2018年12月25日

【WEBサービス】Gmail出戻り準備

キャプチャ

こんにちは。

Inbox by Gmailの終了まであと数ヶ月、そろそろ本家Gmailに戻って慣れておかなきゃと久しぶりに使ってみると、まあグチャグチャで管理しづらい状態。 というのも、Inboxでは意識しなくてよかったことがGmailでははっきり見えてしまうからなんですね。 具体的にはラベルの構成や自動振り分け設定です。   気にしなきゃいいんでしょうけど、こういう変なところでA型の几帳面さが顔を出すので本人としても困ってます。
そこでこの際がっつり整理してやろうってことでラベルと自動振り分け(フィルタ)設定を見直すことにしました。

続きを読む
posted by Huwy at 00:48 | Comment(0) | WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

【iPhone/iPad一般】Appleさん、杜撰だよ

こんにちは。

AppleのiPhoneバッテリー交換プログラムを利用してみました。
今月いっぱいが期限なので駆け込み需要が集中してるようで、AppleStoreの予約が取れない状況だそうですね。
私は郵送で送ってみました。 が・・・、発送後1週間経った今日現在まだ返却されていません。
持ち込みだろうと郵送だろうとパンク寸前であることには変わりないようです。

しかしパンク寸前とはいえ、ちょっとカスタマを不安にさせすぎじゃないですかね?Appleさん。
というのも、受付番号を元にWEBで状況確認できるページがあるのですが、いまだに「そっちに梱包材送ったよ」というステータスのままなのです。
もう梱包材は受け取ったし、ヤマト運輸さんで発送したし、その伝票に依ればもうそっちに到着してるし・・・。

そっちに到着してから追跡出来てないんじゃないの?ロストしてない?と気が気ではありません。
だから電話してみました。 そしてこの電話対応もまた酷い・・・。
都合3回電話したのですが、言ってることが3回とも違うのです。

1回目
完全なる虚偽報告。
結局まだ修理に着手すら出来ていないことが後に分かるのですが、この電話ではもう返却発送したとの回答。

2回目
こちらからAppleに送った往路伝票番号を、Appleからこっちに送り返した復路伝票番号だと言い張る。 いやいや、その伝票の発送元はうちのマンションの2軒となりのヤマト営業所なんだけど?しかも日時はまさに私がヤマトさんに預けた時刻なんだけど?
挙げ句の果てには、この伝票番号は往復分を扱ってるのだ!とか嘘ついたり、ADSC(Apple Delivery Support Center)の意味も理解していない模様。

3回目
ようやくまともな回答。
到着はしているが、まだ修理着手の順番待ちであり返却発送には至っていない。
あと2,3日で届くだろう。

で、2,3日待ってみたんですが結局届かず。
チャットでも問い合わせてみました。
とにかく今どういうステータスなのか知りたい。

チャット
ようやくこちらの不安やイライラが伝わったもよう。
駆け込みのバッテリー交換依頼が殺到していてAppleからの返却は到着後10営業日以上掛かる、との回答。

これももはや素直に信じることが出来なくなっていますが、まあ待つしかないので待ちましょう。
ついでにWEB上のステータスを最新化しとくれってリクエストしましたが、こちらにも手が回らないようす。

・・・ってしばらくして再確認してみたら、ヤマト運輸さんの往路伝票番号の表示を消してやがる・・・!!
え?なに?そっちに到着してるって事実も隠蔽したいわけ?
マジで私のiPhoneをロストしちゃってるんじゃないの?おいおい・・・

しかしこういう時には卑しい性格を発揮する私。
伝票番号はしっかりメモに控えてあります。
次にまた問い合わせることになって「え〜?まだ到着してないんじゃなぁい?ヤマトさんに確認してみて?」とか言い出したら、さすがにブチ切れていいですよね。
っていうか最後のチャットでは到着してることを認めてるし、わざわざ向こうから往路伝票番号書き出してるし、そのチャット全文はご丁寧にもAppleからメールで送られてきていますから、そんな言い逃れできやしないんですけどね。

・・・と締切間際に駆け込んだ私も私です。 このイライラも抑えなきゃいけないんですけどね。 もはやモンスタークレーマと言われてもおかしくない状態ですよ。
ここで一句、「モンクレは先方の対応によっても生まれる

とにかくあちらに到着後の個体管理は相当大雑把で、たんなる順番待ちなのか、本当に失くしたのかも把握出来ない状況らしいです。
幸い?にも郵送したのは現在では私のサブ機に成り下がってるiPhone6です。
自宅で暇つぶしに使えないって程度のリスクしかありません。
到着後10営業日は12月21日にあたります。 それ以降なんの変化も無かったらロスト認定させて、弁償としてiPhoneXSでも要求してやろうかなw
それこそガチでモンスタークレーマですね。

なにか進展がありましたらこの記事を更新します。
ではでは。

2018/12/19追記:
さっそく訂正w
往路伝票番号はAppleIDにログインすれば見れました。
これまでリンクを踏むとまず認証を要求され、それをパスしないと何も情報が得られなかったのですが、今はリンクを踏むと概要がすぐに確認できます。
個人情報に繋がりかねない伝票番号は認証後画面に隠蔽したということなのでしょう。


2018/12/28追記:
動き出すと意外と早いですね。 26日にようやく修理に着手したと連絡があり、そして今日28日に出荷連絡がありました。 Appleに到着したのが10日ですから修理着手まで12営業日、修理して出荷準備に約2営業日。 どれだけ修理依頼が殺到していたのか窺いしれます。 届くのは明日29日です。 こちらからの出荷日12月08日から数えて21日ぶりに私のiPhoneさんがお戻りになられます♪
しかしそれはそれ、電話対応のマズさはどんなに忙殺されてようとチャラにはなりませんよ?(わ〜〜!モンスタークレーマー怖〜〜い!)

ところで今さらぶっちゃけますが、今回修理に出したiPhone6、実はJailbreak(脱獄)してます。 さらにさらに出荷時のバッテリーは街のiPhone修理屋さんに1回交換してもらってる非純正品です。 周到に痕跡を消す工作をして出荷しましたが、おそらく平時であれば脱獄を見抜き非純正バッテリーも見抜き、修理対応不可で送り返されていてもおかしくありません。 この締め切り間近の殺到・忙殺状況に紛れこませることで、チェックが疎かになるだろうという計算は確かにありましたよ。
そのくせ自分のことは棚に上げて3回も電話で問い合わせたりして、ほんとにモンスタークレーマー以外の何者でもありません。 まあ明日到着するまで分かりません。 箱を開けたら「いじくりまわしやがって、ふざけんな! by ティム・クック」ってお手紙が入ってるかもしれませんね。
     

2018/12/29追記:
さきほど届きました。 厳重な梱包はさすがにAppleさんという感じ。
さて、予想はしていたもののやはり最新iOSに勝手にアップデートされてました。
こうなると今のところ再Jailbreak(脱獄)出来ません。 まあこのiPhone6はサブ機であって、多少使い勝手が悪くても困らないのですが。

さてさて、納品書に目を通します。
ふむふむ、バッテリーの交換したよと書いてあります。 しかしそのあとに気になる文面が・・・。
「この修理がiPhoneの製品保証またはAppleCare契約の対象外だった場合、領収書を別途お送りいたします。」
先述したようにこのiPhoneはJailbreak(脱獄)してましたし、市井の修理屋さんで非純正バッテリーに交換もしてもらってました。 そして私はAppleCareに加入してません。
なんかこの注意書きに思いっきり該当してる気がするんですけど・・・。 後日高額な領収書が送られてきたらどうしよう・・・。 と、少し心配になりましたが、見積もりも告知せずに後から高額請求なんてヤバい業者みたいなこと、天下のAppleさんがするハズがないですよね。 ・・・・・・・・ですよね??



      
    
    
   
.

posted by Huwy at 00:43 | Comment(0) | iPhone/iPad一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。