまた取り置いておきますか。

さて、ひとまず家具刷新計画はこれにて終了。
買って設置してみて発覚した細々とした問題もありますが、それは気が向いたら番外編にでもして書いてみます。
ちなみにWindowsのディスプレイ設定で175%に拡大表示してます。
1.5m地点からでも、進行中の老眼でしっかり見えますよ。
時間をかけて計画しただけあって、ほぼイメージどおりの完成を迎えることができました。
最後に言わせて、

リプレイス大成功\(^o^)/ 





.
posted by Huwy at 20:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月25日

【日記】家具刷新計画 - 後記B -

こんにちは。

猪の如き勢いだけの家具刷新計画を進め、本日までに約80%が完了した感じ。
具体的には以下のとおりです。
  • 旧ベッド解体と廃棄
  • チェストの破棄
  • 新ベッド搬入と組み立て
  • 新テレビ台の組み立て
  • 旧テレビ台の処遇

新ベッドの組み立てまでは既に記事にしました。
今回は昨夜遅くに届いていた新テレビ台の組み立てです。

と言っても改めて書くまでもないほどに超簡単。
入れ替わりで手放す旧テレビ台を10年ほど前に組み立てたときは、エラい苦労した記憶があります。
この10年で家具業界が進化したのか、はたまたたんなる製品差か・・・。
重いので女性一人ではやや難易度高めかもしれませんが、おっさんは30分くらいで組み上がってしまいましたよ。

90cm幅だった旧テレビ台から150cm幅への拡大。う〜ん、天板が広くて素晴らしい。
ここに乗せる新モニタは明日届く予定です。楽しみ。
43インチモニタに合わせて150cm幅のテレビ台にしたものの、ぶっちゃけもうちょい狭くても良かったかもしれません。
モニタの左右に余裕を持たさたかったので天板基準で選んだわけですけど、天板の下の棚や引き出しはスッカスカ。
各々50cmくらい幅のある4つの棚の1つに、コンパクトPCと任天堂Switchしか置かれてない状況。
実は購入前から気にはしていただんですが、この問題は先送りしちゃっていました。
まあ無いよりはあったほうがマシってことで、何かしら用途を考えていきます。

さて一方で旧テレビ台はこのあともいろいろ大変です。
大きな傷もなく、正直このまま廃棄するのは惜しいくらいまだまだ余裕で使えるほどにキレイです。
一応全体をしっかり水拭きしてから写真を撮ってフリマに出品しました。
売れるまで取り置いておかなければなりません。
そして売れなかったらどこかで区切りを付けて諦めて、また自治体に回収してもらう手続きが必要になります。
どなたか買っておくれー。





.



posted by Huwy at 21:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日記】家具刷新計画 - 後記A -

こんにちは。

猪の如き勢いだけの家具刷新計画を進め、本日までに約60%が完了した感じ。
具体的には以下のとおりです。
  • 旧ベッド解体と廃棄
  • チェストの破棄
  • 新ベッド搬入と組み立て

旧ベッドとチェストについては前回記事に書きました。
今回は新ベッドの搬入・組み立てについて。
作業は業者に丸投げしましました。
組み立ては作業員お二人がインパクトドライバー等を駆使して小1時間掛かっていましたので、私一人じゃ組み立てだけで3日くらい掛かりそう・・・組み立てサービス料は高額でしたがオーダーしておいて良かった。

実際に組み上がって思ったのは「デカいな・・・」ということ。
専有面積は旧ベッドと変わりませんが、引き出し付きであるがゆえにやや高さがあるのと、旧ベッドにあった下のスカスカデッドスペースが埋まって存在感がすごい。
おっさん一人暮らしの小さな部屋にはちょっと大袈裟すぎたかな〜と感じました。
旧ベッドはフレーム構造だったので移動もそれなりに出来たのですが、新ベッドは重量もかなりあって私一人ではまず動かせません。
まあ動かす予定も無いんですけどいざって時にちょっと困ることになるかもしれませんね。

GCTP02-CS5D01-NAG_09.jpg


新ベッドの引き出しにはチェストに収納していたものを移しました。
ある程度断捨離してから移したものの完全にオーバースペック。
引き出しの空間余りまくりでもったいないな・・・他の収納からもいくつか移そうかと思います。
そういえば、もちろん事前にきっちり計算した功績なのですが、ベッド下に敷いたジョイントマットがちょうど良い大きさ。
作業者さんも「ぴったりですね」と感心してましたよ。

ベッド業界の移ろいなんてそれこそ買い替えどきくらいしか意識しないと思います。
私も今回いろいろ吟味しているなかでマットレスが進化してんな〜と思いました。
廃棄した旧ベッドのマットレスは購入当時でそこそこグレードの良いポケットコイルタイプで厚さは20cmほどあったでしょうか。
いまではその厚さが10数cmと薄いタイプもあるんですね。

そして今回私が購入したマットレスはもはやスプリングも使っていないファイバーマットレスです。
正直これ大丈夫なん?って思いましたが、ポケットコイルタイプよりも高額でした。きっと良いものなんでしょう。
実際、硬さが私には絶妙です。人によっては硬すぎと感じるかもしれません。
私はさらにこのファイバーマットレスの上に従来より使っていた薄い低反発マットを敷いているのですが、この組み合わせが実にちょうどいいんです。

実は旧ベッド廃棄と新ベッド搬入の間には、部屋にベッドが無い一夜がありました。
床に上述の低反発マットを直敷きして就寝したのですが、マットが薄いゆえにやはり床の硬さが響いてきます。
ファイバーマットレスはやや硬めに設定されているとはいえもちろん弾力があり、さらに低反発マットで和らげると沈みこみ過ぎない至極の就寝体験。

スプリング式のものより圧倒的に軽いですし3分割も出来て取り回しも楽です。
さらには簡単に水洗い・乾燥も出来るので清潔に保てます。
高価なので導入を躊躇していましたが買ってよかったです。

※下の画像だとなんだかフワフワしてそうに見えますが、弾力を保ちつつ硬めに成形されています。
 例えるならなんでしょう干した寒天みたいな。もちろんあんなに脆くはないですけど。


GCTP02-CS5D01-NAG_33.jpg
GCTP02-CS5D01-NAG_33 - コピー.jpg









.

posted by Huwy at 00:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする