2013年03月29日

【WEBサービス】Feedlyで困ったこと

こんにちは。

先日も取り上げたGoogle Reader終了問題。
私は代替として「Feedly」を使うことにしました。 ただ使っていくうちにいろいろ困ったこともあり、今回はその解決経緯を書きます。
偏ったな使用法/偏った環境でしか発生しない問題ばかりですので、ほぼすべての皆さんにとっては無益な記事です。 極少数の同じ問題に悩む方々のお役に立てれば幸いです。

 

 

 

PocketおよびEvernoteへの転送

FeedlyではPocketやEvernoteへの転送機能がデフォで提供されているものの、「ワンクリック」というわけにはいかず、いちいち転送確認ページが開きます。
正直面倒くさい(´・ω・`)

私の環境では特にEvernote転送処理がやたらと時間がかかったり、文字化けが発生しやがるので、フィードからオリジナルページを開いて、ChromeのEvernote公式アドオンを使って転送しています。 手間が掛かる点は同じですが、バックグラウンドで転送してくれるだけこちらのほうがマシなので。

Pocketに至ってはもう使用を止めました。 Feedlyの「Save for later」機能で十分なので。

2013/08/05追記:
Feedlyが有料のProアカウントの提供を開始したことにより、Evernoteへは1クリック転送が可能になりました。
拙記事:【WEBサービス】Feedlyさん、セコ〜い。

 

 

 

Feedly miniに一部ボタンが表示されない

Feedly miniはブラウザで開いている任意のページの右下にオーバレイされる小さなメニューです。
このメニューから各種SNSへのシェアや、メール送信、Save for laterが可能です。
このメニューの挙動がどうも不安定でした。 Save for laterボタンとEvernoteボタンだけ表示されないのです。

同一Feedlyアカウントを使用する別の環境では問題ないので、Feedlyの設定ではなくどうやらChromeアドオンの何かと競合しちゃってるな?とにらみ検証してみました。

結論としては思ったとおりでした。
FeedlyのChrome向けアドオンは2種類あります。

どういった経緯か忘れましたが、問題の発生していた環境にはこの2つをインストールしていて、後者を削除することで解決しました。
両方ともFeedly公式です。 それぞれ少しづつ役割が違うので、私のように両方インストールする可能性もあると思うのですが、確認してなかったのかなあ。

 

 

 

Facebook連携

Feedlyで読む記事ごとにFacebookシェアボタンが表示されますが、クリックしても無反応でした。 またTwitterとFacebookのタイムラインをフィードリストの右側に表示させる機能がありますが、これもFacebookタイムラインだけ表示されず。

・・・まあ結果的にFeedlyさんに落ち度はなかったんですが(汗)

Chromeアドオンの「DoNotTrackMe」のような、トラッキング情報を制限するアドオンを使っていると上述のような現象が発生します。
「DoNotTrackMe」はURLドメイン単位で機能を無効化出来るので、Feedly.comにおいて無効化してあげることで解決しました。

逆に言うと、Facebookはトラッキング情報をゴリゴリと吸い上げてるということですかね。

 

 

 

追記:個別記事の検索

こちらはコメントでも話題に上がりました。
Google Readerの代替候補No.1を標榜するFeedlyですが、Googleファミリーの大きなアドバンテージである強力な検索機能がFeedlyにはありません。

コンテンツサイトをWEB全体から検索する機能はそこそこ使えますが、既読記事やSaveForLaterに保存した記事の個別検索が出来ません。
Feedly公式フォーラムでも不満続出です。

2013/08/05追記:
Feedlyが有料のProアカウントの提供を開始したことにより、購読フィードの記事検索が可能になりました。 日本語検索もバッチリよん♪
拙記事:【WEBサービス】Feedlyさん、セコ〜い。

 

 

 

追記:個別記事の外部からのポスト

モバイル版Feedlyアプリの中で表示させた任意の個別WEBページをFeedlyに取り込むことが可能ですが、 たとえばSafariやChromeでブラウジングしているWEBページを転送することは出来ません。

PCにおいてはFeedly Miniを使うことでこの問題を解消できますが、これも所詮はブラウザの拡張機能としてバックグラウンドで動いているからであって、「Feedlyの外」からポストしているわけではありません。

ポスト用のメールアドレスがあるわけでもなく、また私の知る限りブックマークレットもありません。 どなたかなんかいい方法知らないっすか?(´・ω・`)

2013/06/23追記:
WEBサービスをマッシュアップ出来る「IFTTT」が、Feedlyのサポートも開始しました。   これにより、かなり強引ながらこの問題を解決できましたので、その方法について記事を起こしました。
拙記事:【WEBサービス】Feedlyに外部からポスト

 

 

 

さいごに

Feedly運営陣は週単位でのアップデートを宣言してますし、ユーザからのリクエストもガンガン集まっているようなので、上記で挙げた問題はいずれ解決していくかもしれません。
いまやRSSリーダとしてダントツの注目度をもつFeedlyですが、あと3ヶ月の間により魅力的な競合サービスが現れないとも限りません。

7月1日のその日を迎えるまで、まだまだ検討の日々は続きます。

 

 

 

 

.

posted by Huwy at 04:04 | Comment(4) | TrackBack(0) | WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

【WEBサービス】 Google Reader、サービスやめるってよ

こんにちは。

いきなり「桐島、部活やめるってよ」をパロったタイトルでおふざけが過ぎましたが、RSSフィードが情報収集の要である私にとっては、実はかなりの一大事。
2013年07月01日をもって、Google Readerが終了してしまいます。

フィードデータを他サービスに移行することはそう難しいことではありません。
問題なのは、これまでのフローが維持できるか?という点に尽きます。
このブログでも度々書いてきましたが、私の情報収集フローとは、

  1. RSSリーダにとにかくかき集める
  2. 1次振り分けとして興味を惹かれた記事をPocketに転送
  3. 2次振り分けとして恒久保存したい記事をPocketからEvernoteにクリップ

1からいきなり3というケースもあります。
この流れを、PCのブラウザでもiPhoneでも同期しながらまったく同じことが出来ないと嫌です。嫌なんです。

天下のGoogleファミリーとして、Google Readerの周辺には実にさまざまなサードパーティ製サービスが集まり、Googleアカウントを中心に同期も簡単に行えていました。
Google Readerに代わるRSSリーダサービスで、同様の使い勝手は期待できるのでしょうか? じっくり検討する必要があります。
と言ってもポイントは限られています。 つまり、

  • PocketやEvernoteに簡単に転送できること
  • iOSアプリがリリースされておりWEB版と同様に
    PocketやEvernoteへ転送できること

そんなポイントに注目しつつ、代替サービスをいくつか検証してみました。
なお、デスクトップアプリケーションでも優れたRSSリーダーは数多くありますが、私はiPhoneとの同期を重視するためWEBサービスに限定して検証します。

 

 

 

Feedly

今回のGoogle Reader終了騒動でまっ先に名の上がっているサービスです。
なぜまっ先に名があがるかと言えば、Feedly自身がまっ先に名乗りをあげたからです。
なんでもGoogle Reader終了を予見し、メジャーポジションを獲得すべく着々と下準備をしていたのだとか。
Google Reader APIのインタフェースに良く似たAPIも準備し、サードパーティにアピールしているようです。

Google Reader(というかGoogleアカウント)とのリンク機能標準搭載っ! OPMLファイルを介してエクスポート/インポートする必要すらありません。 Google Reader終了の際にはフィードリストをそのまま引き継ぐものと思われます。
Pocket/Evernoteへの転送機能も標準搭載っっ! そもそもFeedly自体に「あとで読む」機能があるので、もうPocket要らないかも・・・。
iOSアプリも(もちろんAndroidアプリも)しっかりサポート。 若干クセのある操作性ですが基本機能はバッチリ抑えています。

さすが自ら名乗りを上げるだけあって、なかなかの充実ぶり。

 

 

 

NetVibes

iGoogleやYahoo! My Pageのようなダッシュボードを作成できるWebサービスです。
もちろん今回の目的であるRSSリーダーのみのダッシュボードを作成することも可能です。
Google Readerのフィードリストのインポートも出来るし、単体のRSSリーダーとして、また本来のダッシュボードサービスとしてはとても良く出来たサービスだと思います。


ただし、PocketやEvernoteへの転送はメールを介して行うことになり、かなり手間です。
またiOSアプリは存在せず、iPhoneからはモバイル版Webサイトにアクセスすることになります(サイト自体はとても使いやすいですが)。

ま、今回はちょっとパスですね・・・。

 

 

 

Livedoor Reader

ホリエモンさんは塀の中でも元気ですね・・・と余計な話は置いといて。
国内ソーシャリングに強いRSSリーダーを求めるなら、Livedoor Readerという選択肢もありですね。
タイトルのみリスト表示させてダダダ〜と振り分けるスタイルが好きなのですが、私にはリスト表示に変更する方法が分かりませんでした。
キーボードショートカットを使えば、気にすること無いんでしょうけどね。

なんでも自分とこだけで完結させたがる国内企業らしく(まあGoogleやAppleも然りですが)、PocketやEvernoteとの連携はサポートされておらず、メールを介することになりそうです。
iOSアプリはいくつかリリースされており、シンプル・速い・使い易いと評価も高いようです。

・・・すいません、Feedlyの完成度に心酔し切ってしまい、もはやlivedoor何某には無関心ですww
ただ、冒頭で述べたように、人気記事の把握などソーシャリング機能を重視する方には非常に有用だと思います。

 

 

決めたで!

検証はたった3サービスだけでしたが、Feedlyに移行することに決めました。
画面UIがシンプルなのと、私にとって必要十分な機能が標準で備わっている点が大きなポイントとなりました。 そして「あとで読む」もPocketの利用を止めFeedlyに一本化するつもりです。

まだまだたくさんのRSSリーダーサービスが存在することでしょう。
Google Reader終了まではまだ時間があることですし、ベストな選択をしたいのでお薦めサービスがあったら是非教えてください。

追記:
Google Reader終了のニュースはネット上を駆け巡っているわけですが、「RSSという仕組みそのものの終焉」という論調が多いことに正直驚いております。
いまだにRSSベッタリな私は時代遅れなんですね・・・(TдT)

代わって情報収集源のメインストリームとして台頭するのは、Twitter/Facebook/Google+を始めとするSNSや、Gunosy/Antennaなどのキュレーションサービスだということ。
でも、オンラインでも人見知りの激しい私は前者が苦手だし、後者はそのSNSのアクティビティ履歴をもとにレコンメンドされるしし・・・。

インターネットというフィールドも、もはや”現実社会”の一部にすっかり組み込まれた現代。 かつては「コミュ障の拠り所」という側面もあったネットですが、やはりどんなフィールドでもコミュニケーション能力はとっっっっっても重要だということですね。

考えすぎ?

追記の追記:
GIZMODEでもいろいろなサービスを紹介してたよ。

 

 

 

.

posted by Huwy at 01:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

【WEBサービス】GoogleSyncもう制限されてる?

2013/01/17追記:
コメントにてGoogle先生公式の完璧な解決手段を教えていただきました。

こんばんは
自分も同じく悩みましたが、以下URL参考にで同期するカレンダー追加出来ましたよー
http://support.google.com/a/users/bin/answer.py?hl=ja&answer=139206
参考なれば幸いです

tonkatu66さん、ありがとうございます!


こんにちは。

2013年1月いっぱいでGoogleSyncの新規利用が終了するというニュースは、特にiOSデバイスユーザにはショッキングでした。
もちろんGoogleSync終了後でも、GoogleアカウントとiOSデバイスの同期は可能ですが、「プッシュ」されなくなります。 これはかなり痛い。
まあそれでも既存ユーザはそのまま利用可能だということで安心していた私ですが、Googleカレンダーに新規追加したカレンダーが同期できなくなっていました。

iOSデバイスにGoogleSync(Microsoft Exchange)の設定を行っただけでは、Googleカレンダーのデフォルトカレンダーしか同期されません。
追加したカレンダーを同期させる設定をWebページ上か行うことで任意のカレンダーも同期できていたのですが、このWebページもすっかり内容がCalDAV用に変わっているようです。 (※: https://www.google.com/calendar/syncselect
iPhoneで試行錯誤してみたのですが、新規カレンダーはついぞ認識されませんでした。

しかたなくCalDAVアカウントをiPhoneに追加してみてみました。
この場合、新規カレンダーもしっかり認識してくれるものの、案の定プッシュ非対応です。 まあこれでもiOS標準カレンダーアプリからのフェッチは受け付けてくれます。

が、私が使用しているカレンダーアプリ(staccal)は直接Googleアカウントの指定が出来ず、標準カレンダーアプリを経由して同期します。
つまり標準カレンダーアプリでフェッチさせてからでないと、最新状態になりません。 これは使えない・・・。
モバイルデバイスのバッテリー持ちを考慮し、なるべくフェッチ間隔を長く保ちたいところです。 バッテリーと情報鮮度を天秤にかけることになりそう。

どなたかGoogleカレンダーの従来の同期カレンダー選択Webページにアクセス可能な方法をご存知の方いらっしゃいませんか?(´;ω;`)
もしくは、起動時にGoogleアカウントに直接フェッチできるカレンダーアプリでもいいです。

2013/01/13追記:
「Googleアカウントに直接フェッチできるカレンダーアプリ」、いろいろ検索してみましたが、軒並み600円前後と高額ですね(・_・;
GoogleAPIのライセンスの問題なのかな? せっっかくGoogleSync使えてるのにこれはバカバカしいので、これらアプリの購入は最終手段にしよう・・・。

 

.

posted by Huwy at 04:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

【WEBサービス】GoogleReaderからEvernoteへ送る

2013/03/14追記:
エラいこっちゃ〜! 2013年07月01日をもって、Google Readerが終了します。
代替サービスへの移行、そしてもちろんIFTTTのレシピも考え直さないとね!

 


こんにちは。

前回のエントリで挙げたlifehackerさんが紹介する方法によって

GoogleReaderでStaredしたら、Mobilizeしたうえで
Evernoteの指定NoteBookに指定TagでSaveする

が実現出来ました。
lifehackerさんの紹介は少々粗かったので、詳細方法を備忘録としてメモ。

続きを読む
posted by Huwy at 08:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

【WEBサービス】Chromeのブックマークをタグで整理:Stashmarks

こんにちは。

Lifehackerからの転載。 Chromeブラウザのブックマークをインデックス化して、タグで整理/検索が可能なWEBベースのブックマークサービス「Stashmarks」のご紹介。
まだβ版ということもあり、疑問や残念な点もあります。

 

まずは登録

メールアドレスとパスワードを入力して、βテスタとしての登録を行います。
テスター言うても、なんか報告義務とか特にありません。
っていうか、登録メアドになんの通知も来ないや(´・ω・`) いい加減すぎね?

登録が完了すると、Chromeエクステンションのインストール確認が表示されます。
ちゃきちゃきとインストールしちゃいましょ。 インストールが完了すると、Chromeのブックマークのアップロード処理が開始されます。
この時点で問答無用のアップロード開始ですので、お気に入りエロサイトやネットバンキングサイトなど、素性の分からん輩にアップロードしたくないブックマークは事前に退避しておきましょう。 重ねて書きますが現在はβ版です。 本稼働ではアップロードするブックマークを取捨選択できる機会があってもいいかなと思いました。

 

インデックス化後

アップロード&インデックス化が完了すると、晴れて利用可能となります。
この初回アップロード時には、Chromeブックマークの「フォルダ」を基準にタグ付けされます。 つまり「ルートフォルダ>サブフォルダ>詳細フォルダ」という階層に登録していたアイテムには、自動で「ルートフォルダ」「サブフォルダ」「詳細フォルダ」というタグが付与されます。

カロリー高そうな食い物ばかりのブックマークなのはご愛嬌。

 

ブックマークの追加

Stashmarksベースで今後もブックマーク管理を行なっていくのであれば、Chromeエクステンションのインストールで追加されるアイコンをクリックすることで、現在のタブで開いているページをStashmarksに追加できます。 タグも同時に指定できます。

例が時の内閣総理大臣なのはご愛嬌。

StashmarksのChromeエクステンションを使わずに、普通にブックマークするたびに自動で追加してくれても良さそうなもんですが、じゃあタグはどうするの?とか、いろいろ面倒そうでもあります。 本稼働時には、私の単純な頭では思いも付かない解決策を期待したいところ。

 

ご不満点

ご不満もご不満。 日本語で検索できないよヽ(`Д´)ノ

あとLifehackerでは本文検索も出来そうなことが書いてあったような気がしないでもなくもないかもしれない感じなのですが、冷静に考えれば更新が頻繁な昨今のWEBページでは本文検索なんて無意味でしたね。 というわけで本文検索は出来ませんでした。

しつこいようですが、β版です。
本稼働の際には多言語対応していただきたいなあ。

と、ざっくりご紹介してきましたが、日本語話者にとっては今のところ使い物になりません。
エクステンションがChromeにしか無いのもいかがなもんですかね。
あ、ちなみに追加登録は無理だけど、Stashmarksの利用だけなら、IEでも可能なことを確認しました。 一応「マルチブラウザでブックマーク共有」が可能ってことですね。
PC/スマホ/タブレットなど、ブラウザさえあればその垣根も越えて共有可能です。

既存のWEBベースブックマークサービスとの差別化をどう取ってるのか(取っていくつもりなのか)さっぱり見えませんが、ま、こんなサービスもあるよってことで。

追記:
あれ?なんで私は使い物ならないサービスを紹介したのだろう?
あれ?あれ?
疲れてんのかな・・・・

 

.

posted by Huwy at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする