2010年10月30日

【日記】風呂場の鏡の水垢落とし

こんにちは。相変わらず扱うネタが分散しまくりの当ブログです。今日は風呂場の鏡をキレイにしたいぜ、ってお話。

住み始めて4年が経過したマンション。風呂場の鏡には水垢がびっしりこびり付き、非常に見にくい&醜い状態になっておりました。
その酷い状態の鏡では、ざっとお湯を掛けた瞬間は良いのですが、みるみる水が弾かれ、代わって湯気で完全に曇ってしまいます。
俺は入浴時にヒゲを剃ります。しかし曇ってはお湯を掛け、また曇っては掛けと繰り返すハメになりストレスが溜まっていました。

ちなみにこのうろこ状の水垢、「スケール」と呼ばれるものだそうですが、市販のバス用洗剤ではまったく歯が立ちません。
なんでもガラスの珪素と水道水の珪素がガッチリ結合してしまっているんだとか。取り除くためには”削る”しかないようです。
歯磨き粉を使う、なんて情報もネット上で発見して試してみましたが、我が家のスケール君は相当硬派なようなで、効果がありませんでした。

そこで見つけたのが業務用の研磨剤。その名も「カルキーナ」です。
写真003.JPG

アホみたいに高いんですよね。写真をご覧のとおりかなりの少量、わずか35gですが2000円もします。
まあこれで我が家の鏡2枚相当分使えるらしいですし、4年間の不精を2000円で清算できるなら良いかなと。

本日さっそく使ってみました。
説明には「一度に広い範囲をやろうとするな」「スポンジはわずかに湿らす程度にしろ」と書いてありましたが、まずは、思うがままに鏡の隅のほうで試してみました。
そこで説明の意味がすぐに理解できました。
高価なだけに少量をたっぷりの水分で広範囲に伸ばして使ってみたのですが、これでは研磨剤が水の表面張力に負けて機能しません。
パチンコ玉くらいの量で約20cm四方範囲が限界なようです。しかもスポンジは霧吹き1回でほんのちょっぴり湿らせた程度。
それだけ研磨剤を集中させないと歯が立たないほどに、スケールってヤツぁ本当に厄介なシロモノなのです。

それでも研磨剤がスケールを削るジャリジャリとした感触がなかなか無くなりません。
力は要らないという説明だったので、少しずつであっても前に進んでいるだっ!と信じて磨いていきます。
溶剤によって鏡が覆われてしまうため、磨いてる間は効果を確認できません。洗い流してすぐに確認したい気持ちを抑えてひたすら磨いていると、やがてジャリジャリ感が減っていくのが分かりました。
もう良いだろうと思い洗い流してみたところ、確かにスケールが無くなりピッカピカの鏡面が蘇っていました。
しかし残念ながら完璧とは言えません。うろこ状のスケールの”縁”の部分は強固らしく、うっすらと輪郭が残ってしまいました。
20cm四方を磨くのに約10分。正直、腕もけっこう疲れます。そこまで頑張っても完璧に払拭は出来ない・・・スケールってヤツぁ本当に忌むべきシロモノなのです。

さて、風呂場の鏡は縦1m×横40cmほどの大きさがあります。つまり、同じ苦労をあと9回繰り返さないといけません。
あんな小さなスポンジで人力で研磨するのは無理があるんじゃないか? このためだけにポリッシャーでも買っちまうか?
まあ現実にはそんな無駄遣いできませんので、日を置きながら少しずつ進めていこうとおもいます。

2010/10/31 追記:
今日もやりました。
磨きながら、この作業どっかでやったなぁと思い、記憶を巡らせて思い出しました。
中学生の「技術」の授業で真鍮製の文鎮を自作したとき、仕上げとして研磨剤でピッカピカにしたのでした。
確かあのとき使った研磨剤は「ピカール液」。ドロッとした粘性や、ズシッとした重みもそういえばそっくりです。
さっそくネットで調べたところ180gで5〜600円。ぬおうっ!全然安いじゃん!
まあ、金属製品向けということで用途がまったく違いますので、ガラスに使ったら傷だらけになるかも知れません。
試してみる価値すら微妙ですが、4年後には購入を検討してみようかと思います。
・・・って、また4年間メンテナンスしないつもりかよ!>俺

posted by Huwy at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

【日記】ヤフオク初出品日記2(出品編)

こんにちは。
前回の準備編に続き、今回は実際にアイテムを出品する作業の右往左往です。


【出品資格】

ヤフオクに出品するためにはYahooに対し身元を明らかにし、幾らかの参加費、それを支払うための口座(のようなもの)を整えなくてはなりません。
まあ面倒ですよ、ぶっちゃけ。前提としてクレカや銀行口座も持ってなきゃならんしね。
とはいえ、過去に入札には参加したことがあったので、俺が出品のためにすべきことは、Yahooに身元を明らかにする手続きだけでした。申し込み数日で登録住所にパスワードが郵送されてきたので、それを登録して完了です。いざ、出品っ!


【出品登録】

まず出品カテゴリを決めます。
後で知ったことですが、カテゴリによっては、取引方法に制限が掛かる場合があります。
例えば今回の場合、カテゴリは家電>携帯電話>本体となるわけですが、このカテゴリでは"代金支払い管理サービス"が強制適用されます。要はトラブルになりやすいアイテムは、慎重な取引方法を強要されるということですね。真面目に誠実に利用する心構えがあるなら、特に不自由を感じるものでもないですけど。

タイトルと商品説明は後回し。
ここは勝負どころでもありますので、腰を据えてじっくり取り組みたいところです。

様々なオプションを選択して出品内容を決めていきます。
ヤフオクドリームを夢見て、即決無しのオークション形式に設定しました。

お金に関わるところはやはり慎重になりますね。
入札者心理も考慮しつつ、でも出品者として譲れない部分では妥協せず。この辺のバランスが難しくもあり、オークションの醍醐味でもあり。
1円開始など大いに訴求力のある価格設定も出来ます。これは入札も早いうちから入りやすく、"熱さ"を演出できて、多くの入札者さんの関心を引けるというメリットがあります。そして結局は妥当な相場に落ち着いて行きます。
一方で、想定外の安さで落札されてしまうデメリットもはらんでおり・・・。
俺はそのデメリットの恐怖に打ち克てず、当初予定の強気設定にしてしまいました。

送料負担は出品者/落札者のどちらか、入金/発送のタイミングはどちらが先か、返品の可否、これらで落札者さんへ安心をアピールすることも出来ましょう。
でもあんまり媚びる必要も無いと思います。なにしろ出品するこちらも素人なんですから。不安が無いわけじゃないんですから。

決済方法はより多くの選択肢を落札者さんにアピール出来たほうが良いでしょう。
ただし、銀行振込は専用口座を作った方が良いと思います。
俺は今回はYahoo!かんたん決済一択で、落札者さんから銀行振込に出来ない?とご相談を受けましたが、さすがにメインバンクのメイン口座を晒す度胸は無く。
これまた後から知ったことですが、お互い匿名性を保ったままお金や商品のやり取りも可能なんですね。それなりに敷居は高いですが、両者にメリットがあるので早速使用開始手続き中です。
ヤフオクとは直接関係ないですが、SoftBankがTwitterユーザ間で匿名取引を可能にするサービスをはじめたというニュースもありましたね。
今後もたくさん出品するつもりがあるなら、そういう選択肢を広げで ていくことも、十分検討に値するものと思います。

決済方法と同様に配送方法もまた、出品者と落札者の都合がせめぎ合う重要な部分ですね。
送料は大体落札者さんが負担するケースが多いようなので、より安く抑えたいのは当然の心理。俺としてはこの部分は、落札者さん側に合わせても良いかなと思ってます。
実際、俺の生活圏内には郵便局が近くに無いのですが、今回の落札者さんは送付先を郵便局留めで指定されてきました。
住所を明かさずに配送してもらうメジャーな方法ですし、そうしたい心理も理解出来ます。
なので、遠い郵便局までチャリンコで行って発送してきましたさ。

写真はアピールの手段であると同時にトラブル回避の策でもあると思います。
ことさら強調する必要はありませんが、マイナス部分も包み隠さず公開しましょう。
中にはレフ板などを使って、より鮮明で綺麗な写真を撮られる猛者もいらっしゃるようで。
まあそこまでするかどうかは自由ですが、自然に素直に誠意をもって、これがトラブル回避の最善策だと思います。

取引オプションも多少気を遣いました。
入札者制限は是非設けましょう。システム的な制限だけでなく、商品説明に特記事項として独自の制限を宣言することもお勧めします。
これはまた別記事で書く予定ですが、あまりに稚拙で非常識な参加者というのもいらっしゃるものです。
そうした参加者の入札/落札を取り消す権利を出品者は持っていますので、行使すべきケースで行使し、粗悪な参加者を排除していくことで、ヤフオク全体の安心感も増していくものと思います。俺は自分がそういう参加者に当たってしまった経験や、ヤフオク全体をブラついてみた感想から、次回以降の出品では「悪い評価」が2件以上付いてる入札者は独断で弾くことに決めました。え?厳しすぎ?(・_・;

自動延長設定は、終了間際の鍔競り合いをより熱くするステキなオプション♪ 特に出品者にとっては、悪い言い方をすれば"高見の見物"を堪能出来ます。
入札者の皆さん、オークションはゲームではなく"商い"です。
熱くなりすぎないように。
はい、一応言いました。

PRオプションは今回まったく使ってません。
ぶっちゃけ費用対効果の薄いものだと思ってます。
目立つことは確かに重要ですが、ヤフオク参加者の皆さんは"掘り出し物"を目を皿にして探してるわけで、本当に魅力的な商品ならば自ずと注目されるでしょう。
同程度の競合品が多い場合にこそ目立たせたいところですが、そうしたケースでは落札額が下がりがちであり、有償であるPRオプションの費用対効果はますます薄くなるかと。

さて、エラく長くなったので、今回はここまでにします。
次回は後回しにした商品説明について書くつもりです。

posted by Huwy at 03:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

【日記】ヤフオク初出品日記1(準備編)

こんにちは。
前回も書きましたがiPhone3GS16GBをオークションに出品しました。
ネットオークションの利用は過去に1回、絶版となっていたCDでど〜しても欲しいものを購入したことがありました。
出品は今回が初めて。

この記事の執筆時点では既に落札され、お相手の方と取引処理を進めている段階です。
まだ完全に完了していないものの、こちらも納得の額で落札していただき、大きな山を越えて落ち着いた心持ちです。

でも、落札に至るまでには心かき乱すいろんな壁もあったわけで。今回から数回に渡って、出品初心者の右往左往を書き連ねようかと思います。
ネットオークションのHowToサイトは星の数ほどありますが、どれも上級者が公開しているものばかり。初心者が興奮さめやらぬうちにしたためる顛末記というのも、また一興かと。


【需要】

3GS購入当初からJBしていたため、4.0.2以外のSHSHをすべて確保してありました。さらには各OSバージョン用の脱獄ツールも保存してありました。つまりOSを任意のバージョンに復元し、JBも施したうえで出品可能。
OSバージョン、JBの有無、SIMフリーの有無、これらで需要は大きく変わるだろうと考え、ネット上で調査してみました。

じゃんぱらなどの買取業者ではどうやら旧バージョンほど価値が高いようです。
ご存知のように未脱獄デバイスにおいては、現在インストールされているOSバージョンか、最新のバージョンの2択しかありません。一般的には旧バージョンを維持し続けるメリットは少ないですから、みんなアップグレードしてしまい、結果、旧バージョンデバイスの絶対数が少なくなっていくため、希少価値があるのだと思われます。

次にヤフオクで調査。
こちらは需要がまったく違いました。
最新OS、脱獄、SIMフリー、これらを施したデバイスが圧倒的に人気があります。
まあ買取業者の場合は、看板を掲げて商売してる以上、日本においてはまだグレーゾーンの脱獄デバイスを扱うわけにはいかないでしょうし、当然の相違かもしれませんね。

価格面でも、プロが仕入れのために査定する市場と、直接売買するネットオークションの市場とでは大きな相違がありました。
つまり、オークションのほうが高く売れます。
というわけで、躊躇なくiOS4.0.1にアップグレードし、JailBreakMeで脱獄し、UltraSn0wでSIMアンロックしました。


【価格】

次に価格設定です。
ヤフオクにおいてもやはり未開封新品は高い。もはやAppleStoreやSoftbankから正規に購入出来ない(iPhone4発売を機に、3GSは8GBモデルしか売らなくなった)ためでしょうか。
さて、俺のiPhone3GS16GBは1年間使用した中古品であり、さらには付属品も使用済みです。
特にイヤホンは、他人である俺が使ったものなど、気持ち悪くて耳に差せないでしょうから、出品一式に含めるわけにはいきません。
これはオークションにおいては大きなマイナスポイントであり、価格も低く設定しないと入札してもらえないかもしれません。高く売りたいのは当然のことですが、ヤフオク参加者に見向きもされなければ意味がありません。

一方で、デバイス本体の状態の良さには自信がありました。
購入時点からハードケースやシートでガッチリ保護してきたためで、出品準備のために清浄剤でピカピカに拭いたところ、新品と見まごうほどの美しさ。
若干の傷はありましたが、ヤフオクに出品されてる他の中古品と比べても、これは強いアピールポイントになり得るという確信を持てました。

付属品不備とデバイス本体の状態の良さ、俺が入札するなら後者を優先するでしょう。
というわけで、ちょっと強気の価格設定にしました。

ピカピカに磨き、本体の状態の良さや可動品であることをアピールする写真を数点撮影し、出品準備を調えました。

今回はここまで。
次回は実際の出品作業の右往左往を書く予定です。
posted by Huwy at 02:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

【日記】iPhoneビギナーの戯言(App Store編)

iPhoneのアプリケーションについては、俺も様々なレビュアーの皆さんを参考にさせていただいてる立場なので、敢えてここでレビューを書くつもりはありません。App Storeの1ユーザとしての雑感など書こうかと思います。

俺と同じユーザの皆さんへ>
すでにン万単位のアプリが氾濫するApp Storeですが、有償アプリを購入する際には、安いものが多いとは言え躊躇してしまうものですね。
後悔しないためにも、App Storeのレビューやブログでの評価など、面倒でも是非参考にしてください。どんなものか事前に調査もしないで購入して、レビューに罵詈雑言を書き連ねるのだけはやめましょう。
先駆的に新アイテムをいち早く見つけて優越感に浸りたいですか?
そんなもんはドラクエだけにしましょうよ(^^;
iPhoneは日常的に使う「道具」です。オモチャではありません。必然と慎重になるはずですが。
そして図らずも先駆者になってしまったときは、他のユーザさんの為にも開発者の為にも、長所短所を具体的に感情抜きで「レビュー」してください。「くそ」とか「これは便利!」とかだけではレビューとは言いません。もちろん質問をレビューに書くのは論外。質問は開発者さんに直接連絡するか、質問を受け付けるコミュニティでね。

もう一点。機能強化に伴う有償化や値上げに対し、古参ユーザは優遇するというケースもままありますが、そこで悔しいと思えるほど魅力的なアプリなら、惜しみなく対価を払いましょう。それが開発者のその後の活力にもなるわけで、さらに魅力的なアプリを開発してくれるかも知れません。


開発者さんへ>
発表当初の無料(orセール)期間を、すべて把握するのは困難です。ユーザにとっては機能制限でもいいから無償の評価版を同時に配布してもらいたいです。有償だからという理由だけでユーザが一瞥もくれなくなるのは損だと思いませんか?
※無料であってもアプリを1個アップするたびにAppleから金取られるとか?その辺の事情はまったく知りませんが・・・(汗)

レビューに罵詈雑言を書くべからずと上述しましたが、書きたくなる気持ちも分からないではないケースもあります。
対価を取る以上責任は負うものだと思うし、レビューで多くのユーザが挙げた不満点に一切触れないバージョンアップってどうなんでしょう。
売り上げを望まないはずは無いと思うので、ユーザの意見は大切にしてくださいね。SDKの制限でユーザの声を反映できない場合、その旨をちゃんと書いてくれる開発者さんもいます。


<後述>
いよいよAndroid端末も動き出しました。安くないお金を払って手に入れたiPhoneには負けて欲しくないという思いが俺にはあります。いわゆる「脱獄」のフィールドは、限定的な一部の人達を引き付けることはあるでしょうけども、優劣はやはり「App Store」VS「Android Market」の差で決まるだろうと思っています。ユーザと開発者の良い関係を築き、App Storeを魅力的なコミュニティにしていきたいですね。

さて、ビギナーなのくせにいろいろ生意気なことを書きました。
反論怖いからもう寝るぅ!
タグ:iPhone
posted by Huwy at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

【日記】じねんじょ・りたーん

先日話題に挙げた自然薯屋「丸子亭」さんに行ってきました。場所は中野ブロードウェイ2Fです。
もちろん、とろろ好きの彼女も一緒です。
店内はカウンターがメインで、テーブル席は1つしかありません。10人も入れば満席となるような慎ましいお店です。
ネット上のクチコミ情報が比較的多いしそれなりに繁盛しているのだろうという予測とは裏腹に、19時半という夕飯時にも関わらず客は俺と彼女しかいませんでした(´・ω・`)
俺も彼女も重度の人見知りなので、一見の店では借りてきた猫のように大人しくなります。クチコミ情報では大変気さくなオヤジさんとのことでしたが、なかなかコミュニケーションの取り難い嫌な客だったことでしょう。
そんな妙な緊張感の中、俺は釜あげのシラスと桜えびが付いた「由比」、彼女は漬けマグロが付いた「駿河」をオーダー。これら惣菜が異なるだけで、麦飯+とろろ汁+けんちん汁+ひじき+香の物の基本セットは同じです。
オーダーを受けてから、大きなあて鉢と大きな擂り粉木で自然薯と出汁を合わせていきます。ゴリゴリという音が気持ちいいですな。麦飯もちゃんとお櫃で出してくれるのが嬉しい。麦飯は1人前がお茶碗に2杯くらい、とろろ汁もそれに見合ったわりと多めの量です。これに各種お惣菜が付くんですからしっかりお腹が満たされます。
さて肝心の味ですが、とろろ汁はやや出汁を効かせすぎかな…もっと芋の野趣溢れる土臭さとか、咀嚼が必要なほどの粘度とか期待してたんですけどね。
ただキメの滑らかさはさすが。ねぎしなどの大和芋とろろ汁は繊維が粗く、粒として残っていますものね。だからこれは是非、そのまま啜って喉ごしを堪能してみてください。喉が無抵抗に辱しめられちゃって、でもそれが堪らなく心地いい…(;´Д`)ハァハァ
惣菜は比較的薄味でしたが、桜えび旨かったなあ。けんちん汁の根菜もちゃんと歯に嬉しい固さを残してあるし、ひじきもぶっとくて味が濃かったです。
彼女の漬けマグロも一切れ貰いました。少なくとも下手な寿司屋で出されるものよりは、遥かに「仕事してる」感が高い。これととろろ汁を合わせてごらんなさいよ。「山かけ」って、本物はこんなにも強烈に旨かったんだって気付かされます。まだ1回しか行ってませんけど、この組み合わせは店一番のオススメです。(たしかメニューに山かけ丼もありました)

定食としては安くはありません。でもそれだけの対価を支払う価値は十二分にありました。
最後の最後、ごちそうさまと店を出ていくコミュニケーション能力不足な二人に、オヤジさんが見せたあの柔らかい笑顔。きっと本当に気さくな人なんだろうなあ。ごめんオヤジさん、自閉的な客で…m(__)m


あ、ブログ用に写真撮るの忘れた(-_-;)
posted by Huwy at 07:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする