2015年03月21日

【WEBサービス】GoogleのInbox使うてみたで

こんにちは。

Gmailアカウントは独自ドメインなGoohgleAppsで利用しています。
そのせいですっかり出遅れましたが、「Inbox」アプリが全解放されたようで、ようやく利用できるようになりました。
しかし・・・従来のメールクライアントの発想と少々異なるので、慣れないうちは戸惑いますねこれ。

 

以下、ざっと私なりのレビューを箇条書きにします。

  • ラベルを多用していてそれをほぼ「フォルダ」と同義的に使用していた場合、違和感が強い。

  • 受信ボックスありき。
    受信ボックスにあるかアーカイブされているかの区別が重要。
    未読/既読の概念が希薄。
    したがって受信ボックスをスキップするフィルタを使っているとメールを見失う。
    • 受信ボックスにある≒未読
    • アーカイブされている≒既読

  • Gmail画面の左側のラベルリストが、Inboxでは受信ボックスに適用されるイメージ。
    非アーカイブメールのみがリストされる点は前者より便利。
    受信ボックスにすら表示させたくないけど未対応メールの有無は認識可能としてほしい、という場合はスヌーズ機能でとりあえず受信ボックスから非表示にする。

  • ラベルのフィルタリング条件は自動学習で変わっていくようだ。
    ここはGoogleパワーを信じてみるしかない。
    受信ボックス上で仕訳先が気に入らなければ、「移動」させて学習効果を上げていく。
    いずれにしても受信ボックスを必ず経由させたほうが良いので、どのラベルに仕訳られようとも見落とすことはないだろう。

  • ラベルの階層構造は意味が無くなるので、多用していた場合はラベル総数を絞り込む必要がありそうだ。

  • ユーザ追加のラベルにアイコン指定出来ないのは不満。

  • 日本語による検索にバグあり。

  • ファイル共有/添付に難あり。せめてGoogleDrive上のファイルはシームレスに共有可能としてほしい。

 

 

その他の類似メールクライアント

「Inbox」同様に「受信ボックスありき」「スヌーズ機能あり」な他のメールクライアントもさっくり使ってみました。

  • Dropboxが買収した「Mailbox」も「Inbox」に近い。
    モバイル版アプリのUIはこちらのほうが分かりやすいか。
    ただし、機能は「Inbox」のほうが高いように思われる。

  • Microsoftのモバイル版「Outlook」はアーカイブと未読を明確に区別しているため、 アーカイブ後もどのラベルにいくつの未読メールがあるか一目瞭然。
    各種オンラインストレージとのシームレスな連携が強い。
    Gmail/iCloud/Exchange/一般IMAPと、さまざまなアカウントを1アプリにまとめられるのも強み。

 

 

総評

私なりに「Inbox」を中心に「Mailbox」「Outlook」を比較してみましたが、従来メールクライアントからの移行先としては「Outlook」が取っ付き易いかなと思います。
Google信者としては「Inbox」を使い込んでいきたいのですが、ぶっちゃけまだまだ改善の余地がありすぎる感じ。
まあそこは天下のGoogleさん。どんどんアップデートされていくことに期待したいですね。

 

 

 

 

.

posted by Huwy at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

【WEBサービス】AWS WorkSpaces 東京リージョン選択可能に

こんにちは。

Amazon Web ServiceのデスクトップサービスであるWorkSpacesで、東京リージョンが選択できるようになりました。

サービスローンチ当初はアメリカ本土のリージェンしか選択できずレスポンスにストレスを感じたり、またコスト面で折り合いがつかず、利用は見送ったままでしたが少し快適に使えるようになるのかもね。 ごめん、試してないです。

 

 

試してないので、これ以上書くこともなかったりして・・・ホントごめん。またね。

 

 

 

.

posted by Huwy at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

【WEBサービス】Amazon WorkSpaces

こんにちは。

プレビューに申し込んだのが遅かったせいか、順番待ちしているうちに全開放されちゃいましたね。 Amazon WorkSpaces。

 

 

ただし、いまだ米国リージョンということでOSは英語版だし、日本語キーボードも対応していません。

レジストリまでいじってみたもののダメでした。
ただ日本語がまったく受け付けられないわけでなく、IMEのキーマップをカスタマイズすれば入力は可能ですし、諸々の外様アプリケーションも日本語版をインストールすればちゃんと日本語メニューは出てきます。

本来は企業内の端末整備負担を支援するものなので、私のように「自宅PCのCPUファンを回したくないから」という超絶自己中な個人用途にはいささか不向きです。

レスポンスは悪くないものの若干の遅延があります。
CPU負荷かけずにYouTube見放題だぜ!なんてムシの良い話にもならず、画質も粗くカクカク再生になります。
それが米国リージョンゆえの物理的距離のせいなのか、はたまた受信側であるこちらのネット回線の貧弱さゆえなのかは判断できません。

 

 

スペックは選択できますが、最低でも$35/月。 年間で42,000円という料金は薄給サラリーマンにはやはり大きな負担です。

例えば現在の自宅PCは総額約100,000円。 頑張って5年使うとして年間20,000円という計算になります。
最近はPCも低価格になってきましたし、ハードウェア負荷軽減/メンテ不要というアドバンテージだけに2倍以上の価値観を見い出せるかどうかは、正直微妙なところです。 っていうか、先にも書きましたが、そもそも個人用途は前提となっていませんしね。 負荷は社員にシワ寄せればいい、というブラック発想のうちのボスに提案しても、まあ無駄でしょうね。

 

 

 

 

.

posted by Huwy at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

【WEBサービス】Feedlyさん、セコ〜い

こんにちは。

Feedlyに有料のProアカウントオプションが提供されるようです。

 

 

Proアカウントの特典は以下。

  1. 購読フィードから記事検索が出来る
  2. Evernoteへ1クリック転送
  3. HTTPSによるセキュアアクセス
  4. プレミアムサポートの提供

上記1, 2は私も過去記事で愚痴った不満を解消するものですが、まさか有料オプションになろうとは。 気前よく全ユーザが使えるようにしてほしいものです。

さて、肝心のお値段ですが、

  • $5/月
  • $45/年

という選択式になっているようです。
なお、現在は$99でライフタイム(つまり1回払い切り)アカウントを先着5000ユーザまで受け付けています。
私も今後の機能充実を期待してライフタイムアカウントへアップグレードしちゃいました。
たった5000ユーザ限定ながら、この時間でもアップグレード出来ちゃったところを見ると、多くのユーザさんが「1万円も払う価値無し」と判断したんでしょうかね。

 

 

 

.

posted by Huwy at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

【WEBサービス】Digg Readerが良い感じ

こんにちは。

いよいよ終わっちゃいましたね、Google Reader。
数ヶ月前のこのショッキングなニュースのあと、私はすぐに代替サービスを模索し始め、「Feedly」に落ち着きました。
「Feedly」は確かに素敵なサービスですが不満もチラホラあり、固執する理由は特に見当たりません。
タイムリミットが差し迫った6月末には様々な新規サービスが続々と参入してきましたので、改めてニュートラルな気持ちで各サービスを検証してみました。

その中でわりと気に入ったのが「Digg Reader」です。
ほぼGoogle Readerと同じインターフェイスで、シンプルで軽快。
まだ始まったばかりのサービスで機能不足は否めませんが、公式さんはどんどん機能強化していくことを宣言されています。

ただ、「Digg」はRSSリーダー専門サービスではなく、本来はソーシャルニュースメディアです。 Digg Readerはあくまで機能の一部に過ぎません。
私は変な拘りがあって、目的の機能(この場合はRSSリーダーですね)がメインじゃないサービスはぶっちゃけ使いたくなかったりします。
まあGoogleなんてもっと手広い複合サービス群なので、この拘りも破綻しているのですが、Digg Readerに関してはご紹介するにとどめ、私ぁやっぱり「Feedly」で生きていきます。
いずれにしてもDigg Readerはまだ発展途上なので、時々機能強化具合をチェックしつつ、良いと思えたら移行しよっかな。

 

 

 

.

posted by Huwy at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。