2016年08月30日

【ガジェット】SONYユニバーサルリモコン「HUIS」大型アップデート(ローンチ)

こんにちは。

ややフライング気味にHUISのアップデートがローンチされました。

 

UI CREATOR

※UI CREATORを利用するためには、HUIS本体のファームウェアをver3.0.1以上にアップデートする必要があります。

 

素材集

同時に素材集としてUI CREATORで使えるアイコン集も公開されています。

 

ちょっと用途が限定的かな〜?な6種類です。

もちろん、ユーザが作成した(またはどこからか流用した)アイコンも使えます。

 

使ってみた

先述のようにHUIS本体のファームウェアをアップデートする必要があります。
アップデート完了後、HUISをPCに接続すると、本体に見慣れないメニューが・・・。

ファームウェアver3.0.1からは、PC接続時の挙動を選択するようになったようです。
クレードルの電源をPCとした場合の配慮ってことかな?

で、UI CREATORを使う場合は「パソコンと接続」を選択。
以下のような画面になります。

この状態になったら、おもむろにUI CREATORを起動してみます。

ぶっちゃけですね、よく分かりません。
フライングローンチのためか、マニュアルが整備されていないんです。
触った感じだと、

  1. HUIS本体で、カスタマイズ元となるベースリモコンを作成する。
  2. UI CREATORで、ベースリモコンを元に、背景やボタンアイコン・
    テキストの差し替え、ボタンの大きさ・位置の変更を行う。
  3. ベースリモコンとは別の新しいリモコンとして、HUIS本体に同期する。

・・・らしいです。

背景を設定してみた画面です。
中央ペインが新規に作っているリモコンのレイアウト、左ペインは現在カスタム中の要素(上図の場合は「背景」)、右ペインはHUIS本体に現在作成してあるリモコンです。
ちなみにこのお馬さんの背景画像は元々カラーですが、わりとキレイにグレースケール変換してくれますね。

 

HUIS本体に作ってあった照明リモコンをカスタムしている画面です。
(この時点で、さっきの背景は取り消してあります。)
右ペインから要素をダブルクリックすると、まずはそのまま中央ペインに反映されます。
これを左ペインで個別に弄っていくという流れのようです。
今回は、電源マークを照明イラストに、EXITラベルをOFFアイコンに変えてみました。
中央ペインでは、グリッドに沿った形で大きさや位置の変更も可能です。

なお左ペインの「アクション」では、

  • ワンタップだけ反応させるか、長押しで繰り返し反応させるか
  • この要素にベースリモコンのどの機能を割り当てるか

を指定できるようです。
繰り返しますが、マニュアルがまだ未整備なので細かいことは分かりません。

 

さっそく上記で作ったリモコンをHUIS本体に同期させてみました。


もちろんちゃんと機能します。

 

 

感想

まだ謎が多いですが、現時点での感想です。

  • 今回は公式サイトで公開されている素材を使ってみましたが、素材データは単なる画像ファイルなので、自前で準備さえすればデザインは無限大。いいねっ!
  • HUIS本体でベースを作る必要がある(らしい)。
    それが面倒だったからこそUI CREATORに期待した部分もあったので
    ちょいと残念。
  • やはりマクロ機能は見送られたようです。んー・・・残念。
私は手を出しませんでしたが、事前に一部ユーザに向けてクローズドテストを行っていたはずですが、良質なフィードバックが無かったのかなあ・・・。
勝手に期待値を上げすぎていたのでしょうか、当初から謳ってる機能は必要十分なのですが、正直申し上げてちょいと物足りなさを感じてます。
まぁまだローンチされたばかりです。 今後のバージョンアップでどんな機能が追加されるか予想も立てられませんが、楽しみにしときましょう。

 

2016/08/30 17:00 さっそく追記:
マニュアルが公開されました。
http://helpguide.sony.net/remote/huis_ui_creator/v1/ja/index.html

ん〜・・・読んでみたけど、この記事で挙げた内容でだいたい合ってるみたい。
もうちょい細かい内容を期待したんですが・・・。

あ、たったいまクレードルも佐川男子が届けてくれました。
そちらのレビューはまたの機会に。

 

 

 

 

.

posted by Huwy at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

【ガジェット】SONYユニバーサルリモコン「HUIS」大型アップデート(予定)

こんにちは。

過去の記事で取り上げたSONYのユニバーサルリモコン「HUIS」が、2016/08/30に大型アップデートされるとのメールが届きました。

<アップデート内容>

  1. パソコンでリモコン画面を柔軟に編集できる「UI CREATOR」のリリース
  2. Bluetooth通信機能を備えたクレードルの発売
  3. 本体を上記2点に対応させるためのファームウェアアップデート

 

細かく見ていきましょう。

 

 

1. UI CREATOR

当初は2016年春を予定していたので、ちょいとズレ込みましたね。
さらに、当初予定されていて私自身楽しみにしていた、いくつかの機能は省かれるもよう。
以下の機能を期待していたのですが、実装されないようです。

  • マクロ機能
  • トグル機能

ただ、サンプル画面を見るとかなり柔軟にリモコン画面をデザインできるっぽいので、
本体だけでデザインした場合の融通の利かなさは、大きく改善されそうです。

なお、対応OSはWindows7SP1以降となっています。
Macユーザ激オコですね。
まあ、Apple好きの皆さんは、そもそもSONY製品になんか手を出さないかな?

 

 

2. クレードル

こちらはBluetooth機能が目玉ですかね。
当初の謳い文句からは、IoTハブっぽい位置づけにしたいのかな?と思っていたのですが、ちょっと違うみたい。
本体 – クレードル – Bluetooth対応機器、という繋がりで、本体からBluetooth対応機器を操作できまぁす♪ということらしいです。
HID( Human Interface Device profile) に対応した Bluetooth機器が必要とのことで、公式サイトでは例として「セットトップボックス」「ゲーム機」などを挙げています。

もう1つ、クレードルのボタンを押すことで本体が反応し、部屋のなかで行方不明になったときに便利♪という機能もあるようです。

クレードルはSONYのオンラインストアや実店舗Amazonヨドバシ.comYahoo!ショッピングなどで一般販売され、2016/08/18現在、購入予約受付中です。
HUISをクラウドファウンディング「First Flight」で購入したユーザには、優待クーボンが発行され、2000円割引で購入できます・・・ちぇっ、もっと優待してくれよ・・・。
(優待クーポンが使えるのはYahoo!ショッピングだけみたい)
Bluetooth機能も本体を探す機能も、ぶっちゃけ私には不要なんだよなあ。
クーポンで割り引かれても決して安くないし、充電のし易さくらいしか私にはメリットが無いですが、まあ購入しちゃうと思います。

 

 

さいごに

これで、HUIS関連の製品がひと通り出揃うことになります。
当記事で上げた、ソフトウェアやクレードルも含め、トータルの使い勝手などについては、また後日レポートしますね。
前回記事でも書きましたが、ユニバーサルリモコンとしては高価な製品ですから、ご購入を検討されている方は、こうしたレポートがあがってからご判断されたほうがよろしいかと思います。

 

 

 

.

posted by Huwy at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする