2021年08月08日

【スマートホーム】え?Beebotte終わり?

こんにちは。

我が家のスマートホームの構成要素の1つとして「マンションのエントランスドアを鍵を使わずに解錠する」というフローがあります。
このフローは次のような仕組みにしていました。
  1. スマホからMQTTブローカBeebotteにWebhook送信
  2. BeebotteからサブスクライバであるRespberryPiにメッセージ送信
  3. RaspberryPiのNode-REDでメッセージを受信しBluetooth経由でSwitchbotを操作
  4. Switchbotで室内インターホンのエントランスドア解錠ボタンを押下
このフローがひと月前ほどから不安定になり、エントランスで立ち往生することが頻発していました。
数回チャレンジすれば正常動作するので、私は上記3のBluetooth送信が不安定なのかなと思っていました。
ちなみにこの場合、普通に物理鍵を使って解錠してたので実害がありません。
こういう事態に備えて常に物理鍵を持ち歩くという全然スマートじゃないホームだったというわけです。

今日(2021/08/08)になって完全に動作しなくなってしまい、上記3を疑っている私はNode-REDのデバッグを実施。
その結果、Node-REDのBeebotteノードが受信待ちのままスタックしてしまっていることが分かりました。

MQTTでは実際のメッセージ送信前にブローカとサブスクライバの間で事前通信が行われます。
一応Beebotteノードが反応するので、この事前通信は問題ないようです。
おかしいなと思いBeebotteの公式サイトに何かしらの情報が無いかと確認してみました。

SS-2021-08-08 162956.jpg

・・・サーバ死んでるやんけ!
「GOTO HOMEPAGE」とかボタンが表示されていますが、これがそのホームページです。
え〜〜〜〜〜障害?メンテナンス?それともサービス終了?
ネット検索してみましたが何の情報も得られません。
いずれの原因にせよ何の事前通告も無いとなると突然の障害ということでしょうか?
ひと月前からの不安定さを放置し続けたとなれば、サービスを放棄したのでしょうか?
比較的最近書いた記事が現実となってしまい、サーバ設置を許可しないプロバイダに改めて舌打ちしてしまいましたよ。

さてこうなってしまった以上、対策を考えねばなりません。
別のMQTTブローカサービスを検討するのが現実的でしょう。
はあ、めんど。

追記:
本記事を投稿した2時間40分後の2021/08/08 20:00現在、復旧したようです。
サブスクライバとの疎通も確認出来ましたし、公式サイトも従来どおりアクセスできます。
ただし障害やメンテについての報告はどこにもありませんでした。
本件でいろいろネット検索している中で公式Twitterアカウントも確認しましたが、2019年以降ツイートしていないようです。
もうあまりやる気がないのかな・・・
もしものために引き続き他のMQTTブローカを検討しておこうと思います。






.
posted by Huwy at 17:40 | Comment(0) | スマートホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月21日

【スマートホーム】Nature Remo Local APIが安定しない

こんにちは。

Nature社サーバへの依存度を下げるために、公開されているLocal APIを利用して家電操作を自宅ネットワーク内で完結することにしました。
結論から言うと上手くいかず凍結しています。


セットアップ

Local APIの具体的な利用についてはもうたくさんの情報がネット上にあるので割愛します。
ざっくり書いておくと以下の段取りとなります。
  • Nature Remo本体のホスト名とIPアドレスを調べる。
  • 実行したい家電操作に対応したIRシグナル情報を取得する。
  • IRシグナル情報をHTTPリクエストする。

我が家での問題

セットアップに従って上手く行くには行くのです。
しかし、数時間のインターバルを空けて実行すると、最初の1発目が100%失敗します。
Nature Remo本体からは何のレスポンスもなく原因の特定に至っていません。
失敗の5秒後以降はまた問題なく成功します。


自宅ネットワークの問題?

問題の切り分けが出来ていません。
Nature社もAPI利用の問い合わせには消極的な態度です。

ネット上には同様の例が上がっていないので、もしかしたら我が家のネットワーク固有の問題でインターバル明け1発目のルーティングが失敗している可能性もあります。
自宅ネットワーク内のパケット監視などしてみるとボトルネックがハッキリするかもしれませんが、そこまでやる気もないです。


追記

パケット監視まではしていませんが、様々なパターンで検証してみました。
結果として私はNature Remo本体の問題と結論づけています。
指定したタイムアウト期限までにクライアントに応答できないことが多く家電操作も実行されず、受信後の処理がスタックしてしまってる印象を受けます。
またHTTPレスポンスステータスコード200(=成功)を返してくるもののやはり家電操作が行われなかったりといったことがありました。

いずれも数時間のインターバルを空けた最初のリクエストです。その数秒後からは正常に動作します。
久しぶりのリクエストを受けるとコンディションを整えきれずに失敗するようです。
暖機が必要になる冬の自動車みたいな感じ。

私はHTTPプロトコルについては全くの素人です。
クライアント側はこうしたことを想定して実装するのが常識なのでしょうか?
例えば、まずはサーバにお伺いを立ててから正式にリクエストする所謂コネクション型でリクエストすべき等。
ただしNature RemoのLocal API仕様にはその点には触れていません。
もしかしたらNature Remo本体はNature社サーバと常にコネクションを維持しており、LocalAPIに対しコネクションレスでリクエストしても聞く耳を持たないのかもしれません。

今後この分野に携わることは無いと思いますが、一つの貴重な経験として記憶しておこうと思います。


凍結

Cloud APIは問題なく利用できていて、Nature社サーバがメンテしたり障害が発生しない限りは困ることもありません。
というわけで、Local APIの利用は凍結しました。






.
posted by Huwy at 04:08 | Comment(0) | スマートホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月28日

【Windows一般】Windows11入らんかも・・・

こんにちは。

先日Windows11が発表され同時に「PC正常性チェックツール」も公開されました。
実行端末がWindows11に対応しているか判定してくれるツールです。
(スクショ撮ろうとしたら「準備中」になってた・・・後述します)
Win11Check2.png
画像のリンク先の真ん中くらいまでスクロールするとあります。


さっそく実行

その後ネットではこのネタで沸きましたね。私もさっそくダウンロードして実行してみました。
結果はNG。え〜〜〜〜・・・・。

Win11Check3.png

やれTPM2.0だセキュアブートだと今まで意識してこなかったハードウェア要件があり、それらはUEFIで確認済み。
その他、コチラに示されてる要件はすべてクリアしてるはずなのになあ。

このツールのダメなところは具体的になにが要件を満たしていないのか教えてくれないところです。
きっとネット中からそのツッコミはあったはずで、だからこそ2021/06/28 12:00現在は「準備中」なのかもしれません。
再公開の際にはNG項目を示してくれるようになってるといいですね。


代替ツール

さてWindows11非対応を突きつけられて悶々としているのもつまらないので、きっと有志の方がNG項目も示してくれるクローンを作ってるはず!と睨んで探してみました。
案の定ありました。

紹介記事:
ダウンロード:

実行結果は以下のとおりです。CPUかよ・・・。
まあCPUがポンコツなのは認めますけど、要件はギリ満たしてるじゃん。なにがダメなの?

Win11Check.png

このツールは明確にNGな時は「×」が付くようです。
上記のとおり今回ケチがついたCPUは「?」です。
もしかしたら、案外スルっとWindows11をインストール出来てしまうかもしれません。
判定基準が公式ツールと違う可能性も高いので、結局は「なんとも言えない」結果となりました。

いずれにしろMicrosoftの公式ツールが再公開されてからもう1回確認してみましょう。


追記:
Microdoft公式さんが以下を公表しました。
Using the principles above, we are confident that devices running on Intel 8th generation processors and AMD Zen 2 as well as Qualcomm 7 and 8 Series will meet our principles around security and reliability and minimum system requirements for Windows 11. As we release to Windows Insiders and partner with our OEMs, we will test to identify devices running on Intel 7th generation and AMD Zen 1 that may meet our principles. We’re committed to sharing updates with you on the results of our testing over time, as well as sharing additional technical blogs.

Google先生に翻訳してもらいます。
上記の原則を使用して、Intel第8世代プロセッサとAMD Zen 2、およびQualcomm 7と8シリーズで実行されているデバイスは、Windows11のセキュリティと信頼性および最小システム要件に関する原則を満たしていると確信しています。また、OEMと提携して、Intel第7世代およびAMD Zen 1で実行され、当社の原則を満たす可能性のあるデバイスを特定するためのテストを行いますテストの結果に関する最新情報をお客様と共有すること、および追加の技術ブログを共有することをお約束します。
先に画像を貼ったように私のPCは Core i5-7200U、Intel第7世代CPUです。ギリ救われそうですね。

posted by Huwy at 12:30 | Comment(0) | Windows一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月25日

【ガジェット】ラズパイのリプレイス(Zero→4B)

こんにちは。

Raspberry PiをZero Wから4B 8GBにリプレイスしました。
ラズパイZeroは主にAmazon Echo(Alexa)と接続してスマートホーム制御の要として使っていました。
制御の要と言ってもやってることは単純なことばかりなので非力なZeroでも十分でした。
コストの低さもZeroを選択した理由の1つです。総額で5000円くらいだったと思います。

いま、なぜそれを最新モデルの4Bに置き換えたかというと、
  1. SDカードの破損が怖い。
  2. TVチューナが故障し修理も諦めて録画用の3TB HDDを持て余していた。
という課題を解消したかったからです。
それぞれ以下のように解消したいと思いました。
  1. USB接続したSSDからブートしたい。
  2. NASとして使いたい。
これらを実現するには非力なZeroではダメで、せっかくなので最新モデルのラズパイに置き換えてしまおうと思い立ったわけです。
特に2番ですが、WindowsPCに直付けしたくありませんでした。
そこそこ駆動音が耳障りなHDDでしたし、USB3.0接続なので2.4GHz帯を使用する諸々のワイヤレスデバイスに干渉してしまう可能性がありました。
最近購入したベッドの下は広い長物収納スペースがあるので、ここに配置すればそれら問題もクリアできるはずです。

ケースに凝ったりして総額2万円近くなってしまいました。さらに消費電力も上がることでしょう。
リプレイスとNASサーバ化は無事に完了していて、その手順を備忘録としてメモしてあります。
必要な方のヒントになればいいと考えて公開する予定ですが、Seesaaブログでは冗長になってしまいます。
最近いろいろなノート系のオンラインサービスが流行っていますので、今はそちらに綺麗にまとめているところです。
書き上がったらこの記事にリンクを貼って公開したいと思います。

2021/06/28追記:
ひとまず書き上がったので公開しておきます。








.


posted by Huwy at 23:26 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月26日

【日記】家具刷新計画 - 後記C -

こんにちは。

猪の如き勢いだけの家具刷新計画を進め、本日までに約99%が完了した感じ。
具体的には以下のとおりです。
  • 旧ベッド解体と廃棄
  • チェストの破棄
  • 新ベッド搬入と組み立て
  • 新テレビ台の組み立て
  • 旧テレビ台の処遇
  • 新モニタ設置
  • 旧モニタの処遇
旧テレビ台のフリマ出品までは既に記事にしました。
今回はこの一大プロジェクトの目的、主旨、大本命の新モニタの設置です。

まあ設置するだけの作業なので書くこともないんですが、とりあえずデカいね。
勢いだけで27インチ→43インチにしちゃったけど、ちょっとビビりました。
高さがあるので新テレビ台はやや低いものを選んだのですが、それでも画面上部は少し見上げる感じになります。
首痛めるなこれ・・・・。
付属のスタンドがそもそも高いというのもあるので、モニターアームでテレビ台の天板すれすれまで下げることを検討しています。
こんなデカくて重いモニタを支えられるのか知りませんけど・・・。

梱包していたダンボールも輪をかけてデカい。
27インチモニタのダンボールは売るときのことを考えて取り置いてあって、10年近く納戸に鎮座していました。
でも今回のダンボールはさすがに収まりません。売る場合は宅配業者のサービスを利用して集荷に来てもらいましょう。

幸いドット抜けも無いです。
画面下部がちょ〜〜っと色再現がおかしいですがまあこだわりの無い私には全然許容できる範囲。
明るさや色調整等々の細かい設定は今後ゆっくり詰めていきます。
あ、スマートリモコンに登録してAmazonEchoで制御できるようにもしなきゃね。


27インチモニタはどうしましょうね。
売るときのことを考えて・・・と先述しましたが、10年前の化石スペックなモニタなんて二束三文にしかならんだろうしなあ。
納戸の専有面積が変わるわけでなし、売れるまでまた取り置いておきますか。

さて、ひとまず家具刷新計画はこれにて終了。
買って設置してみて発覚した細々とした問題もありますが、それは気が向いたら番外編にでもして書いてみます。
ちなみにWindowsのディスプレイ設定で175%に拡大表示してます。
1.5m地点からでも、進行中の老眼でしっかり見えますよ。
時間をかけて計画しただけあって、ほぼイメージどおりの完成を迎えることができました。
最後に言わせて、

リプレイス大成功\(^o^)/ 





.
posted by Huwy at 20:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする